HOME   »  2008年11月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
色塗り
 昨夜遅くからさっそく「ハピオカラー」で塗り始め,3時頃までうれし気に夜更かしをしてしまった。
 これまでボクが塩素に塗っていた色は赤みが強すぎたということがよく分かった。前は「肌色」がなかったような気がするのだけれど,もっと早くに手に入れておけばよかった。
 今回から,「バラバラになる食塩の模型」は全面的に色を変えて,この色に合わせることにする。

 今日は,休日出勤。これが済めば,あとは勤務時間でどうにかなるものがほとんどだと思うので,少々ホッとしている。仕事が終わって,その後後藤さんと会って打ち合わせ。その後家に帰ってまた酸素を200個色塗り。
スポンサーサイト
大阪サンセイ
 今日は,朝から娘の「学習発表会」に行った。
 運動場に着いて車を降りてから会場の体育館の方に歩いていると,昔から知った教頭さんに会った。「1月にまたやるんやな」とフェスティバルのことにふれてくれた。案内が届いているようで,安心した。 
 9時30分より発表会が始まる。どの学年も子どもたちの声に張りがあるというか,なんというか・・・。その分練習時間もかかっているのだろうけれど,「なんだか落ち着いているな~」という感じ。
 ところが,すぐ前の席に座っていた母親らしき2人組がズーッとクッチャラクッチャラしゃべり続けている。子どもたちの発表が続いているので注意をするわけにもいかず,イライラがつのる。どこに行っても,こういう人はいるのだけれど,このままだと後ろからイスを蹴飛ばしそうになったので,娘の出番が済んだところで会場を出た。
 
 一つイライラすると他のことも気になりだして,髪の毛を無性に切りたくなってきた。それで,およそ4か月ぶりに散髪屋に。バッサリ切られた髪の残骸を見て,なんとなく気分はすっきり。今日も午後は休日出勤の予定だったけれど,なんとなく行きそびれてフェスティバル関係の事務仕事を家で進めた。
 そのうち,玄関のピンポンが鳴る。
 出ていくと,宅配便だった。昨日に続いて,注文してあった「発泡スチロール球」が届いたのだ。今回は30ミリ球を1000個。いつものように「大阪サンセイ」に注文した。ネット会員になっているので,注文をネットからできて便利。
 合間を見て色塗りだな。
関ペハピオカラー
 注文していた「関西ペイントのハピオカラー」が届いた。
 宛先を職場にしておいたが,授業中に来たので,職員室にいた職員が受け取ってくれた。
 
 小樽分子模型の会のホームページでこの「ハピオカラーがオススメ」ということなので注文してみた。たしかに,これまで使った関ペの別の塗料は他社の製品よりも赤が鮮やかだったし,乾燥させたあと,まわりの発泡球とくっつくのも少なかった。
 前から欲しかったのだけれど,県内のホームセンターの店頭にはほとんど並んでいない。今回は,「塗料屋さん.com」(http://www.town-paint.com/)からネット注文した。
 これで色を塗るのが楽しみ。うまくいくといいな。

地球のいま
 もう一つ,職場に届いたのが,東京の中さんからのメール便。
 これもお願いしていたガリ本『地球のいま そして 未来』。
 9月のパワーアップセミナー(香川教育総研主催)で滝さんが体験講座をしてくれたけれど,「これはみんなが知っておくといい」と思ったので,次回のサークルで紹介することにした。それで,作者の中さんにお願いしたわけ。
 
 これまた楽しみである。

 昨日印刷し,封筒詰めしたフェスティバルの案内パンフレットを,午前中にクロネコヤマトに持っていき,発送した。今年度4月号の『たのしい授業』に掲載された「全国サークル案内」を基本に宛名ラベルを作成したら,百数枚のラベルができた。このうち,徳島・香川・高知は発送から外して送っている。
 もちろん,掲載されていないサークルもあるので,網羅し切れるものではないけれど,これで今週前半には北海道から沖縄まで,全国の仮説実験授業に関するサークル主宰者の方にパンフレットが届くことになる。
 ここにきて,ようやくフェスティバルが近づいていることを実感している・・・。

