HOME   »  2013年08月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 雨が降らないうちに…と思って,朝から職場へ。
 昨日は,池の底にたまったドロを洗い流す作業をしたのだけれど,今日はコケを洗い落として仕上げの作業。

 職場の高圧洗浄機より強力なものを自宅から持っていったら,やっぱり洗浄力がまったくちがう(・0・)
 これなら,昨日も家の機械を持ってきていれば,もっと早く終わったんじゃないか?!と大きな後悔をしながら作業を続けた。ドロが気持ちよく流れていくし,圧が高いので遠くまで送ることができる。実際は,洗っているのではなくて,表面を削っていると言った方が正しいのだろうと思うけれど,2時間ほどで作業を終えることができた。

 ところで,台風による大雨は来ないのかな?

 それにしても,大事にされている割には,排水口のありかすらきちんと伝えられていないうちの職場って,いったいどうなんだろう・・・(-。-;) ま,それでいけてしまうから仕方ないんだろうけど,トラップがいっぱいで笑える。 
スポンサーサイト
 朝のうち,職場の池を高圧洗浄機で洗った。
 本当は,延期されたPTAの作業日に実施する予定だったのだけれど,台風の影響でこの作業ができない可能性があるので,自ら買って出た仕事。これも,昨日大まかな仕事がさっさと終わったからだな。

 昼前になって道具を片付けて,事務処理をササッとやって退庁。
 午後は年休をとったので,一度自宅に戻ってシャワーを浴び,準備をして香川県さぬき市へと車を走らせた。
 先日,香川のIさんから,「この8月末で退職するTさんの記念講座をするから」と連絡をいただいた。退職されること自体は1か月ほど前に後藤さんから聞かされていたのだけれど,それから胸の奥がザワザワとして気持ちが落ち着かずにいたところだった。

 ボクはTさんにはひとかたならぬお世話になった。
 今から20年ほど前,ボクが研究のうえで路頭に迷っていたとき,講座や研究会の案内をくれて,いつもにこやかに受け入れてくれたのがTさんだった。授業も下手で学級経営もうまくないボクが自分のことをほめられるのは,「仮説実験授業をやり続けてきた」ということだけ。そして,それは,この時期にTさんにお世話になったおかげだ。当時は,毎月1回香川に通っていた。
 のちに県教組の先輩の紹介で後藤田明孝先生と出会い,自分たちでサークルを始めることになったけれど,それ以降もTさんが裏方になって香川のメンバーが開く講座にはずっと参加させてもらっている。

 そんなこともあって,急な話ではあったけれど,「ぜひ参加したい」と思って,参加した。

 Tさんらしい《禁酒法と民主主義》の講座は,なにやらホッとするものだった。
 大川サークルの仲間の進行やチャチャもいつもどおりのアットホームさで気持ちがよかった。
 講座のあとの懇親会も同様。年度末に定年退職を迎えるIさんやMさんも元気そうでいい。

 退職についても,悲壮な話ではなくて,人生の選択肢の一つとしてボクはスッキリと受け止めることができた。それもホッとしたことの一つ。最近サークルに参加しだしたという若い人たちの顔も見え,「サークルは続けていきますから」という言葉に安心して徳島に帰ってくることとができた。

 ボクも,十年ほど後には退職の日を迎える。
 一体どうやってその日を迎えるのだろう…なんていうことを考える年になった。
 できれば,しあわせに節目を迎えられたらいいなぁ。
 今日は,この夏休み2回目の日直。
 朝から夕方まで職員室で仕事が基本なので,しめ切りが近づいている仕事を片っ端から片付けた。

 割とトントンと作業が進んでいったので,余裕をもって終了することができた(^_^)b
 すばらしいなぁ。これだけ効率的に仕事が片付くと,とても気持ちがよい\(^O^)/



 順調に物事が進んでいることに気をよくして,昼休みにはMacを無線LANのアクセスポイントとして,iPadをwifi接続してみた。
 実は,職員室にはSoftBankwifiのアクセスポイントが設置されているのだけれど,iPadはSoftBankとの契約を切ってしまったので,接続することができない。ただ,iPhoneはそれにつなげることができるし,普段はMacを持ち込んだ職員室でiPadを使う必要はほとんど無いのだけれど,一応できることをたしかめたかっただけのこと…σ(^◇^;)
 少し試行錯誤があったけれど,無事に成功。

