HOME   »  2012年09月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
20120930中秋の名月

 今日は「中秋の名月」。
 台風の関係で見ることはあきらめていたのだけれど,速度がはやくなったおかげで夜にはきれいな月が見えた。
 雲は残っていたけれど,空気自体はきれいみたいで,くっきり,スッキリとしていい感じ。

 三脚をつけたカメラを持ち出して,シャッターを押した。
 設定を変えながらマニュアル撮影で何枚も写す。
 同じものを写しているのに,1枚1枚表情が違うのがおもしろい(画像は,PCにとりこんでトリミングしたもの)。
 月・火の代休には,ちょっとカメラを持ってブラブラしてみようかな。

 
スポンサーサイト
20120930虹

 仕事が終わる頃には雲の切れ間から太陽がのぞきだした。
 駐車場から車を出そうとすると,ちょうど真正面の東の空に大きな虹がかかっていた。

 思わず車をバックさせて,カバンからコンデジを取り出して撮影。
 一眼レフを持ってこなかったことを後悔(-_-;)
 せっかくPLフィルターを使って虹を撮るチャンスだったのにな…。
20120930日本歴史入門掲示物

 朝から暴風警報発令。
 昨日からの予定どおり,臨時休校だった。もちろん我々職員は出勤。
 こういうときに年休を消化するべきなんだけど,やりたいことがあったので今日は出勤。

 朝から夕方まで,《日本歴史入門》の掲示物の入力,印刷,パウチ掛け…に脇目もふらず作業した(^_^)v
 もちろん,パウチフィルムはマット仕様。今回はなんと「かどとり君」で角も丸くカットした。
 お金の掲示物には,画像も入れたのだけれど,これを実物大にすればよかったかな?
 夏休みにやろうと思っていたのだけれど,結局できずに終わってしまった作業が一気に進んでしまった!(^^)!

 夕方には強い雨と風もおさまって,校舎の雨漏り被害を確認して,本日の勤務終了。
 充実した一日だった。
 台風17号の影響で,明日予定されていた運動会は来週に延期となった。
 今日は土曜日だけれど,前日準備のために登校日。

 といっても,運動会自体が延びてしまったので,前日準備にならずに3時間の授業。
 明日は臨時休校となった。

 ちょうど体調を崩しかけた子どもたちも多かったので,臨休と代休2日で体調を整えてくれたらいいな。

 《日本歴史入門》がいいペース。
 今日第2部が終わった。西尾の林さんの掲示物がいい感じで使えたような気がする。
 この休み中に3部以降を印刷することにしよう。明日,子どもたちは休みだけれどボクたちは出勤だから,作業がいっぱいできる。
 算数が「比例」の単元に入るので、石原きよたかさんの『「算数」を探しに行こう!』から「洪水は予測できるの?」を印刷して授業の準備。
 といっても、本をそのままコピーというのではなく、石原さんが「比例物語」として発表した授業プラン。
 久しぶりにまとまった印刷を学校でしたので、変なところで印刷ミスをしたりして手間取ってしまった。印刷自体はきれいに仕上がるのだけれど、家の機械とはメーカーが違うので、原稿の向きとプリントアウトされたものとの向きが逆さまになって、両面印刷を多用するボクにはちょっと不便。これまでに使ったことのある印刷機で、今の職場で使っているメーカーのものだけが他と違う。こういうのは、同じ向きに揃えてもらいたいのだけれど、何か理由があるのかな?
 隣の相棒に「うちはこれでするよ」と原稿を見せたら、ちょっと興味を示した。
 やってくれたら、子どもたちが喜んでくれることは請け負うんだけどな。
今日は、運動会の予行。
連日直射日光を浴びて、夏の間にいい加減黒く焼けた顔や腕がさらに黒くなってしまった。
進行自体はスムーズに流れていい感じだった。担当している係の合間に写真をたくさん撮った。
百枚単位で撮ると、そのうち何枚かはまあまあのショットが残る。子どもたちの真剣な顔や笑顔がズームアップで見ることができるのは役得だな。この前手に入れた300mmズームがとっても役に立っている。

いい具合に焦げたので、そろそろ溶けてしまいそう。
夕食後リビングでゴロンとなったら夜中まで寝てしまった。

週末の運動会に向けては、なにやら台風の動きがあやしいのだけれど、なんとか天気がもってもらいたいなぁ。
 今日は、運動会に向けてテント張りとそれを固定するための杭打ち作業。
 ずいぶん涼しくなってきたとはいえ、まだ日差しは厳しい。