 午後は久しぶりに家族3人で外出。
 行き先は,いつもの神山温泉。3人ともここのお湯がお気に入りなのだ。
 ここ2か月ほどは,夜遅く帰って晩飯を食べ,そのあとまた夜中まで仕事をして布団に倒れ込み,朝起きて湯を浴びて出勤するという生活が続いたので,湯船に浸かるというのは数えるほどしかなかった。その分,今日はゆったりと湯に浸かって気持ちがよかった。
 研究発表会は終わったけれど,職場では明日からもやっぱり怒濤の毎日が続く・・・。
 昨日は,家に帰ってきてからも体が重いままで,夕食をとったあと,そのまま床についた。
 朝起きると,腰が痛い。筋肉や骨からくるものではない感じ。たぶん内臓の方に疲れがきているのだろう。来月末,人間ドックに行くのだけれど,すでに結果が心配である・・・。
 
 昼頃までボーッとした。こんなのは何カ月ぶりだろうか。

 その後,ホームセンターに行って色上質紙を購入。
 後藤さんから預かった案内パンフが足りなくなったので増し刷りをするためと,フェスティバルのわくわく科学教室の案内をボクの学校の子どもたちに配るため。
 帰ってきて,さっそく印刷。フェスティバルの案内の方は折り機にかけて,枚数を数えて封筒に詰める。結局増し刷りをした分も,ボクの学校に来てくれている大学生の学習支援ボランティアに配る分をのぞいてほとんどなくなってしまった。

 そのあと,東京の中さんにメール。今度のサークルでやる〈地球のいま そして 未来〉を送ってもらえるようにお願いをした。
 それと,ネットで検索して,関西ペイントの「ハピオカラー」を注文した。
 ちょうど「バラバラになる食塩模型」の作り置きがなくなったので,作りたそうと思ったのだ。この前の分は塩素の色がずいぶん赤みが強くなってしまったので,自分で色を混ぜるのをやめて,売っているものを使うことにした。「ハピオカラー」には肌色があるので,この際ネットで注文することにしたわけ。前から「ハピオカラー」を手に入れたかったのだけれど,近くで手に入る店がなかったのであきらめていたのだけれど,ついでにボクがよく使う赤と黒も一緒に注文をすることができた。これがよければ,今後は「ハピオカラー」に決まりだな。到着が楽しみだ。
 
あじ描く人々

 定例会の午後は,いつものように絵を描く会。
 午前から続けての人もいれば,午後から参加の人もいる。
 いろんな広がりができていて,これもまたうれしい。

 今日のモデルは「アジ」。
 福井さんが提案をしてくれた。
 昨日まではボクも描く気満々だったのだけれど,今日は朝から体が重い。
 午前中のサークルはわりと元気だったのだけれど,絵を描く会を待っている間に,しんどさが一気にのしかかってきた。それで,絵を描くことはあきらめて,時折みんなが描いているのをのぞいたりしながら部屋の隅っこで別のことをしていた。
 なんだかホッとしたのか,先週までの疲れが噴き出してきたような感じがする。残念だけれど,「アジ」にはまた元気なときに挑戦するということにした。

 次回は,「ガラスのコップ」に挑戦する。

今日の作品たち
あじ

参加者の感想は→
 本来なら,先週が第三土曜日でサークル定例会の予定日だったのだけれど,ちょうど県の陸上記録会と重なってしまった。サークルに来ている人たちは,どうしてもそちらの方に行かなければならない人が多いので,今回は1週間ずらすことにした。
 10月は授業運営法研究会に合流する形にしたので,定例会自体は久しぶりということになる。

 さて,いつものように早目に会場に行って,自分の時間をすごす。
 開始時刻になると,明さん,小野さんがやってきた。そのあと,トリトリ,メグミさん,香川から廣瀬さんが登場。その間にボクの〈てことトルク〉第一部の授業記録を発表させてもらった。今日は他に資料がなかったこともあって,小野さんから「ゆっくりていねいにやってね」と注文を受けた。自分の資料をこんなに時間かけて話したのはめずらしい・・・。途中端寄ろうとしたら,小野さんのチェックが入ってくる。そのおかげで,授業での子どもたちの様子を思い返しながら話をすることができた。こういうのもたまにはいいか。ちょうど,明さんもこの授業書をしていたので,自分のクラスでの様子を間で入れてくれて,それもまたよかったな。
 あとは,みなさんから近況報告などを入れてもらっているうちに終わりの時刻になった。
 今回は,後藤さんがフェスティバルの諸事務に追われているために,文書を取りにちょろっと顔を出しただけだったけれど,もし来ていたらまた熱い会になっていたことだろう・・・。