 今日は機嫌良く定時に職場を脱出することができた。
 今日は午前中出勤。
 楽しみにしていた「黒落花生」が株ごと消えていたのにショックを受ける。
 実は,苗を植えた直後にも,カミちぎられたようになって無残な姿を見せていたのだけれど,その後無事に回復して,黄色い花をつけ,子房柄も土にもぐり込んでいたところだった。
 何かいいにおいでもして,犬かなんかがお召し上がりになったのだろうか?
 残念だなぁ…(-_-#)

 いくつか仕事を片付けて,目処が立ったあたりで昼。午後は年休。
 今年は順調に処理ができている。

 家に帰って,昨日撮影した写真を整理。
 家族が写ったものをセレクトして,プリントアウトしたら,縞々が出てきた。ヘッドクリーニングしても全く効果なし! こりゃもう,プリンタヘッドがダメだな…(-。-;)
 8年ほど使ってきたインクジェットプリンタももう限界。ボクの使い方で8年もったというのは,大健闘だと思う。結局は酷使しすぎなんだろうなぁ。これまた残念な話。

 新しい機械の選定にかからなくては…。でも,最近のインクジェット,インクのコストが高いみたいでイヤだなあ…。かといって,カラーレーザーのランニングコストはそれ以上だし…。さて,どうしよう…(*_*) マイッタ
 家族の温泉リクエストにより,今日は淡路島へ。
 娘が中学生になり,部活のいそがしさもあり(盆も練習(-。-;)),家族で出かけることが激減。

 希望どおり,日帰り温泉に行き,食事をし,ちょっと観光。
 今回は,「淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館」というところに立ち寄った。

 で,自分の道楽に写真撮影。
 まずは,食虫植物の類い。
 この前のサークルで《背骨のある動物たち》で幾つか出てきた。


 ウツボカズラ

miniIMG_9772.jpg
 ハエトリソウ

 続いて,《花と実》関係。

 おしべとめしべが自家受粉しないように時期をずらしすという「キキョウ」 
miniIMG_9791.jpg
 こっちがおしべが元気なとき。

miniIMG_9787.jpg
 おしべが枯れるとめしべが開いて,他のおしべの花粉を受粉できるようになる。
 (めしべにピントが合ってないのが残念)

 南国のフルーツもたくさん成っていたけど,今回はバナナの花のみ。
miniIMG_9812.jpg

 ひととおり見て回って,出口を出ると「バラ園」があった。
 一重のバラ。
miniIMG_9835.jpg

 バラの原種の花と実。
miniIMG_9842.jpg

 ここは温室の中だけでなく,周辺にも見て回れるところがあるようなので,花の多い季節にゆっくり来るといいかな?
 とはいっても,それなりに時間を過ごしたので,カミが希望していた「たこせんべいの里」の閉館時間を過ぎてしまい,行けずになってしまった…(^_^;) ボクのせいじゃないけど。
 夏休みも残すところ1週間となった。

 先週は月〜金まですべて出張週間だったので,間でちょろっと顔は出したけれど,定時に職員室に出勤するのは久しぶりの朝となった。
 今日は,理科室に行って,自宅に持ち帰っていたプロジェクタとその周辺の道具を再設置する作業。
mini20130826プロジェクタ設定

 Air Play機能を使って,Macの画面をワイヤレスでスクリーンに投影。
 2学期に見る予定のNHK学校放送の幾つかを流してみた。
 映像はバッチリ。でも,スピーカーから流れる音量はよいのだけれど,なんだか音がシャープじゃないんだな…。設置の仕方でよくなったりするのかな? これについては,要研究。
 その間に,準備室の片付け作業。夏休み中に空調工事が入ったので,頭の中に描いていた理科室改造計画の続きは頓挫したまま。パソコン室の改造計画と共に2学期に持ち越しとなってしまった。夏休み中に終わらせたかったな…(-。-;)