 毎年のようにやってきた作業なのに、今年はとってもヘビーに感じられる。
 家に帰って少々グッタリ…(^_^;)
 こういうちょっとした一つひとつの出来事が重なると、体力がカックンと一気に落ちているような気がしてしまう。

 整体で教えてもらったストレッチは毎日続けてきて、それなりに柔らかくなってきているという実感はあるけれど、やはりこのままではまずいみたい。やりたいことは山ほどあるが,それができるためには体力も必要だな。
Illustratorレッスンブック―ステップ・バイ・ステップ形式でマスターできる Illustrator CS4/CS3/CS2/CS/10/9/8対応Illustratorレッスンブック―ステップ・バイ・ステップ形式でマスターできる Illustrator CS4/CS3/CS2/CS/10/9/8対応
(2009/01)
ランディング、TART DESIGN 他

商品詳細を見る


 春に購入したこの本。
 ようやく開いて,『illusutrator』の操作を学ぼうとしている。
 
 パソコンスクールに通うことも考えたけれど,そんな時間も暇もないので,自力で学習することにした。
 こんなのって,大学生の頃に卒論を仕上げるために初めて使わされたMS-DOS版の『一太郎』と『LOTUS123』のとき以来だな。なにせ,機械を入れた先生も「パソコンのことはわからん」と言い切られたのだから…(^_^;) 自分で操作法を学んで,同級生に教えたのがボクのパソコンのスタートだった。
 それ以降,新たに使わなければならなかったソフトは,すべて目的となるものを作りながらなんとか使えるようにしてきたのだけれど,ボクにとって『illustrator』は難物である。でも,これと『photoshop』はそれなりに使えるようになりたいと思っているので,真面目に勉強することにしよう。
20120922夜の動物園

 さすがにこの暗さの中で手持ちで撮ると,ブレが大きい。
 今日は,とくしま動物園で開催された「夜の動物園」に行ってきた。

 恒例行事となっているためか,動物園に近づくにつれ車が前に進みにくくなる…。
 駐車場に車を駐めると,すでにあらかたスペースが埋まりつつある。
 入場すると,たくさんの人。「こんなに人が来ているんだ」と驚かされる。

 当然,子ども連れが多いのだけれど,そうなると騒がしいのは必然…(-_-;)
 休日の昼間の方が静かかもしれない…(^_^;)
 静かな夜の動物園を思い描いていたボクが愚かだった。

 ファーストフードコーナーで,思いがけず井上さんご家族に遭遇。
 意外なところで知り合いに会うと妙に照れてしまう。

 にぎやか,たくさんの人…とボクの苦手な環境で,少々後悔しかけたけれど,しなやかかつ力強く走るトラや,オオカミの姿を見ることができて満足(我ながら単純だと思う)。
 ライオンはやっぱりいつものライオンだった…。やっぱり習性がまったくちがうんだな。

 「江戸時代後半,130年もの間日本全体では人口が変化しなかったのはなぜか」を子どもたちと考えていたら,何人かの子どもたちから,「中国みたいに〈子どもをたくさん生んではいけない〉というきまりがあったのではないか」という意見が出てきた。
 前にこの授業をやったときに子どもたちからどんな意見が出てきたか,その一つひとつを覚えてはいないけれど,今,目の前の子どもたちがノーミソをはたらかせていることがわかってうれしい。
 《日本歴史入門》を進めながら,いろんな人の資料にあたっている。
 以前に何度も読み返したものもずいぶんあるけれど,そのたびに納得させられることがたくさんある。
 前にしたときよりもいい授業にできたらいいなぁと思っている。

 この授業では,愛知の林さんや亡くなった松崎さんにわけていただいた掲示物を使っているけれど,それも年月を経て傷みが大きくなってきた。少しずつPCに入力し直していこうとしている。プリンターから出すので,カラーで掲示できるようにと思っている。
 我慢しきれなくなって《日本歴史入門》をスタート。
 授業セットをろくに整理しないまま始めてしまったので,授業中にあれこれとセットの入ったケースの中身から掲示物を探しまくるという失態を演じてしまった。
 でも,そんな状態でも,子どもたちはいい感じで反応を示してくれて,ホッと胸をなでおろした。
 午前中,町の敬老会で作文を読む子どもの応援に。
 午後は,家でゴロゴロしてしまった。きっと天気のせいだ。

