HOME
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 第三土曜日で,サークルの定例会でした。
 今回は,男性ばかり5人の参加。

 授業書《30倍の世界》を楽しみました。
 高校時代に生物の授業で,細胞説のところで「フックがコルクの細胞を顕微鏡で見た」というような話を聞かされた記憶があるのですが,この授業書に収録されている長いお話を読んで,初めてその意味がわかった気がします。

 これまで,クラブの時間にライトスコープでものを見ることを中心にしてとりあげたことはありましたが,今回のように授業書をていねいに読んでいったのは初めてです。なかなかおもしろい時間を過ごすことができました。
 これも,二十数年前に買ったプレパラートセットのおかげです。

 そのあとは,情報交換。
 Mさんが,「音」にまつわるものづくりと簡単な作業を紹介してくれました。
 画像は,身近にある金属製品を使って,その振動が糸を伝わってどんな音が聞こえるかを確かめているところです。
 これもおもしろかったです。
スポンサーサイト


 とある「ポイント」をトラックボールと交換しました。
 昔々,某社のトラックボール付きのコンピュータを愛用していたボクは,実は今でもトラックボール好きです。

 Macを使うようになって,トラックパットの使いやすさに感心しているので,それを使う分には不満はありません。
 でも,職場の事務机は通常よりひとまわり狭いタイプで,配布されているWindowsPCについているマウスはケーブルが切れかけています。そのうえに,トラックパッドがあまりに使いづらいときているので,それならトラックボールが便利かもしれない…と思ったのです。
 うまく使えるといいのですが…。
 今日で,《宇宙への道》が終わりました。

 最後の「恒星」の「東京ー長崎を一辺とした立方体にミツバチ3匹」というところをイメージしやすいようにうまく説明できたらいいかな…。
 また,考えてみます。


 調べ物に図書館に行きたかったのですが,この土日は家に籠もることになりました。
 締め切りが間近になった〈仕事〉を片づけなければならなかったからです。
 とりかかってしまえば,それほど時間をかけずにできるものですが,あまりやりたくないことを始めるにはものすごくエネルギーを要します。さっさと片づけてしまえばいいものを,ギリギリまで手をつけずに放置しておいて,尻に火がついてから慌て出す…という性格は,年を重ねてますますひどくなる一方です(笑)
 そういえば,この前淡路島のOさんが送ってくれたレポートの中に,女優の宮沢りえさんのこんな言葉が紹介されていました。「ものを作るということだけの純粋じゃない空気が流れているのが苦手」。学校も同じだな…。

 で,面倒くささのあまり,昨日丸一日を棒に振った〈仕事〉を,今日は2時間程度で片づけてしまうことになりました。もう少しかかるかと思っていたのですが,こんなに早く終わってしまうとは…。ハハハ。

 雨も降っているし,午後の図書館行きはあきらめて,木曜日の校内研修でする「学力向上」でどんな話をするかの作戦を練って過ごしました。以前に作ったプレゼンデータをMacに取り込んで,手を加えたり,『たのしい授業』の記事を読み直したり…。せっかく時間をくれるのだから,よそでは聞けない話ができたらなあと思っています。

 夜は,来週の徳島楽しい授業の会でとりあげる《30倍の世界》を印刷するために,スキャナで読み込みました。
 以前は,アプリの設定をいじらずに読み込んでいたせいもあって,きれいにプリントアウトができなかったのですが,濃度等を調節することで,ずいぶん読みやすく仕上げることができるようになりました。あとは,ページの谷間が黒くなるのを押さえることができればいいのですが…。冊子になっている授業書を裁断して1ページずつスキャンすればいいだけの話なのですが,抵抗感が強くてできません(笑)

 プレパラートは,以前に研究会で買ったものがあります。長い年月が経っているので,剥がれてきているものもありますが,たしか透明なマニキュアで補修できると教えてもらいました。今回サークルでとりあげるのを機会に補修作業もしておきましょうか。
 ライトスコープも若い頃に十数台買ったものが健在です。
 考えてみれば,授業ができる条件は揃っているのに,これまでクラブで軽くしかとりあげたことがありません。
 スキャンしながら,「こんなに長いお話があったのか…」なんて,新しい発見もありました。週末がたのしみです。


 ネットで注文した,AC電源(コンセント)の差込口がついたポータブルバッテリーが届きました。

 4年近く酷使し続けている持ち歩き用のコンピュータのバッテリーが弱ってきているようなので,補助用として購入したものです。
 最近,調べ物のために図書館通いをするようになりました。県立図書館はコンセントを利用することができますが,近所の町立図書室はそれがありません。そのために,「あとちょっと作業を続けたいな…」と思うところでバッテリーが危ういという残念な状況に陥ることが増えてきたので,対応策を考えていたのです。
 もっとバッテリーが弱ってきたら,メーカーに交換を依頼,或いは本体の買い換えということになるのでしょうが,まだそこまではいかないかな…というところです。それに,今使っているものがとても具合がよいうえに,このサイズの製品が無くなってしまったので,できることなら使い続けたいとも思っているのです。

 さて,この製品。片手でつかめる程度のサイズですが,けっこうな重さがあり,「ポータブル」とはちょっと言い難いのですが,AC電源の差込が可能で,ある程度の電力の出力ができるものとなると,これぐらいになってしまうようです。ほとんどが車での移動なので,少々の重量増加は仕方がありません。
 うまく働いてくれるといいなと思います。
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。