 でも,空調が入ったのはありがたい。

mini20130826エアコン

 工事自体はほぼ終わって,今日,業者さんが試運転をしていた。
 9月のまだ暑い時期に運動会の練習があるので,これは助かる。

 午後,お世話になっている方からあることに関わっての電話をいただいた。
 ボク自身にとっても一つの節目を迎えることになるなあと思って,感慨深いものがある。
 それはまた後日。
 今日も,雨の一日。
 早朝から予定されていた,PTAの「奉仕」作業は延期になってしまったけれど,なんとなく気持ちまでしっとりしてくるみたいで,いい感じの朝を迎えた。

 午前中は,いつものガソリンスタンドに行って,オイル交換。
 久しぶりだったので,あそこもここも…という話になって,ついでにバッテリーまで交換する羽目になった(^_^;)
 なにせ,16年目で走行距離は16万kmを越えたので,それなりにアチコチがガタピシしてくるのは当然。
 減税のときに買い換えを考えたのだけれど,なんとなく思い入れがあって,機会を逃してしまったから仕方がない。なんといっても,板倉先生を2回も乗せたし,仮説社の竹内さん,その他四国に来て講師をしてくれた人たちを乗せて運んでくれたもんな。でもまあ,そのうち寿命がくるだろうから,次を考えなければならないだろう…。

 午後はまたゴロゴロして,夕方から採用試験の二次対策に出かけた。
 今日は人数は少なかったのだけれど,2回目にチャレンジする人もいて,結局また時間オーバーしてしまった。
 でも,いよいよ本番っていう感じで,受審者の表情が引き締まってきているのがいい感じ。何度かやっているうちに確実によくなっているのが目に見える人がいて,「やった分の意味はあるんだなあ」と手応えを感じることができる。なかには,「この授業,もうちょっと先まで見てみたいなあ」と思うような授業をする人もいて,感心させられることも…。「自分が受審した頃には,こんなに的確に応対できなかったな」というしっかり者もたくさんいる。
 「最近の若いもんは!」なんて言えないよなぁ。若いもんも捨てたもんじゃない。
 今日で今年のボクの担当は終了。あとは発表日に朗報を待つのみ。

 一つ残念だったのは,半沢直樹を見損ねたこと…(^◇^;)
 連続物のドラマを見るなんて,今まで考えられなかったボクだけれど,なんだかこれだけは見てしまっている。
 アッコちゃん情報では,四国放送で再放送をしているらしいので,それを楽しみにしよう。
 昨夜から雨が降り続いている。
 昨日,兵庫から帰ってきたとき,自宅から2kmほどしか離れていない集合場所の周辺はそれなりに雨が降ったらしき痕跡が見られた。ところが,我が家に近づくと,道路が全く濡れていない…。
 家族に尋ねると,「雨? 降ってないよ」とのこと。
 しかし,時間が経つと,雨が地面をたたく音がし出した。
 カラッカラに乾いた徳島では,恵みの雨。
 これで,ずーっと続いてきた灼熱地獄が少しは緩和されるだろうか。昔の役場が湖底から出現したという四国の水甕周辺では,不足分を補うだけの雨が降ってくれただろうか…,てなことを考えながら,夜中に眠りについた。

 それなりの時刻に目は覚めたのだけれど,さすがにまるまる1週間普段とはちがう生活をすると,体がしんどいので,午前中はまるまる寝てすごした。

 午後は,採用試験の二次対策。
 人数自体はそれほど多かったわけではないのだけれど,ていねいに見ていくとやっぱり予定の時間を過ぎてしまう。
 この時期になると,日が経つにつれて,本番を終えた人たちが顔を見せなくなる。それが1人,2人と増えてくるのがなんとなくさびしいような,ホッとするような,ちょっと不思議な気分。これを感じると,「もうすぐ2学期が始まるんだな」ということになる。
 もうあと少し,最後までがんばってほしいな。

 それにしても,夏休みがほぼまるまる潰れてしまうこの制度,いくら一生の問題とはいえ,過酷だよな〜。
 出張週間も今日で最終。
 今日は,郡の理科部会の夏季研修ということで,兵庫県へ。

