HOME   »  2013年07月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
いま,民主主義とは (板倉聖宣セレクション1)いま,民主主義とは (板倉聖宣セレクション1)
(2013/08/05)
板倉 聖宣

商品詳細を見る


 全巻予約していた板倉聖宣セレクションの第1巻「いま,民主主義とは」が昨日届いた。
 夏休みの課題図書だな。感想文は書かないけど(^0^;)
スポンサーサイト
 恒例の地域の夏祭りが校庭で開かれるので,準備やら何やらに参加。
 今までは,ちょろっと見に行く程度だったのだけれど,勤務先でもあるので,様々な物品の準備やらセッティングやらをほんのちょっとだけお手伝い。
 実は,昨日のサークルのあと,午後はその前日準備に参加し,今日は朝から人間ドックに行って,無事生還することができたので,やはり午後からズーッとこれに参加していた。

 これまでいろんな勤め先で地域の行事に参加してきたし,運営にもかかわってきたけれど,これだけ地域の人々が参加して自分たちの力で運営できているものは初めてだな。ボクの感覚とはずいぶんちがって,なんだか手持ちぶさたに時間を過ごすことになった。きっと,これが「地域の行事」としてまともな姿なのだろうけれど,学校まかせの部分がほとんどなくて,すごく新鮮な気分。
 同時に,十数年前なら「帰れば?」と声を荒げたであろう現象もちらほら。
mini20130720徳楽授

 徳楽授定例会。
 終業式も終わったあとなので,気分的には少々ゆったりしたなかでの開催。
 今回は,小野さん,明さん,市原さん,Iさん,岡本の5人。

 岡本は《電池と回路》,落花生の観察,「煮干しの解剖」に関する「理科専日記」と,理科室の後ろに掲示した科学者の肖像画に関するレポートを報告。
 市原さんは,「資料が全然書けてない」と言いながら,3部の「風まかせ」を紹介してくれた。
 明さんからは,勤務先で見た「ミツバチの分蜂」の様子を携帯画像で紹介してくれた。
miniDCIM0523.jpg

 それぞれの近況報告の後は,時間が足りなかったけれど,《背骨のある動物たち》を読み進めた。
 以前に後藤さんに講座をしてもらった気はするけれど,内容はほとんど記憶にない。
 あらためて読み直してみると,とても哲学的な内容におどろいた。「低学年向けの授業書」だとばかり思いこんでいたのだけれど,そんなことはなかった。
 帰宅して,届いていた研究会の会員ニュースに高知の松木さんが書いていた文章にもそういう内容の言葉があるのが目にとまった。まさに「グッドタイミング」。
 やっぱり授業書は,ひとりで読むよりも,こうしてワイワイ言いながら読み進めていくのおもしろいな。

 次回は,いよいよ四国大学でのわくわく科学教室。
 申し込みもずいぶんとふくらんできた。がんばろう!

mini黒落花生_2

 理科室ベランダに置いたプランターとは別に,ホームセンターで見つけた「黒落花生」の苗を路地植えしている。
 犬か何かに荒らされて,少々弱り気味だったのだけれど,なんとか育ち続けて,落花生よりほんの少しオレンジがかった色の花をつけた。こいつもうまいこと育って,なんとか収穫できるといいなあ。
2013.07.15
 準備の方は進めているのに,徳楽授ホームページに「わくわく科学教室」のパンフをアップすることをすっかり忘れていた…σ(^◇^;)
 さっきそのことに気がついて,慌ててアップロードの作業をした。
 で,無事完了(^_^)b

徳島楽しい授業の会:わくわくパンフ
 ここのところまた首の凝りが激しいので,本当にごぶさたの整体に。
 今日は若いけど腕のいい人が担当してくれた(^_^)b
 おかげで,帰りにはスッキリ気持ちよ〜い状態に。

 ただ,「首を整えても,その下が時間かかりそうですね〜」と言われたので,夏休みはちょくちょく通うことになりそう。

 毎日毎日夕食後,ガーガー惰眠をむさぼっているにもかかわらず,やりたいことがいっぱいあるもんだから,夜中にゴソゴソしちゃう不摂生のせいかもしれない…。


 落花生の子房柄が土の中に潜り込んだ。
 以前に日本テレビの「THE鉄腕ダッシュ」の落花生栽培の様子を見ていたから「これだ!」と分かるのだけれど,知らなかったら「これのことかな?」と思うんだろうな。
 しっかりとした太さのものなんだなあとあらためて感心しながら見ている。


 落花生の花が落ちたあとから「子房柄」が伸びてきている。
 昨日はまだ確認できなかったのだけれど,今朝はそれが伸びているのが分かる。
 カメラのレンズを通してピントを合わせていると,先にめしべのあとが細くシューッと伸びているのがよく見えておもしろい。
 マクロレンズをつかってマニュアル撮影するとミリ単位でピントが合ったりぼやけたりして,なかなかおもしろい。
 自分自身の目は老化をたどる一方なのだけれど,そういうことを忘れて夢中になれる時間がたのしい。

 朝,ボクが理科室に行く時間にはたいてい花が閉じてしまっているのだけれど,今朝は少し早かったのでヒョウタンの白い花が開いているところを撮ることもできた\(^O^)/

miniIMG_9016.jpg

miniメダカ水槽

 注文していたヒメダカとエビが届いたので,準備していた水槽にしばらくビニール袋ごと浮かべて,水温にならしておいた。2時間ほど経って,メダカたちを水槽に放すと,無事に泳ぎ始めた。夕方も元気に泳いでいたので,とりあえずはひと安心。
 今回はネットで注文したのだけれど,1匹も死ぬことなく無事に届いた。
 それが商売として成り立つのだから当たり前といえば当たり前のことなのかもしれないけれど,すごいことだなあと感心してしまう。

 うまく水に慣れて,繁殖までできたらいいなあと思っている。

 しばらくの間,ベランダの落花生とそろって,ボクの癒やしのスペースになりそう。
 教科書のメダカ単元を進めるために,ヒメダカを注文した。
 理科室にもいい感じでメダカが飼われているのだけれど,5匹しかいない。
 これでは,観察というわけにもいかないので,数を増やすことにした。

 今日は,授業の合間に,棚に片付けていた水槽を引っぱり出してきてきれいに洗い,底に砂利を敷いて水草を配置して水を入れた。循環機がついたのは1つだけなので,もう一つはエアポンプを入れて様子を見ることにした。
 明日か明後日にはメダカが届くので,いい具合に棲めるようになるといいなあ。
2013.07.07


 激しい雨のあと,まだ少し高い太陽がカッと照りつけた。
 「これは出る!」と思って,カメラを抱えて外に出たら,案の定東の空に虹。

 「条件の割には色が薄いなあ…」と思ったら,何のことはないそれは副虹で,主虹はズッと下の方にはっきりと出ていたσ(^◇^;)
 太陽が高かったので,出る位置は当然低くなるわな。

 「PLフィルター」というのを使うと,使わないときとくらべて明らかにはっきりと撮影できる。
 設定をいじれば,もっとくっきり写せるのかも知れないけれど,それはまだ試行錯誤中。
 最近,「マニュアル撮影がおもしろい」と感じ始めたところなので,これから勉強。
mini20130703落花生の花

 理科室ベランダに置いたプランターに植えた落花生に花がついた。
 毎日新しい花が咲いてはしぼんでをくりかえしている。まだ子房柄が土の中に入っているのは確認していない。
 三日坊主のボクが,こういうのをワクワクしながら毎日観察しているのが不思議。
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031