FC2ブログ
HOME   »  調べ物・研究
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 「文献を読む会」再開。
 ボクは,休止中はほとんど本を開くことができませんでした。

 久しぶりに開いたのは,『科学と仮説』(板倉聖宣,季節社)。
 何度読み返しても,線引きが増える,重なる…(笑)

 ずいぶんとおしゃべりもしましたが,再開できてよかったです。

スポンサーサイト





 この前かいた「徳島県の人口の推移」のグラフとくらべるために,「日本の人口の推移」のグラフをかいてみました。
 データは「総務省統計局」のホームページに掲載された『日本統計年鑑』の数値を拾いました。

 改めてかいてみると,なめらかなラインだなあと思います。

20200425 222548

 徳島県のえがくラインとはずいぶんちがいます。
 明治の工業化の流れに乗ることができなかった様子がみてとれます。
20200425 222548

 明日にしようと思っていたけれど,気になって作ってしまった。

 描く前に予想したことなど,詳細についてはまたレポートにするつもり。

 ずいぶんイメージとちがった…。


 昨日拾いあげた県人口の数値を,『Excel』に入力して一覧表にしてみた。

 日中,倦怠感を覚えたので午睡。
 作業は午前と夕方。

 グラフ化は明日からかな…。


 出勤。

 来たるべき日のために,以前校区の歴史をまとめたプレゼンに大幅に加筆修正をしながら資料化(授業プラン化)。
 職員室でそんなことばかりしている…(笑)

 阿波藍にかかわる部分をまとめながら,ふと「徳島の人口にはどんな影響が見えるのだろうか?」という疑問が頭に浮かんだ。

 帰宅してから,『徳島県統計書』のデータを1年1年開きながら,人口を拾いあげ始めた。
 作業を進めながら,表記にずれを見つけて「どっちがあってるんだ?」とか,前の年の数値がそのまま次の年に記載されていたりとか,統計のいい加減さというものを見つけておもしろがる。
 そういう表記のずれがなくなるのは,けっこう最近になってから…という印象を受けた。

 けっこう面倒くさい作業なので,思うようには進んでいかない。

 途中で,「日本全体の人口グラフも描いてみたらどうなるんだろう…」なんて頭に浮かんだけれど,脱線するとすべてが未完のままになってしまう可能性があるので,それはまた今度だな。

 夜,Zoom。
 使ってみると,「ああこんな感じか…」。
 思っていたよりは簡単に操作できそう。

 ただの雑談なら簡単だけど,これを講座等で使おうとしたら,講師はずいぶんと準備・操作の習熟が必要になるな。

 
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031