HOME   »  2011年02月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
20110224来た

 注文していた小型フェライト磁石が届いた。
 直径3㎜×6㎜の円筒形のものが1000個。

 今回は新しい業者さんにお試しで注文したので,ちょっと控えめの数にした。
 よければ次回もここにするつもり。
スポンサーサイト
20110223送った

 仕事の帰りにクロネコに寄った。
 マサルさんに,《燃焼》の授業で使う金属の模型を送るため。

 話を聞いてから,送るまで時間がかかってしまったけれど,「急がないから!」ということだったので許してもらえるだろう。
 ちょっとサービスしておいた(^_^)v
20110222ベッコウあめ

 今日で,今年度のクラブは最後。
 ということで,今回はベッコウあめパーティー。

 いつもより砂糖多めでサービス。
 今回は全員,うまい具合に大成功だった。

 気持ちいい。
 ゆうべ,小型フェライト磁石を注文した。
 
 今までのところより少し安い。
 品質もよければいいな。
20110220キミ子方式
 午後は,キミ子方式。
 福井さんと澤田さんが来てくれたので,久しぶりに作品づくり。

 今日のモデルはブロッコリー。
20110220モデルと作品

 点点で描いていくのがなかなか難しい。
 ボクの場合は,いつもそうであるように,空白がうまくつかえない。

 それでも,仕上げてみると,それなりの作品に。
20110220ブロッコリー
 本来なら昨日の土曜日が定例の日なのだけれど,今月は,ボクの都合で変更させてもらった。

 昨日まで高知に行っていた小野さんが,会でもらった1400年代の地図のレプリカを持ってきた。
20110220地図
 こういうのを目にすると,細かいところまで見てしまう。当時の世界観や情報の有り様が垣間見えておもしろい。
 《宇宙への道》に使えそう。

 井上さんが来たところで,高知の会でOさんが発表した資料について小野さんが話してくれた。
 《電池と回路》の問題での子どもの考え。それを考えた子どももカシコイし,それを喜べるOさんもステキ。
 「ふつうに授業してたら,こういう子どもの考えをうまく引き出せないまま,つぶしてしまうことの方が多いよね」と,井上さんと話す。そして,「Oさんみたいに子どもの考えがわかるようになりたいし,子どもどうしが互いの発想のおもしろさに気づき合えたり,互いのよさを引き出し合える関係を築いていきたいね」という話をした。

 そのあとのボクの資料もこれに重なる部分があったようななかったような…。
 用意した資料をもとに,土柱の画像,ひらがなプリントや漢字練習の話,《三態変化》の感想から感じたことなどについて話をさせてもらった。
 そのあと,話は算数や授業論・教育論・教師論にまで広がった。

 会のあと,小野さんからパソコンソフトの使い方について質問があったので説明。
 「家に帰って試してみる」ということだったけれど,うまくいくといいな。
20110219月輪

 「月のまわりに大きな輪ができてるよ~」とメールで教えてもらったので,外に出て見た。
 ホントに大きな輪っかだ。

 部屋に戻ってカメラを向ける。
 あれこれと設定をいじると,なんとか写った。

 いにしえから「月輪を見ると〈喜び事〉がある」と言われているのだとか…。
 こういうのは,見るだけでおもしろいからそれでじゅうぶん。

 Aさん,ありがとう。
20110215鉄補強

 マサルさんに頼まれていた《燃焼》に使う金属模型。
 「鉄がすぐにバラバラになっちゃうんだよね」ということだったので,木工用ボンドで接着したうえにホットボンドを流して補強する。

 ホットボンドといえば,先日,黒板掲示用につくった磁石付分子模型から磁石がポロッとはずれてしまった。
 全部ではなくて,いくつか。
 なんでだろうかと考えてみたけれど,どうやら接着するときの温度が低いと十分な接着強度が得られないのではないかというところに落ち着いた。十分に融かしてからでないとうまくつかないらしい。

 今回は十分に熱してから流し込んだ。
20110215雪

 雪が降り出した。
 ベシャッとした雪だったので積もることはないだろうと思っていたけれど,しばらくするとまわりが白くなっていった。
 
 結局終日まで降り続いて,見事な雪化粧。
 昼休みには雪の中で走り回る子どもたちの姿。
 「こんなこともないとなぁ」と思いながら,その様子をながめる。
 自分が雪にまみれる元気はもうないけれど,「やっぱりこうでなくちゃ!」と思う,
 頭をビショビショにしながら,ニコニコと校舎に戻ってくる子どもたちの顔を見て,「風邪ひくなよ」と思う。
 
 こんな光景,久しぶり。
 先日,小野さんの研究室にお邪魔したときに体験講座の案内をもらった。
 今日,『徳楽授』のホームページにも掲載したので,紹介する。

 主 催:四国大学で仮説実験授業を受ける会
 講 師:松木文秀(高知・土佐町仮説サークル)
 と き:3月12日(土)午後1時~6時
 会 場:四国大学 児童教育館 U351教室
 参加費:3000円(学生は2000円引き)