 午前中は,明石海峡大橋の主塔にのぼるという「ブリッジワールド」。
 のぼった\(^O^)/
 ↓ ↓ ↓


 海面からの高さおよそ300mからの眺望は,「すごい!」の一言。
 本土側を見る。
miniP8230007.jpg

 こちらは淡路島側。
miniP8230011.jpg

 午後は,兵庫県立人と自然の博物館へ。
mini20130823人と自然01

 丹波リュウをはじめ,様々な生物の化石が見えた。6年生の2学期の授業に使えると思って,写真パシパシ(^_^)b
mini20130823人と自然博物館02

 各種鉱物の結晶もたくさん陳列されていたので,これも《結晶》に使えると思って多数撮影。
mini20130823人と自然03

 機会が無ければ個人では絶対に行くことがないだろうと思ったので,申し込んだのだけれど,思いの外おもしろかった。おまけに博物館も◎(^○^)
 たまにはこういうのに参加するのも悪くはないなと思った。

 これで出張週間が終わり。
 今週はなんだかちょっと疲れた。
 来週1週間でリフレッシュできるか…(^_^;)
mini0821持ち帰り

 昨日,持ち帰るのを忘れた「お持ち帰り」の品々。
 無事に手元に戻ってきた。

 今日は,地学と生物関係。
 「お持ち帰り」の品々。

mini0822持ち帰り

 月のは,難波さん(岡山)の「月齢早見盤」が絶対にいいな。
 あとのはよく分からない。これは,あんまり子どもたちと作る気はしない…。
 メダカ観察用の水そうは,簡単に作れてよさそう。今度授業するときは,何組か作ればいいかな。

miniファンタジーmini染色液

 導管を染めるのに,食紅がよく使われるけど,入っているデキストリンという物質が目詰まりを起こすらしい。
 ということで紹介してくれたのが,上の2品。左の「ファンタジー」というのは,切り花用の着色剤で,花屋さんなどで使われているらしい。右の方の「植物染色液」は,中村理科の製品。
 導管だけを染めたいときは「サフラニン」という製品がいいということも教えてもらった。

 さて,今回の研修会。
 今まで知らなかった「物」を知ることができたのはプラスだけれど,科学教育の本質に迫るような話は聞くことができなかった。それを求めるのがどだい無理な話なのかも知れないけれど,「校内で理科を中心になって進める」という人たちを集める会なら,もう少し踏み込んだ内容にしてもいいんじゃないのかなあ…というようなことをアンケートに書いて帰ってきた。「授業をする上でのちょっとした工夫」程度の話なら,理科の研究会でやってることなのだから,文科省・県教委がやらなくてもいいだろう。そもそも物づくりでお茶を濁さざるを得ないところが理科の行き詰まった状況を物語っている…と言ったら言いすぎかな(^0^;) でも,『日本理科教育史』ぐらいは読んでほしいなぁ。

 明日は,郡の理科部会で視察研修。天気がよければ明石海峡大橋の主塔に登れる(^_^)b
 出張2日目。
 どうやらこの研修は,文科省の事業を都道府県教委が受けてやっているものらしい。
 3年計画で全県の小・中から1人が受ける計画なのだとか…。
 これも理数嫌い(離れ?)対策の一環なのだろうけれど,少なくともボクの周辺の仮説実験授業に関わる人たちの間では理科離れなんてまったくないんだけどなぁ…。

 今日は化学・物理分野の日。
 化学は「粒子」,物理は「エネルギー」がキーワード。

 今日は,ボクにとっては新しい物を見せてもらった。

 1つめは,サーモインク。
 存在は知っていたけれど,目にするのは初めて。

miniサーモインク

 教科書単元の水の温まり方のところで,これがあると便利そう。といっても,火の当て方によっては対流がうまく見えないことがあるのかもしれない。再利用できるのはいいな。1本注文しよう。

mini塩化アンモニウム

 これは,温度を上げた塩化アンモニウムの水溶液を冷まして結晶を析出しているところ。
 星のような形の結晶が降るように出てきて,幻想的でおもしろい。でも,扱いが面倒そう。

miniマローブルー

 それから,マローブルーというハーブを紹介してもらった。
 「ウスベニアオイ」という花を乾燥させたものらしい。
 教科書では紫キャベツの水溶液の色変わりが掲載されているが,これなら保存が利くので,時期に関係なく使える。
 今日は,水につけて出た紫色の水溶液にクエン酸と砂糖を入れてジュースにした。酸によって色はピンクになった。
 それから,ホットケーキミックスに混ぜてオーブントースターで焼くと,緑色。これはアルカリ性らしい。