20120917日本歴史入門

 夕食後,ゴソゴソと動き出す。
 まずは,明日から始める《日本歴史入門》の印刷。
 運動会の練習シーズンだからこそ進められるものがある。

20120917タワシ

 こちらは,図工の準備。
 明日は,キミ子方式でタワシ。
20120916レンズ

 注文していた70~300ミリの望遠ズームレンズが入荷したという連絡が入ったので,取りに行った。
 Wズームのキットについていた250ミリでは少し短いという印象があったけれど,かといって400ミリや500ミリとなると高価だし,ボクの腕では力不足という感じがする。
 同じTAMRONの90ミリマクロとどちらにお金を使うかで悩んだのだけれど,近々娘の運動会もあるということで,望遠を優先することにして選んだのがこのレンズ。サイズも大きく,ずっしりとしたいい感じの重みがある。持ち帰って少し触ってみたけれど,いい感じで動いている。

 これで出番が無くなった250ミリの方は,この店で買い取ってもらった。箱や説明書も全部つけたためか,おそらく最高額で引き取ってくれた!(^^)! 店のおにいさん,ありがとう。

 カメラ店に行く前に,今年20歳になる教え子の成人式に向けてのビデオレターの撮影があった。
 前任校の校舎の前で撮ってもらったのだけれど,やっぱりこういうのは照れくさいなぁ。撮影してくれたのは,当時の教え子。消防署に勤めているということで,がっしりした体の好青年になっていた。当時の相学級の先生とごいっしょさせていただいた。会うたびに「まだ地元に戻らないのか?」と聞かれるけれど,ボクに強く帰りたいという意志が生まれない以上,職場の事情で決まるのだからボクには何とも言えない。
 徳島楽しい授業の会の9月定例会。
 いつものように早めに会場入りして湯を沸かし,コーヒーを飲みながら本のページをめくる。
 今日は,板倉聖宣先生の『数量的な見方考え方』(仮説社)。
 目がひきつけられて,何度も読み返したのが次の部分。

 どうも,今の算数の教科書,参考書の筆者たちは,「算数の内容をわかりやすくしようと努力するあまり,数学の論理の厳密さを犠牲にしたり,現実的な問題を避けて通っている」ように思えてならないのです。
 そこで私は,「これらの教科書・参考書はどうして〈たのしい数学〉の授業を展開させるものになりえないのか」,全面的に検討せざるをえなくなりました。その結果,私は「すべての子どもたちにわかるように,やさしくやさしくと書いていることが,かえってその内容を楽しくないものにしているのではないか」という皮肉な事実に突き当たることになりました。そして「〈わかる授業〉と〈たのしい授業〉との対立」を本格的に考えなおすことをせまられることになったのです。 (130~131ページ)


 井上さんが家の都合で来られないという連絡が入り,「今日はひとりかな~?」と思い出したところに小野さんが来てくれた。

20120915電池と回路やけど

 まずは,夏のわくわく科学教室のあと,懸案となっていた「《電池と回路》の実験で「やけど」をするのか?」の検証。
 「豆電球・乾電池・導線だけで回路を作って,豆電球を光らせることができるか」という問題がある。子どもたちの感想の「やけどをした」という表現を小野さんが気にして,メーリングリストに流してくれた。せっかくだから,サークルで確認するといいかなと思って準備した。
 結論は,「ショートさせたときに導線が熱くなることはたしかだけれど,これでやけどをしようとしたら相当な気合いと我慢強さが必要で,ふつうは〈熱い〉と思った瞬間に反射的に手を放そうとするので,やけどにはならないだろう」というところに落ち着いた。あ~,よかった。

 そのあと,ボクのレポートを読んで,「虹見之箱」も見てもらった。
 まだ夏休み中の小野さんは,こころなしかやつれたように見えたので,「やせましたか?」と聞くと,ちょっと風邪気味らしいとのこと。体調管理をしっかりして,研究をばんばんすすめてくれることを願う。

 午後は,会場を移動してパワーアップセミナー。
 今日のお題は「分数」。後藤さんがいい感じでつっこみを入れてくれるのが助かる。若い人たちがこうして自分で学ぼうとしてくれているのもうれしい。

 そのあと,四国大学に移動して,またまた小野さんとご対面。

20120915わくわく展望の会

 わくわく科学教室の反省会というよりは,来年を展望する会となった。
 ボクとしては,学校での授業のために教員に向けた入門講座や体験講座の方に意識が向いているので,「わくわくはいつ終わらせてもかまわない」という感覚があるのだけれど,「やりたい」と強く願う人がいて,運営のイニシアチブをとるのだから,それはそれでつづけていけばいい。それに協力することにはまったく異論はない。
 ということで,来年もわくわくは開催の方向で進むことになった。
20120914黒米芋きんとん

