FC2ブログ
HOME   »  調べ物・研究
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 午前中は,実家周辺の整理作業に勤しむ。

 午後になって,『朝日新聞』のホームページから,新型コロナウイルスの感染者数等,数値を拾って,表計算ソフトに入力を始めた。
 全国の統計に加えて,各都道府県の数値も1/16〜4/10の分を一つひとつ手入力したので少々手間取った。

 でも,一覧表が完成したので,これをもとにグラフを描くことができる。
 階段グラフにするか,片対数グラフにするか,描いてみないとわからないところもあるのだけれど,まあやってみようと思う。


 地元紙に掲載されていた「新型コロナウイルス感染者数」のグラフを見て,「これでは何もわからないに等しい…」と思った。そして,「片対数グラフにしたら,増加率の変化が見えるんじゃないか」と思った。

 今日は金曜日なので,「夜は読書」のつもりだったけれど,グラフ描きに切り替えた。
 『朝日新聞』のホームページから感染者数と死亡者数を拾いあげて,片対数グラフを描いてみた。
 それが上の画像。

 見ての通り,ほとんど増加率に変化がないことがわかる。
 3月初めが変わり目となったかもしれないけれど,その後,元のラインに戻ってしまっている。

 明日,明後日とあれこれとグラフを描いてみようかな…。


 今日は若者二人は欠席…。
 ということで,コーヒー片手にひとり読み。

 昔,毎週金曜日にサークルをしていたときも,たびたび会場でひとり本を読んでいたことがあったな。
 それはそれで,貴重な時間になる。

 中世の「黒死病」は,概要はなんとなくわかったようなわからないような感じだけど,ピリオドを打つことにした。
 なんといっても中世だ。長期の数量データなんて出てきやしない。ということでグラフも描けそうにないので「ここらが潮時かな…」と思って。

 また,本来の筋道に戻ることにしましょう。

 今夜は軽めに終わります。


 先ほどの年表とグラフを合わせる件,さっそく『Illustrator』上でやってみました。
 せっかく日本の年表も入れてあるので,《日本歴史入門》のグラフを入れてみました。

 すると『歴史の見方考え方』の終わりの方に板倉先生が,「日本は昔から大国だったのだ」と書かれていたのが「ああ,そうか」と思えます。
 さて,明日からこれにあれこれ書き込みをしていきます。


 今日,公簿がほぼ仕上がりました。

 で,やっぱり気持ちは《オリンピックと平和》で,授業用のスライドを修正中です。
 昨日,授業書にある年表を『Illustrator』で作りました。

 夕方,帰宅してから,ヨーロッパの人口グラフを見ながら,ふと「この横軸を昨日作った年表と合わせたら,授業書を通して一貫した時間軸で提示できて,わかりやすいのでは…」と思いたちました。

 さっそく,スライド上でサイズを合わせてみると,このスライド上で具合がいいだけでなく,今ボクが調べているヨーロッパ史の年表を整理していく上でも役に立ちそうだということに気づきました。

 しばらく,これにどんどん書き込んでいったら,見えてくるものがあるでしょうか…。
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930