 後半は物理関係ということだったけど,電気関係の掲示物づくりでほとんど終わってしまった。でも,これならボクが作った方がきれいなんだな…(-.-;)y-゜゜
 そのあと,簡易霧箱で放射線観察。研究会のうみほしさんのHPや『たのしい授業』の記事で映像や画像では目にしていたけれど,じかに見るのは初めて。以前に仮説社の売り場で買った簡易霧箱でまたやってみよう。
 最後は,放射線測定器で試料の放射線を測った。
 バッグに入れていた空間線量計はどうなるだろう…と思って出してみたけれど,電池が切れてしまっていた。知らぬ間にスイッチがonになっていた…(-。-;)

 おまけに,あれこれもらった物を袋ごと忘れてきてしまうという失態で今日の一日は幕を閉じた…。
 今日から3日でワンセットの出張。
 理科関係の研修会で,「はたしてどうなることやら…(^_^;)」と思っていたのだけれど,1日目の今日は「理科ねっとわーく」についての内容であれこれコンテンツをほじくり返すことができたので,ボク的には有意義に過ごすことができた。前から探そうと思っていた映像も見つけることができて,ラッキー(^_^)b
 JSTのスタッフが講師をしてくれて,いくつか新技を教えてもらったので,2学期からグレードアップできそう。

 おもしろいと思ったものの一つ。
mini20130820研修

 写真撮影用の丸くて白いレフ板を使ってスクリーンにして,地球や天体を投影すると,立体的に見えてリアル。
 これ,おもしろい。

 AppleTVを使って,Ipadの画面をワイヤレスで投影する方法については,これまでにも何度かこのブログで紹介したことがあるけれど,「やっぱり便利だなあ」と再確認することができた。

 そうそう,「理科ねっとわーく」のコンテンツに,「タブレット端末用」というコーナーができたということも教えてもらった。「これから充実させていく」ということなので,使える物が増やされるといいなあ。
 今日の二次試験対策は,夜の部を担当。
 山場を迎えて,希望者が集中。本来の担当ではない後藤さんも様子を見にやってきた。

 今日は若い2人が中心になって進めてくれた。やっぱり年寄りはいい(^o^)
 で,今日はちょっとトゲを出してみた。それがいいのか悪いのかはわからないけど…。

 さすがに,10人越えると3時間では足りないなあ。
 もっと時間をとってあげられたらいいのだけれど,そうもいかない。

 「もしかしたら,ボクが言っていることは採用試験の模擬授業にはあまり役に立たないのかもしれない…」と,ふと思う場面もあるのだけれど,ここでの練習が少しでも役に立つものであってくれたら…と思う。
 興奮未だ冷めやらず。おまけに疲れも抜けやらず…(^_^;)
 という状態のなかで,頭がボーッとしながらも,午後は組合の採用試験の二次対策学習会。

 といっても,午後の部は比較的人数が少なくて,多少のゆとりをもって運営ができた。
 おまけに後藤さんとペアだから,年寄りに気をつかって進めてくれるので助かる。年をとるっていいなあ。
 いよいよ山場だなあと思う。少しでも力になれているといいんだけど…。
 いよいよわくわく科学教室本番。
 当日準備,「職員朝会」に始まって,子どもたちが教室に入ってきだす頃になると,なんだか気分が高揚してきてやや興奮状態。今年も《もし原》をやらせてもらったけれど,やっぱり授業はぐだぐだ…。でも,子どもたちの感想は◎\(^O^)/ 「こんな授業なら毎日でもしたい」だって(^_^)b