 今日は,休みをとり,とあるところへ。

 いろんな人にお世話をかけたので,帰りに「土産でも…」と思って買ったのが,画像の「黒米芋きんとん」というお菓子。
 「期間限定」という言葉にのって,店の人がきちんと説明してくれているのもろくに聞かずに購入。
 ところが…

 飛行機に乗るためにチェックインした後で,賞味期限が3連休中に終わることに気づいた。後の祭りとはこのこと。仕方なく,別のものも購入した(-_-;)
 仕方なく,「黒米芋きんとん」は,家庭内で消費されることになった。でも,「おいしい」と高評価。和菓子の甘さが苦手な娘がぱくぱく食べている。ちなみに「徳島県産なると金時」が使われているらしい(^_^;)

 今日一日,相棒にはずいぶんと助けてもらったので,彼にも土産を一つ。
 いい同僚がいてくれてありがたい。

 家に帰ってからは,明日のもろもろの会の準備。
20120913夜の動物園

 仕事から帰ると机の上に1枚のハガキ。
 ここのところ「まだ来ないね~」と言いながら,首を長くして待っていたもの。

 毎年,秋になると「夜の動物園」というイベントがとくしま動物園で開催される。
 今年は,9月後半から10月前半の土曜日の夜にこのイベントがある。

 これに「行きたい!」と言ったのは,娘ではなく,このボク。
 以前から一度行ってみたいなぁと思っていたので,今回駐車場の整理券を申し込んでみた。
 入場自体に予約は要らないのだけれど,我が家は交通の便が大変に悪いので,車で行けることが大前提になる。 ちょっと心配していたのだけれど,無事に送られてきてよかった!(^^)!

 ということで,22日の土曜日は,夜の動物園に行きます。
この土曜日は、午前中サークル、午後はパワーアップセミナー、そのあと、わくわくの反省会。
実は今回、前日に日帰りで東京に行かなければならないので、明日までにひととおりの準備をしておく必要がある。午前に出すレポートと、午後の資料を印刷。家に印刷機があってよかった。

あとは、明日の仕事帰りに幾つかの買い物をすればokというところ。
忙しいけど、充実している。
20120911appletv20120911kanexavipro

 Apple TVと,Kanex AVI PRO(HDMI端子をVGA端子と音声端子に変換するケーブル)が届いた。
 放課後,教室のプロジェクタにつないで設定したら,ワイヤレスでIpadの画面がプロジェクタに投影できた。

20120911ミラーリング

 少し画面が小さいので,プロジェクタをいつもより遠目に設置。
 これでまた,活用の幅が広がった…かな?
 《虹と光》が終了した。
 長い夏休みをはさんだことと,前段の実験がリアルタイムにできなかったこと,子どもたちの反応などを見ながら,「もしかしたら,あまりいい評価はもらえないかもしれない…(-_-;)」とひとりでたそがれていたのだけれど,今日の授業の終わりに書いてもらった感想を読んでみると,いつものようにいい評価。大きく胸をなでおろした。よかった~!(^^)!
 やっぱり,ちゃんと子どもたちに聞かないといけないなぁ。

 しばらくは教科書の「水溶液」単元をやることになるけど,そのあと何をしようかな?
 社会の科学もやりたいし…。しばらく,よく考えることにしよう。どうせまた衝動的に決まるんだろうけど…(^_^;)
 朝のうちに庭の芝刈り。
 前に植えた「日本はっか」が広がってきたので,何箇所かにハサミをいれて土に差した。
 ものすごい生命力だなぁと感心しながら,「ミント」とはちがう「ハッカ」の匂いをたのしんだ。

 ブルーベリーは思ったように伸びていかないけれど,これでいいのかな?