 感想を書いてもらって,急ぎの人たちは会場を出た頃,カエルさんが登場。
 残っている人たちを前に,今進めている《空気と水》の授業記録を発表。買ったばかりのプリンタで両面印刷をしたできたての資料だった。授業がいい感じで進んでいる様子が伝わってきて,話を聞いていて無茶苦茶うれしかった。今できることを積み重ねていくことが,来春から正式採用される彼女にとって力になっていくにちがいない。
 今日は,朝から郡内で開かれた生徒指導の研究会に代理として参加。
 といっても,分科会等に参加するのではなくて,朝の駐車場係に始まって,係としていろんな運営にかかわる仕事をしていた。

 夜,昨日の発表会の打ち上げを企画してくれたので参加。
 食事をしながら,楽しい時間をすごさせてもらった。

 帰りにいつものスーパーによって,明日のサークルの茶菓子などを購入。
 そして今,こうしてブログを更新している。

 フェスティバルの準備にもようやく本腰を入れられる。
 今日は,午後から学力向上の発表会だった。
 公開授業2つと研究発表。

 ここしばらくは,この準備にあれこれと気をつかう毎日になってしまった。できるだけそうならないように努めてきたのだけれど,まあ,一つの会を開くとなると,やはり大きなエネルギーが要る。その前と後とで,やっていくことは何一つ変わらない。でも,会を開くということに使ったエネルギーはもう必要なくなった。そういう意味ではひとやま越えた。

 今回の発表では,とにかく,飾らず誇張せず,やっただけを報告するように努めた。
 研究自体,点取り競争に走らないよう,とってつけたようなお祭りにならないよう,うちの子どもたちにとって必要なことをやってきたつもり。
 

  
針金アメンボ

 フェスティバルの案内パンフの印刷があがったということで,夜,後藤さんが持ってきてくれた。
 お願いしていた「年賀状」と「柚子の生酢」もいっしょに!(^^)!。毎年ありがとうございます<(_ _)>。
 とりあえずボクの方で全国のサークル代表者に送る分を引き受けた。

 昨日,休日出勤の帰りにホームセンターによって#30の針金を買ってきた。
 クラブでやっている《水の表面》が終わるので,それに続けて子どもたちに「針金アメンボ」を作ってもらい,水に浮かべて遊ぼうと考えている。
 後藤さんが帰って部屋に戻ったあと,針金を切り,手元にあったモールとでさっそく作って水に浮かべてみた。
 これだけでもおもしろいけれど,《水の表面》をやってみるとまたおもしろさがちがう。
 明日のクラブで,ここまでいけるかな?

 いそがしい時ほど,こういうのがやたらとたのしく感じるのが不思議。
 そんなこんなでまた,寝不足のうえに寝不足を重ねるというおろかしい毎日・・・。
 昼前に学校に行って,ちょっと仕事を片付けた。
 帰ってきて,フェスティバルの案内を送るための宛名ラベルづくりを仕上げる。

 先週はこのラベルに差し込み印刷するためのデータ修正と入力に時間を費やした。
 基本的なデータは去年入力した物があるのだけれど,差し替えたり,修正したりの作業がけっこう手間をとる。
 たとえば,学校の教員数は変化する。だいたいでいいのだけれど,県内に400あまりの学校があるので,10部余分に入れてしまうと案内状が4000枚余分に必要になってしまう。だから,ある程度の数は毎年確認しておく必要がある。ところが,県内各校の職員数のデータというのはないので,学校の「本務」(?)が終わってから『徳島県学事関係職員録』というのをめくって,県内小・中・高の教員数を数えた。といっても1つずつ数える時間も手間もない。ものさしを作って,それをあてながら人数を出して,去年作った一覧表を修正していく。
 家に帰ってからは,『たのしい授業』のバックナンバーと「仮説実験授業研究会会員名簿」をめくりながら,全国のサークル主催者宛のリストを修正する。

 この作業が金曜日に終わったので,そのデータを使って,今日『一太郎』で差し込み印刷をした。
 来週は袋詰め・発送作業だ。 
 今日は朝から鳴門のポカリスエットスタジアム(陸上競技場)へ。
 県陸上記録会に学校の子どもたちが出場するのでその応援に行ったのだ。
 