 子どもたちだけでなく,授業者・スタッフとして参加してくれた若い人たちの表情やその後の反応を見ていると,「ああ,今年もやってよかったな」と思う。若い人たちが〈たのしい授業〉という事実を目の当たりにできる数少ない機会。「これはこれで意味のある場所になってきたんだな」と思って,予想変更することにした。

 子どもたちが帰ったあとの「終礼?」。小野健司さんの音頭による乾杯。 


 そのあとの記念写真。
miniIMG_9742.jpg

 カメラ操作を誤って,自分がうつっていないのはご愛敬(^_^;)
 「夏が終わったな」って感じ。さあ,2学期の準備をしよう。
 今日は,一日かけて,明日の科学教室の準備。
 必要な物を整理して,ケースにまとめる。
 掲示物を印刷し直して,パウチを掛ける。

 夜中までかかったけれど,なんとか明日を迎えられそう。
 もっと早くに準備しとけよと思うけれど,追い込まれないとできないのはいつものこと(-。-;)

 当日にはちゃんと間に合っているということで…。
 それを言い訳にするから同じことの繰り返しなのかもしれないけれど…。

 ま,明日が笑顔ならいいか(^◇^;)
mini分子模型を切る会

 今日は,わくわく科学教室の準備会。
 ボクたちは,朝10時に集まって,必要な物品の確認。
 足りないものを,アキラさんといっしょに買い出しに出かけた。

 昼は,大学近くの「西食」でラーメン。ラーメンなる物を久しぶりに食べた。

 午後になって学生さんたちが集合。
 ものづくり元締めのアッコちゃんが,みんなに説明している。
 今回はなんと,説明用のDVD(ナレーション入り)まで作成しているではないか!
 彼女の「できる女ぶり」におっちゃんたちが驚嘆の表情を見せた(・o・)

 そのあと,教室の机・イスなどの確認とセッティング。
 これが,男手が必要でなかなか大変な作業。
 でもまあ,それも乗り越えて,今日の作業は無事終了。

 明日こそは,授業の準備だな。
 今日は夏休。
 わくわく科学教室が迫ってきているので,今日はその準備。
 といっても,自分の授業の準備より参加してくれる子どもたちの名札の作成。

 アキラさんが作ってくれた受付名簿のクラス別のデータを全て別々のファイルにして,『一太郎』で作ったクラスごとの名札ファイルに差し込み印刷。『ワード』にも同様の機能はあるみたいなのだけれど,使い方がよく分からないので,まだ『一太郎』に頼っている。
 長年『一太郎』を使い倒してきた人間には,『ワード』はどうも使いづらくていけない。
 特に罫線なんかはどうしようもない…。mac版の『一太郎』はどこに行ってしまったんだろう。
 マス目を文字で埋めていく感覚の『一太郎』は,macの考え方とは合わないのかな…。残念だなぁ…(-。-;)

 で,これにけっこう時間をとられてしまって,あとはまたゴロゴロしてしまった。
 変にゆとりがあることがよくないのかもしれない…(^_^;)
 今日も午前中は仕事をして,午後は年休をとった。
 今年は年休の消化がうまくいっている。その割に,やろうと思っていたことが一向に進まないのはなぜ?(笑)

 夏休み前は,午前中出勤して校務処理,午後は県立図書館で調べ物…,なんてことを頭に描いていたんだけどな〜。この夏はもうダメみたいだ…。残念。

 夜は採用試験の二次対策。
 家ではゴロゴロしてしまっているけど,元気にがんばった(^_^)b
 午前中は出勤して仕事。
 なんやかやとやっているうちに時間がどんどん過ぎてしまって,できたこともあればし残してしまったこともいくつか…。残りは明日にして,午後は年休をとったので帰宅。今年は,まじめに年休を消化することができている。
わくわくの授業準備を…と思っていたのだけれど,グロッキー。ここのところ夜中に起き出してゴソゴソしてしまう分,間でガーガー寝てしまっている。いかん,いかん。