 午後はゴロゴロしていたのだけれど,ネットで見たipadのエアープレイというのが便利そうだったので,appleTVとプロジェクタに接続するためにHDMI端子をVGA端子に変換するケーブルをamazonで注文。うまく使えるといいなぁ。
20120908植物園

 今日は,徳島市渋野町にある徳島市植物園へ。
 カメラも手に入れたし,《花と実》にかかわる画像を撮影するために,どういうところか一度見に行きたいと以前から考えていたのがやっと実現した。
 想像していたよりも植物の種類は少なかったけれど,いくらかは花が咲く時期にまた寄るといいかなと思った。

 その後,同じ渋野町にあるつれあいの高校の同級生がしている菓子工房に寄る。ケーキ,プリンなどを購入。これがなかなかおいしく,家族に好評。ちょっと遠いけれど,また買いに行こう。
 それからいつもの温泉に寄って,夕方に帰宅。
20120907虹見箱

 《虹と光》の授業では,PC室・理科室の暗幕を閉めて部屋を暗くしてやったのだけれど,授業が終わってもしばらくは子どもたちが振り返りができるようにと思って,放課後にこんなものを作ってみた。
 名付けて「虹見箱」。

 ガムテープを使って,段ボール箱を2個つないだ。

虹見箱底

 底には,スプレーのりをまんべんなくふった黒い色画用紙に「虹ビーズ」をまいて接着したものを両面テープで貼り付けてある。

虹見箱で見た虹

 頭を突っ込むようにしながら懐中電灯の光を底の虹ビーズに当てると,虹が見える。
 光の強さ,当て具合で虹の見え具合もちがう。

 ボクが職員室脇の廊下でこの作業をしているのを見て,目ざとい同僚が何人か「何をしているのか?」と声をかけてきた。「虹の授業をしたので,虹が見えるセットを作っているんです」と答えると,「完成したら見せてほしい」という人がいたので,見せてあげた。物だけで感激してくれたけれど,《虹と光》の授業を受けたら,その感激は何倍にもなるんだよな~(^_^;) それを子どもたちとたのしめたら,さらに大きくなる(^_^)v

 教室の後ろの黒板掲示は,長らく《燃焼》だったけれど,今度は《虹と光》に衣替え。
 この「虹見箱」も懐中電灯とともに,教室の後ろの棚の上に置いておくことにする。

 来年成人式を迎える8年前に担任させてもらった子どもから「成人式に流すビデオレターを撮影させてほしい」という連絡が入った。こうやって声をかけてくれるのがうれしいなぁ。
20120906スタイラスペン

 使っていたipad用のスタイラスペンが,行方不明になった。
 あまりいいものでなく,先がヘニャヘニャして使いづらかったので,新しいものを購入することにした。先週末,東京に行ったときに秋葉原の電気街に寄ろうと思っていたのだけれど,生憎の雨で断念して,結局は地元の電気店で購入することになった。
 ネットであれこれ情報を探って,幾つかの候補にしぼったのだけれど,店の棚に並んでいたのはそのうちの2種類だった。今回買ったのは,wacomの「BAMBOO STYLUS」という製品。

 家に帰って,これも前から導入を検討していた,「7note」というアプリをインストール。
 手書きした文字をテキストに変換してくれるというのだけれど,どの程度のことができるのか,おっかなびっくり試してみた。
 ところが,思いの外具合がいい。こんなに上手く変換してくれるのかといたく感心してしまった。技術の進歩はすごいなぁ。
 購入したスタイラスペンも重さや重心,書き心地がよく,アプリとの相性もバッチリ。
 しばくらこれでいじってみよう。
20120906ペン
 朝のうちは怪しかったけれど,授業をする頃になると太陽が顔を出してくれたので,霧吹きの実験と,フラスコの実験ができた。リアルタイムでできるに越したことはないけれど,やらないよりはずっといい(と思う)。
 そのあと,「虹ビーズ」をつかった実験。
 今回は,子どもたちの前で黒い色画用紙にスプレーのりを吹きつけて,虹ビーズを貼り付ける作業をやって見せた。予想は,「虹が見える」が少数派。隣のパソコン室に行って遮光カーテンを閉め,用意しておいた懐中電灯で照らす。それまでは,なんとなくつき合ってくれているという感じだった子どもたちだったけれど,ある子が「見えた!」とつぶやいたところから目の色が変わった。「あ,ホンマじゃ!!」という声につられて,必死に見ようとしだす。「3Dの虹じゃ」と言いながら,虹をつかむ男(女も)になろうとする子どももいた。
 高知の宿毛で初めてこの授業の講座を受けたとき,ボクもこの実験で「オォ!」と感激したことを覚えている。
 ここまで授業でやってきたことが,ここで一発に結びつくという感じ。虹は条件がそろえば再現することのできる現象なのだ。

 といい感じで過ごしたのだけれど,夕方には空が真っ暗になり,雷がゴロゴロ。
 子どもたちは下校待機の状態になってしまった。ま,その分宿題が早くできてよかったという子も…。