 郡の記録会のときは学校で留守番だったので,今回行けてよかった。
 子どもたちもがんばって何より。
いそがしかった・・・。
でも,慌ただしいだけで,何をしたのかよく分からない・・・。今週は,穴埋めができそうにないな。
 クラブで《水の表面》の続きをした。
 今日は,コップの水に一円玉を浮かせる問題。
 なかなかおもしろい。ボク自身もやったことがなかったので,ドキドキしながら実験。
トントン進んで,五円玉のレンズまでやった。

 簡単な道具でたのしめて,この授業書はなかなかおもしろい。
 なんとなく,昨日のしんどさが抜けないまま出勤。
 不思議だけれど,職場に着くと何となくシャンとしてしまう。たぶん,これがいかんのだろうと思う。

 今日は,いつになく早く家に帰った。
 帰ったらヘロヘロ・・・。まあ,よく頑張ったことにしておこう。
封筒700枚

 朝から頭が痛いし,体が異様に重い。
 ここのところ,ずーっと肩から首にかけて凝りが出ていた。疲れが激しくなってくると,これが頭痛になってくるというのがここ数年のパターンである。風邪による頭痛ではなくて,どうやら睡眠不足と疲れによるものらしい。これがさらにひどくなると,体を起こすことすらできなくなって,二,三日寝込むということになる。
 今日は学校に行っていくつか仕事を片づけて,校区のイベントに出演する金管バンドの応援に行こうと思っていたのだけれど,ぜーんぶやめにして体を休めることにした。久しぶりに真面目に寝たという気がする。おかげで,頭痛は残っているものの,夜には体がすっかり軽くなってきた。

 それにしても,片付いていない仕事をどうしたものか・・・。
 職場の方はまた明日から居残り仕事で片づけるとして,来週にはフェスティバルの案内パンフレットの印刷が仕上がってくる。それで,発送に向けて封筒の印刷だけでも済ませておくことにした。とりあえず700枚。県内の小・中・高校の全教職員と徳島市内の社会教育施設,全国の仮説実験授業にかかわるサークル代表者,仮説実験授業研究会員に送付する予定。
 去年は宿泊案内をパンフレットに挟み込んだため,作業が大変手間取ったけれど,今回は二つ折りして数を数え,袋に詰めるという作業なので,ずいぶんシンプルになる。といっても,これまた夜中の作業になるので,しばらくは寝込む直前に小休止作戦でやっていくしかないだろうな・・・。
 徳楽授HP内に,1月の仮説実験授業フェスティバルのページをアップした。
 これから,わくわく科学教室の案内なども追加していくことになる。

 職場のHP更新を担当するようになって,PDFファイルも扱えるようになった。
 とりあえず『一太郎』ファイルを無料の『クセロPDF』で変換してアップロードした。
 自分のPCで確認したところ,うまく表示されたので大丈夫だろうと思う。

 とりあえず今日の仕事である。
 今日も一日よく働いた。
 フェスティバルに向けての準備もあるけれど,20日までは学校の方もいそがしい。
 今は両方がだぶって,ちょっとヘビーな状態。
 
 夜,学校を出る頃に後藤さんから電話。
 明日のわくわく科学教室で使う牛乳パックを取りに来るという連絡だった。
 家に帰って少しすると,後藤さんがやってきた。
 彼もまた,ボク以上に急かされながら生活している。
 今日は午後から郡の人権教育研究会で隣町の学校へ出張。
 サークルの講座や絵を描く会に顔を出してくれているTさんが授業をした。
 いい授業を見せてもらった。うれしかった。自分も担任もって授業したくなった。

 今年,地元の学校からこっちに変わってきたNさんもあとの研究会で発言していて,元気そうでよかった。残念ながら,その意図するところは相手に伝わらなかったみたいだけれど,でも,ボクにはその意見の意味がよくわかった。これもまたうれしかったな。
 逆に,高校時代の同級生には頭にきた。期待もしていなかったけれど,やっぱり予想どおりだった。ただ,「官僚的」になれるというのは,それはそれですごい能力である。上手に世渡りをしてさらにエラくなっていけばいい。
 〈てことトルク〉が終了した。
 子どもたちの授業感想文を読んで,涙が出そうになった。
 