 夜は,今日も採用試験の学習会。
 模擬授業と面接練習を順々に見ていく。参加人数が多いので,1人あたりの時間は本番よりは短くなってしまうのは仕方がない。ボクは,あんまり細かいところを見る能力がないので,印象的なことばかり話している。でも,他の人の論評を聞いていると,それが大きくははずれてはいないみたいなのだ。「印象って大事だな」と思う。
 予定の時間を幾分かオーバーして,本日の練習は終了。

 今日はそのあとがまだあった。前任校の同期会が開かれていたので,そこにも顔を出す。
 今回は久しぶりに全員集合\(^O^)/ それぞれに新しい任地でがんばっているみんなの顔を見ると,なんとなくうれしいものだ。そこで閉店まで過ごして解散。

 家に帰ったらバタンキュー。
 ペルセウス座流星群を見損ねたのが残念(>_<)
 
 午前中,組合の教員採用審査二次試験対策の学習会に参加。
 受験生にとっては貴重な機会だったのだけれど,運営させられている後藤さんがハチハチ来ているのを横目で見ながら,面接官役を務めた。

 疲れるけれど,若い人たちががんばっているのにつきあうのは嫌いではない。
 でも,大事なのは合格してから先。ここに来ている人たちには,ぜひとも奮起して難関を突破してもらいたい。

 でもでもその一方で,「言い出しっぺが責任をもって主体的に動く」というのが当たり前のボクたちにとって,ものすごい違和感と理不尽さを感じてしまうことがままある。後藤さんのハチハチの原因もそのあたりにある。「ちゃぶ台をひっくり返す星一徹」ではないけれど,「全部ひっくり返してやろうか」なんて過激な考えが頭をよぎってしまうその気持ち,分かる分かる。ボクもそんなことあったあった。「なかなか半沢直樹にはなれないよな」と思いながら,「組織論がないのは学校も組合もいっしょだな」なんて考えが頭をかすめていく。

 午後は,わくわくの授業の準備に買い物に走った。
 雑貨屋で「声変わりガス」,おもちゃ屋で「風船サプリ」をゲット。すっごく離れた店をはしごしたので,ちょっと疲れた。
 
 わくわくの授業準備。
 《もし原》のシミュレーションのCDをMACの仮想Windows上で動かしてみたら,無事成功。
 ダメだったら,娘が使っているWindows機を借りていくしかないと考えていたのだけれど,これなら当日の授業でもそのままいけそうで,ホッとする。

 あ,やっぱりプロジェクタにつないで実験しといた方がいいよな。それはまた後日。
mini分子模型を切る会

 迫ってきたわくわく科学教室の準備の一つである,恒例の「分子模型を切る会」。
 午後から四国大学に集合して,黙々と120人分の《もし原》用の分子模型をカットし続けた。

 今年は主砲のアキラさんが仕事の関係で参加できず,大きな戦力ダウンとなり,いつもより時間が長くかかった。
 それでも,ほどほどの時間でカットし終えることができた。

 次回は,15日に直前準備。
 ボクもそれまでにしておかなければならないことが幾つか。

 おっと,一番大事な授業の準備をしなくては…σ(^◇^;)
 今日は,タイトルには「研究」とつくものの,およそ研究とはほど遠い,おそろしく中身のない官制研修会に出席。
 家を出るときから気分は憂鬱。全体会ではイライラしっぱなし。合間で元同僚のMさんと話ができたので,ずいぶん気を紛らわすことができて助かった。腹立つことはいっぱいあるけれど,あえて内容にはふれない。でも,全県から人を集めるなら,もう少しマシなものにすればいいのにと思う。
 誰に聞いても評判の悪いこの会だけれど,みんななんやかんやと言いながら,終了後のアンケートには取り繕ったことを書くんだろうな。それでは何にも変わらんのに…。変わらん方が居心地いいのかも知れんけど…(^_^;) 上から言われたことを「ハイハイ」とやってりゃ,楽だわな…。
 ボクらの賃金を削った予算でこんな中身のないことをするなよ!
 もっと有効でためになる使い道はいっぱいあるぞ。

