HOME   »  《花と実》関連
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 藍は蓼科の植物。
 キミ子方式でモデルにする「アカマンマ(イヌタデ)」と同じように,赤い小さな花を咲かせます。

 昼に葉を採っていると,幾つか花の塊が出てきていました。
 タネができたら,集めて来年に備えようと思います。
スポンサーサイト


 朝,散歩がてら学校まで歩いて,綿と藍の水やりに行きました。
 すると,3つほど綿の実がはじけて,白い綿が姿を現しています。
 それをちぎりとって,水やりをしました。

 これから次々とはじけてくるのでしょう。
 昔植えた綿はうまく育たなかったのですが,今回はとてもいい感じで育ってくれました。
 どうやら土がいいみたいです。
 来年は,もう少し広く植えてみます。


 お盆期間中も水やりに…。 
 先日の台風による強風のせいで,5本のワタのうち2本が大きく傾いてしまいましたが,枯れることなく花を咲かせ続けています。

 その花のあとが膨らんできています。
 うまく結実して,タネがたくさんとれたら,来年はもう少し数を増やすことができるかな。

IMG_1117.jpg


 学校の玄関前の藍を植えているスペースの隅にまいていたワタ。
 今回はうまい具合に育って,花が開きました。
 朝開いて,夕方にはとじてしまいます。
 そのあと,花びらが紫色になって(ピンク),

IMG_9324.jpg

しおれて,落ちます。

IMG_9326.jpg

 今,次々と花が咲いているところです。
 実ができるのがたのしみです。

昨日の写真から


 予想どおり,花が咲いたあと行き場をなくした落花生の子房柄。
 右側は,まだしぼんだ花びらが落ちずに残っています。
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930