 うれしい。
 今日は,くぎぬきを実際に子どもたちにやってもらった。
 家の倉庫の棚を作るときに使った材木の残りを置いてあったので,それをグループ分持っていって,金づちとくぎぬき,釘は図工室にあるものを使った。これまでに図工の時間に使ったことがある子どももいたようだけれど,慣れない様子の子どももいたので,全員にやってもらってよかったみたい。
 そのあと,ドアを使って内側と外側とを押してもらった。うちの学校のドアは,どれもガラスが入っているので,今回は仕方なくトイレのドアを使ってみた。場所はともかくとして,そのちがいはよく分かったみたい。
 それから,バットを使った問題。新品のバットを見ただけで野球少年・少女たちは目を輝かしていたけれど,「この実験のためだけに買ってきた」ことを知ると,「もったいな~い」を連発された。これも予想をたてて全員を相手にひねりあいをした。おかげで休み時間に食い込んで感想を書いてもらう時間がなくなってしまった。残念。
 あとは,ドライバーの質問と,トルクを使ったものをたずねる質問で「トルクと力」が終わる。そしたら,教科書をサッサとやって,もう一つ授業書ができるかな?


 昨日作った第二部〔問題6〕の掲示物を作ってみた。青いのが力の矢印。こうしてみると,10㎏力に対する80㎏力が断然大きいことがわかる。でも,やっぱり赤の方が目立つかな? トルクの矢印と色分けをしたらと思って青にしたのだけれど,黒板に貼るとなると,インパクトが弱いか・・・。

問題6掲示物
 朝起きて,ゆうべ形に仕上げたフェスティバルのわくわく科学教室の案内を小野さんにファックスする。後藤さんはFAXの具合が悪いということでメールのみ。ファイルサイズが大きすぎて,添付できないので仕方がない。
 その後,片づけられる仕事をやって,外出。ちょっとずつ片付いているような,あんまり進んでいないような微妙な感じだけれど,前に進んでいると思わないとやってられない。

 1つは同僚のお母さんが亡くなったので,その告別式に参列。
この年になってくると,親が死ぬというのは切実な問題であるなぁ。
 それにしても,お寺によってお経もいろいろなのだなあと感じる。途中,神道の祝詞(葬式のときはこうは言わないか?)のようなのが出てきて,なんだか不思議な気分がした。まあ,その辺は曖昧な日本だからいいのかな。
 その後,いくつかの用事を済ませて夕方帰宅。

問題6
 夜,金曜日の授業で気になった〔問題6}(トルクと力)の掲示物を作ってみる。
 授業書の図をスキャナで読み取って,『花子』に貼り付け,アウトラインをなぞって見た。
 これをB4サイズで印刷すれば使えそうだけれど,緑の寸法線が目立たないか?まあ,デジタル化しておけば,修正も簡単だからな。
木製バット
 外に出たついでに,スポーツショップに寄った。
 そこで,〈てことトルク〉で使う木製バットを買った。

 「最近は金属バットばかりかな?」と思っていたけれど,軟式用が何本か並べられていた。そのなかで一番安いのを購入。ボクが野球をしていた中学生の頃は圧縮バット全盛だったけれど,ここに並んでいたのは全部白木のバットばかり。それも,プロ野球選手のレプリカモデル。ボクが勝ったのは松井モデルだった。ま,野球をするわけではないから,なんでもいいんだけど…。

 グリップとヘッド部分に支点となるマークの丸いシールを貼った。
 昨夜も早く寝たので,今日は休みにもかかわらず早起きをした。

 フェスティバルの公開授業(わくわく科学教室)の案内パンフレットづくりを進めている。
 今回は,いじる部分が増えたために,「いっそのこと誰でもいじれるようにワード文書にしてしまおう」と思って作業を始めた。ところが,午前中をかけて「あーでもない,こーでもない」といじってみたのだけれど,どうも思うようにいかない。長年,一太郎・花子を愛用してきたボクには,ワードはものすごく扱いにくい代物であるということを再確認した。昼も回ったので,作業続行をあきらめた。

 結局,作戦は失敗。元のように,これまでの花子のファイルを修正して使うことにした。
 先の便利を考えたのだけれど,うまくいかんものだ。
 
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930