 残念の塊のような会だった。
  
 久々にぽっかり空いた一日。
 寝た寝た。目が腐るほど寝た。

 今日は県の水泳検定会で,徳島市内のJA貯金魚プールに子どもたちを引率。
 今回は12人の子どもたちが出場。

 ボクは直射日光が照りつけるスタンドからカメラのレンズを向けていたので,さらに日焼けが進んだ。
 それにしても,暑い(◎-◎;)
 途中で熱中症の子どもが出たらしく,すぐ隣の消防署から救急車も出動したそうな…。

 そんななかでも,うちの子どもたちは全員,郡大会の記録を更新するがんばりを見せてくれた\(^O^)/

 ほとんど干からびた状態で帰宅し,夜は久々に街へ。
 今日は,小野さん担当の免許更新講習があったので,県外から来ていた研究会のみなさんと打ち上げ。
 県水が重なっていなければ,ボクもアシスタントとして参加するつもりだったのに,残念。
 ほんとに腹立たしい限りのなかみのない免許更新講習だけど,「こういうのならいいかな?」と思える数少ない講習を仲間がやってくれているのがうれしい。
 ふだんほとんど飲まないアルコールをちょっぴりだけ口にして,楽しい時間を過ごすことができた。
 小野さん,みなさん,お疲れさま。
 
 今日は,夏休み中1回きりの登校日。
 ボクは担任さんがお休みのクラスに入った。
 やっぱ,子どもがおる教室はええわ〜。

 夏休み中に教室の空調工事が完了すれば,2学期は涼しくスタートできる。
 前任校もエアコンが入っていたから,その点ボクはラッキーなのかもしれない。
 でも,こんだけ暑いのだから,当たり前のことだと思う。

 ただ,この工事のおかげで理科室の整理がストップしてしまっている。
 夏休み中に完了させようと思っていたのに残念。工期は8月いっぱいらしいので,2学期に持ち越しだな。
たのしい授業 2013年 08月号 [雑誌]たのしい授業 2013年 08月号 [雑誌]
(2013/08/02)
不明

商品詳細を見る


 昨日届いた『たのしい授業』8月号。
 ゴロゴロしながら読もう。
mini2103夏祭り

 先々週は校区の夏祭りで,今日は町の夏祭り。
 うちの金管バンドの子どもたちが,開会に演奏をすることになったので学期運びの大役を仰せつかって参加。
 かんかん照りにならなくてよかった。

 一度家に帰ってゴロゴロ(ゴロゴロしている場合じゃないんだけど)したあと,夜に再度会場に出没。
 各校から生徒指導の担当者が1人参加して合同補導というイカメシイ集まりが行われる。ボクは今回代理で参加。まったく気の進まない行事だけれど,ときおり子どもたちに「せんせ〜!」と声をかけてもらいながら,邪魔をしないように過ごした。仲間のアキラさんも来ていたので,長い長い時間をもてあますことなく過ごすことはできた。20年前に教えた子どもが親になっている姿に遭遇したり,前任校で教えた子どもに鉢合わせたりというのもおもしろかった。
 人混みが嫌いな人間だから,何かきっかけがないとこういう場所にすすんで行くことはない。「こんなの必要ない!」と思いながらも,「どっちに転んでもシメタ」という感じかな。
 夏休みに入ってすぐに郡の水泳検定会があり,標準記録を突破した子どもは県の記録会に出場することになった。
 ということで,平日の午前は水泳の練習がつづいている。ボクも,子どもたちが自分の希望で参加してがんばっている姿を見るのは好きなので,いっしょにおつきあい。
 人数が減って内容が濃くなったためか,ベスト記録を更新した郡検定会の記録を更新する子どもが続出。
 なかには,平泳ぎで郡までのベスト記録を7秒以上縮める子どもも…\(^O^)/
 水の中で抵抗なくスーッと体が進むようになったのが見てわかる。ちょっとしたきっかけでグッと伸びるのがおもしろい。子どもたちがひっかかっているところを見つけてそれをクリアするためのアドバイスが的確にできればいいのだけれど,なかなかそうはいかない…(^_^;)
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

岡本賢司(オカケン)

Author:岡本賢司(オカケン)
徳島で小学校の教員をしています。
仮説実験授業研究会会員。
徳島楽しい授業の会。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031