 この授業書もあとちょっと。
 次は何をしようかな?
20120904クリアファイル

 5時間目の授業が終わって,帰りの準備が整いあいさつをしたところで(うちのクラスでは帰りの会とやらはしていない),Mちゃんが寄ってきて,夏休みに行ったディズニーランドのお土産をくれた。Mちゃん,いつも気をつかってくれてありがとね。
20120903霧吹き

 整体に行った帰りに,百均に寄って霧吹きを購入。
 《虹と光》の続きを2学期にするのだけれど,1学期は天候に恵まれず,ほとんど画像と映像で授業が進んだ。
 やっぱり実際に見る方がいいので,1学期にできなかった実験をやろうと思っている。

 明日は天気いいのかな?
20120903ニラ

 家の敷地の端に植えられたニラに花が咲いている。
 はるか昔にアナログ一眼を買ったときに一緒に手に入れた50㎜のマクロレンズを使って撮ってみた。
 手ぶれ補正機能がないのと,アートフォーカスが遅いのだけれど,十分遊べそうだということがわかったので,売りに出すのはやめて,しばらく使ってみようと思う。

 一つひとつの花から黄色いおしべが出ているのが分かる。

20120903ニラ坊主

 花が開く前はこんな感じ。
 ねぎ坊主ならぬニラ坊主。

20120903コガネムシ

 コガネムシの仲間がひと仕事。
 花の蜜を求めて昆虫たちが動いている。
 なんでもない一瞬を画像に切り取ることができるのもカメラのおもしろさ。

 ついでに…
20120903アサガオの種
 アサガオの花が落ちて,実がふくらんでいる。
 先からめしべがシューッと伸びて残っているのだけれど,実の方にピントが合って,しべは前ボケになっている。ホンのちょっとなんだけどなぁ…。残念。でも,それもまたおもしろい。
 
20120903ヒマワリ
 ヒマワリはぎっしりと種が詰まってうつむいている。
 これはもう,夏の終わりの風物詩。
 絞りの設定が難しい。慣れるまでは設定を変えて何枚も撮りながら確認していくしかないんだろうな。

20120903花の落ちたキュウリ
 花が落ちたキュウリ。
 これは,《花と実》で使えるかな?

20120903熟したゴーヤ
 オレンジ色に熟したゴーヤの下半分が地面に落ちていた。
 鳥にでもやられたかな?
 オレンジの果肉と,赤い種のコントラストがきれい。 

20120903日本ハッカに寄る
 範囲を広げた日本ハッカは,まだ花を咲かせている。
 ギリギリまでレンズを寄せてみる。しべもきれいに写った。

 途中からマニュアル撮影に切り換えたけれど,ほんの数ミリレンズの位置がずれただけでクッキリと像が浮かび上がったり,背景に沈み込んだりする。それがなんだかすごくおもしろい。 
 午前中は,昨日会議の続き。
 都道府県によって制度がちがうのがおもしろい。地方自治というのはそういうものなんだろうな。
 狭い殻に閉じこもっていたのでは見えないことにふれさせてもらえる貴重な機会だった。

 終了後,会場を出ると雨。
 昨夜は,東京で何日かぶりの降雨で結構激しい大粒が落ちてきたらしい。

 日曜日は古書街は休みの店が多く,三省堂書店に寄ってしばらく過ごした後はおとなしく空港に向かった。
 今日も青い飛行機で帰ってきた。

 家に着いたら,夏休みも最後ということで族で徳島駅近くへ。
 昔むかしに毎週のように通っていたお好み焼き屋さんで夕食。
 娘とつれあいは,最近ここがお気に入り。実は先週もお好み焼きを食べたのだけれど,やっぱりここがおいしい。
 マスターが元気にコテをふるっているのを見て,なんだかホッとした。
今日は特別に始業式。
出席した子どもたちは、みんな元気でなにより。

朝一番は町の防災訓練に連動した避難訓練。
1時間学活をしたあと、始業式をして、子どもたちは下校。

事務処理をしたあとは、年休をとって空港へ。
東京での会議に遅れて参加。
会場について資料を開くと、運営に名前が入っていてビックリ!
とりあえず今日は分科会に紛れ込んで、明日の午前の分を担当することになった。

今夜はいつもの水道橋泊まり。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

岡本賢司(オカケン)

Author:岡本賢司(オカケン)
徳島で小学校の教員をしています。
仮説実験授業研究会会員。
徳島楽しい授業の会。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930