 詳しくは下記URLをご覧ください
 ↓↓↓
 《禁酒法と民主主義》体験講座
20110213磁石白極

 後藤さんから頼まれていた「三態変化モデル」づくりに手をつけ始めた。

 後藤さんからの話で,食塩と同じようにN極ばかりが外に向いた球と,S極ばかりが外に向いた球を互い違いに配置することにした。ただし,球の大きさがすべて同じなので,組み立てるときに極性の判定をするのが面倒くさい。
 それで,N極が外に向いている分については白い塗料を塗ることにした。
 これで班別は簡単になるだろう。
 発泡球も白いので,違和感が無くていいのではないかと思うが,組み立ててみたらどうだろうか。
20110212研究会ニュース

 外出から帰ると,『研究会ニュース』が届いていた。
 松田さん,いつもお世話になります_(_^_)_
 天気予報で言っていたとおり,夜の間に雪が積もって,朝から寒い。

 にもかかわらず,今日は娘の参観日。
 今日は学習発表会だった。
 「体育館,寒ーい」と思ったが仕方がない。
 しかも,最初に金管バンドが演奏して,ずいぶん間があって娘の学年…(-_-;)
 重厚に防寒対策をしていったのだけれど,おかまいなしに下からどんどん冷えてきた。

 娘の出番が終わって,ボクは一足先に家に帰る。
 パソコンを開いて,この1年間ビデオ撮影した娘の映像を編集してまとめた。

 夜はお出かけ。
 資料を書いているのだけれど,なんだかしっくりこない。

 自分の考えていることや気持ちがうまく言葉に表せたらいいのにな…。
 昨日書き忘れてた。

 6時間目のクラブは,ふくらむスライム。
 去年買ったのりが残っていたので,それを出してきて使った。
 2学期にスライムをしたので,子どもたちもやり方はわかっていて,ボクも楽だった。

 ちょうど,3年生がクラブ見学。
 来年,どのクラブに入るか,あれこれと考えただろうな。

 
 磁石を注文しなくては…
と思っているところにラッキーな情報。

 このブログに表示されていた磁石メーカーさんのページを見たら,
これまで買ってきたところのより安い。今回はここに注文しようかな。
 昨日の代休。

 午後,小野さんの研究室にお邪魔した。
 前に市原さんから預かった資料や,大会の写真データを渡した。
 
 以前から話の出ていた,大学近くの美味しい喫茶店にも行けた。
 挽きたてのコーヒーってこんな味だったっけ? という感じで,とってもおいしかった。

 ずいぶんいろいろと話して,帰る頃にはすっかり外が暗くなってしまっていた。

 先週,高知の《もしも原子が見えたなら》の講座で扇野さんに教えてもらったという「マイ空気」。
20110207マイ空気
 「結束バンド」でこんなに長持ちすることに感心した。
 その他にもいくつか教えてもらった。
 今年最後の参観日。
 午前中は,あれこれとバタバタ動いて過ぎた。

 午後は,書類を仕上げて,あとは資料をまとめてすごした。
 最近やっている「ひらがな」のことをまとめておこうと思って…。
 今日はのんびりすごした。

 夜はパソコンいじっているうちに終わってしまった。
 《三態変化》が終わったので,教科書・ワークを片づける。
 《三態変化》やっているから,重なっている単元はとっても楽に進む。
たのしい授業 2011年 02月号 [雑誌]たのしい授業 2011年 02月号 [雑誌]
(2011/02/02)
不明

商品詳細を見る


 家に帰ると,仮説社から『たのしい授業』2月号が届いていた。
 とりあえずパラパラとめくった。

 この週末,ゆっくり読めるかな?
20110203マイグローブ

 冬の大会で購入した地球儀。
 ヒシエス誠文社の「マイグローブ」という製品。
 半球どうしを赤道部分で接着しあって完成させるようになっている。

 この地球儀と,赤道部分に挟み込む円形の工作用紙と磁石をセットにしたものを分けてもらった。
 《磁石》で「地球磁石」のモデルとして使える。

 おまけにこの製品は,直径12㎝で〈1億分の1〉のサイズ。
 《もしも原子が見えたなら》や《宇宙への道》にも使えて便利。
 しかも安価なのがいい(^_^)v

 今日はこれを組み立てた。
 方位針を持ってきて,極が正しいかどうかを確認してから接着。

 夕方にはボンドが乾いて完成。
20110202夜の文化の森
 
 所用で閉館後の文化の森へ。
 夜に訪れたのは初めて。

 南環状線の工事も進み,上八万に通っていた頃とは景色が変わってきた。
 ずっと先,道路が完成したら,ここに来るのもずっと時間短縮できるのだろうな。
 子どもたちが書いてくれた《三態変化》の感想を読みながら,しみじみと幸せな気分に浸っている。

 授業してよかった。 
 たのしい授業をいっぱいしたい!と思った。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

岡本賢司(オカケン)

Author:岡本賢司(オカケン)
徳島で小学校の教員をしています。
仮説実験授業研究会会員。
徳島楽しい授業の会。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728