HOME   »  メダカなど
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 この前,徳島城公園の池で採取したプランクトンたちを入れたビーカーを,朝確認していると,ビーカーの壁に何やらイソギンチャクみたいなものが幾つもついています。

 「なんじゃこれは?」と一瞬思ったのですが,「あ,これがヒドラか…」と思い至りました。
 以前に『たのしい授業』に総合読本としてとりあげられていた文章を読んだことがあるので,ヒドラという名前と,なんとはなしの形は頭のなかにあったのです。
 実物を見たのは今回が初めてです。なんだか不思議な感じで,これまたおもしろいです。しばらく様子を見てみることにします。
スポンサーサイト


 一番初めに子どもが持ってきてくれたミジンコを入れておいたガラス瓶の中で藻が大きく成長しています。
 水の中に小さな部分が紛れていたのでしょうが,きれいな六角形の組み合わせで,まるで網のようです。

 子どもたちに見せて回ると,「うわぁ」「きれいな六角形や」という声…。
 本当に,自然の造形美という言葉がぴったりです。

 何の気なしに見ているだけでは気がつかないことかもしれませんが,意識してものを見る目ができてくると,アンテナの感度が敏感になるようです。おもしろい。

 この藻の種類もまた調べてみようと思います。


 今日は顕微鏡を通して撮影してみました。
 やっぱりこっちの方が良く見えます。

 倍率は記録し損ねました(笑)


 放課後,昨日徳島城公園の池で採取してきた水を「濃縮」しました。
 主にはミジンコですが,それ以外の何種類かの動くプランクトン,植物性プランクトンらしきものを吸い取って,ビーカーに入れました。
 手間はかかりますが,この作業なかなかおもしろいです。
 朝から,ペットボトルを入れたデイパックを背負って自転車で近所の田んぼを徘徊しました。
 授業で観察するプランクトンを採集するためです。

 今回,手に入るといいなあと思っていた,ボクのお気に入りのボルボックスもすぐに発見してしまいました。
 午前中いっぱい使う覚悟で旅に出たのですが,ほんの30分で終了…。
 こんなに簡単に採集できるなんて,なんだか拍子抜けしてしまいました。

IMG_0607.jpg
IMG_0606.jpg

 自宅の庭に置いてある甕にたまった水が「グリーンウォーター」とやらになっていたので,それも大きなペットボトルに入れて学校に持っていきました。
 そのあとは,理科室で分類作業に時間を費やしました。

 IMG_0608.jpg
 神奈川のあらいさんに教えてもらった濃縮法で,プランクトンの密度を濃くして,ピペットで吸い上げて,大まかに仕分けます。今回は田んぼの水だったので,ミジンコとボルボックス,それ以外という感じです。

IMG_0611.jpg
 ミジンコは,子どもたちが持ってきてくれたもので十分なのですが,やっぱりたくさんとれました。

IMG_0613.jpg

 ボルボックスも,ボクがこれまでに思っていたよりもずっと身近にいることが分かりました。
 下の画像は,解剖顕微鏡で見たものです。

 この作業を2時間半ほどしている間に,新しく導入された電子黒板用のパソコンに外国語活動のデジタル教材をインストールしていましたが,終わりません…(-。-;) 
明日は,県の体操発表会のために学校に行くので,そのまま放置してきました。なんでこんなに時間と手間がかかるのかよくわかりませんが,とにかく迷惑で面倒くさい話です。


月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930