HOME   »  2014年07月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 6月末に注文して7月始めに届いたB社のプロジェクタがもう壊れてしまいました。
 実際のところは10日も前に症状が出たのですが,あれこれあって対応が今ごろになりました。
 結局は,「初期不良としての対応は2週間で,修理対応となる」そうです…(-。-;)

 このメーカー,会社自体は日本法人になっていて電話窓口の女性の対応もていねいでした。ところが,この一連の流れのなかで,なんとも言えない違和感を感じました。  
 もちろん,「考えられないような形で機械が壊れてしまったにもかかわらず修理対応なの?」という思いがボクにあることは確かです。でも,決してそれだけによるものではなくて,クレームに対するこのメーカーの姿勢が見えてしまったことが大きいのです。
 今回はまず,電話をかけたときに「…録音させていただきます」という録音メッセージが流れてから担当者につながりました。企業防衛という意味では大事な手続きなのかもしれないけれど,ボク的にはまずイヤな印象をもちました。当然メーカーにはいろんなクレームがくるのだろうけれど,それに対して「構えてますよ」的な姿勢が見え見えなのは,あまり感じのよいものではありません。
 それから,こちらの話を聞くというよりはメーカーの対応を伝えられたという感じを受けたところも。
 
 このあたり,Webでの問い合わせに,徳島の担当者から即電話連絡があった書画カメラのE社とはずいぶん対応の質がちがうなあと感じました。そうそう起こる事象ではないのかもしれないけれど,いや,だからこそ「対応力」が問われるのだと思うのです。

 これは学校でも同じで,子どもや保護者からのクレームにどう対応するか,いろんな問題が起こったときにどう対応するかがすごく大事だなあと思います。ボクたちは,「クラスに問題が起こったらラッキーだと思え」と先輩から教えられてきました。誰しも,問題が起こるのはうれしいものではありませんが,そのときの対応次第で以前よりもよい関係を結べたり,よい状態を築きあげたりできることがあります。『発想法かるた』でいう「どっちに転んでもシメタ」とはまさにこのことです。
 企業にも当然こういう発想があるはずだと思うのですが,すぐに「裁判」になってしまう状況では,守りが優先になってしまうのは仕方のないことかもしれません。学校でも,いつもうまくことが解決できることばかりではありませんから…。

 そんなこんなを考えながら,結局,壊れてしまったものは仕方がないので,夏休みの間にきちんと修理されて,2学期から動いてくれればいいかと思っています。

 ただ,このメーカーの製品を今後買うことはないし,まわりにすすめることもありません。
 こういう対応をうまく,きもちよくしてくれるメーカーがあれば,ぜひそこの製品を選びたいのですが,事前にそういうのがわかる方法はないものでしょうかね?
スポンサーサイト


 教室のベランダで育てているキュウリが成長して,黄色い花がつきだしました。
…のはよいのだけれど,よ〜く見てみるとついているのは雄花ばかりで雌花がありません。
土の性質によるものか,その他の理由によるものか…,ちょっと不思議な感じがします。


miniIMG_5752.jpg

 その隣の落花生も,次々に黄色い可憐な花を咲かせています。
 それが枯れてしぼむと,子房柄が土の中に伸びていくのですが,それがうまく土にたどり着いているかどうかは未確認です。去年,自宅に植えたものは子房柄が土に入らなかったみたいでまったく結実しませんでした。
 今年は少々草丈が高いので気になっています。肥料をやり過ぎたかなぁ…(^_^;)

miniIMG_5758.jpg

 そのまた隣のエンドウにも花がつき始めました。もうじき咲きそうです。

 藍の方はダニにやられてしまったのですが,終業式前にまいた農薬の効果でなんとか再生したみたいです。
 ボクとしては,葉を取ること,染めることよりも,種を取ることの方に興味があるので,それがうまくいったらOKという感じでいます。

 今日で個人懇談が終了しました。
 保護者がとても協力的なので助かっています。
 明日は登校日。
 そのあとNIEの授業へと続きます。子どもたちらしさが出てくれたらいいなあ。
 教室で使っているプロジェクターを買い換えました。
 これまで使っていた物は2000ルーメン。新しいのは3000ルーメンですから,数字だけ見ると1.5倍の明るさということになります。
 でも,実際には7年前に購入したこれまでの物と,最近作られた製品とは数字だけでは比較できない技術の進歩が見られます。

 今日,学校に品物が届いたので,昼休みに早速開封して接続作業をしてしまいました。
 これまで読み取りにくかった文字も,くっきりと映っています。暗幕をひかなくても大丈夫だけれど,暗幕をひいたらさらにすごくきれいに映ります。子どもたちからも,「先生,すごく見えやすくなったね」という声があがりました。
 5時間目は,うれしそうに社会科の番組を視聴。

 Amazonでかなり値段が下がっているのにつられてしまったのですが,ボクにとってはプロジェクターは授業の必需品です。教科書授業をサッサと進めていく上でも重要な戦力だし,授業書をやるときにもプレゼンや画像を映し出すのにものすごく役立っています。
 前の物が6万円少々。7年ほど使ったので,1年間で1万円弱。それでこれだけ使い倒せば,元は十分にとったと思います。新しいものもこれまで以上に活躍してくれることを期待しています。
 教員にも研究費とか,こうした仕事に使う機械を必要経費として控除してくれんものですかね? 無理でしょうね。
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。