HOME   »  2017年02月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 2月のサークル定例会でした。
 今日は5人の参加。

 まずは,ミニ授業書《円と円周率》を体験しました。
 最初の問題から「お〜!」という感じです。
 「円周率=3.14」って,小学生の頃に覚えさせられたという印象が強いのですが,こういうふうに出会えたら,ずいぶんと印象がちがうんだろうな…と思いました。来週,クラスでも授業を始めようと思っているので,プレゼンや掲示物を準備していこうと考えています。

 その後は,いつものように情報交換。

 Mさんが,カードゲーム「サムタイム」を紹介してくれました。

IMG_0950.jpg

 なかなかおもしろかったです。
 参加してくださったみなさんからそれぞれに話をしていただきました。

 毎回それぞれの今を聞かせてもらうのが,とてもたのしみです。

 次回は,《お金と社会》をとりあげる予定です。
 来週は,四国大学での《もしも原子が見えたなら》のわくわく科学教室です。

スポンサーサイト


 今度の科学教室で使おうと思って,ヘリウムガスを入れる風船をネットで注文しました。
 今日,職場にとっても軽い段ボールが届いたのですが,それを受け取った瞬間は,「何だったっけ?」と考え込んでしまいました。その軽さから,すぐに「風船だ」と気付いたのですが,段ボールを開けてびっくり。

IMG_0946.jpg

 ガスが入ってふくらんだ風船が1個,大きな段ボール箱から出てきたのです…(笑)
 教室に持っていって,ガスの注入口にストローを突っ込んでガスを抜きました。たたんでみると,封筒に収まりそうです。なんだかおもしろい話でした。



 1月24日に万年筆の赤インクを溶かした水に小さく砕いた木炭を入れました。
 5年生の「国語」のテストに「赤インクを溶かした水を木炭でろ過すると,色が薄くなった水が落ちてくる」というのがあったので,それをやってみたのですが,色が薄くなったようには見えませんでした。木炭を入れておくと,多少吸着するのだろうか?と思って2週間ほど置いてみたのです。
 今日,それをろ紙でろ過してみると…

IMG_0938.jpg

 上の画像も下の画像も,左が元の赤インク水,右が木炭を投入したものです。
 やっぱり,ボクには薄くなったようには見えません。
 なんなの?この問題…。
 《木版画》の作品に台紙を貼って掲示しました。

IMG_0937.jpg



 インフルエンザで休んでいた子どもが,今日から学校に来ることができたので,朝のうちに版画を刷ることができました。今日も,家庭科と抱き合わせの形にして,教室に残っている子は色画用紙の台紙に貼る掲示用の作品づくりと家に持って帰るカレンダーづくりを進めました。
 隣の教室の5年生たちがこの作品を見るたびに感嘆の声をあげてくれるのですが,カレンダーに貼り付けると,また格別の仕上がりになります。えんじ色の色画用紙を台紙にしたものは,教室の外に並べて貼りだしていますが,なかなか壮観です。
 明日,最後のお話を読んで,《木版画》は終了となります。
 次は,《木彫コースター》を進めていきます。

 それから,算数で「割合」のプランも始めました。
 卒業がどんどん近づいているのですが,最後までやりたいことができるといいなと思います。


 今年の科学クラブは,10人。
 今日は1人休んでいる子がいて,9人。

 理科室にあったいたずらはかせのかがくの本『ふしぎな石—じしゃく』を読みながら,実験をしました。
 画像は,とちゅうで子どもたちが集めた運動場の砂場で集めた砂鉄(と磁石につく小石)です。

 最後の少し長いお話も,子どもたちはたのしそうに聞いてくれました。

 次回は,今年度最終となりますが,《光と虫めがね》の最初の部分をやって,牛乳パックカメラを作る予定です。


 淡路島のOさんから幸せの黄色い封筒をいただきました。
 ここのところ,いそがしさにかまけて授業書が遠のいてしまっているボクは,かなり反省…です。

 でも,算数も国語もあと少しで終わるので,いくつかのプランを始めようかと思っているところです。
 いろんな刺激をもらいながら,自分の今を見直すきっかけをもらえてありがたいです。

 ちょうど,年末からOさんに頼まれていたものをDVDに焼いて,レポートと共に送ったところなので,明日か明後日には届くのかな?



 《木版画》の作品がもうすぐ仕上がりそうなので,次に《木彫コースター》をすることにしました。
 子どもたちに聞いたら,「やりたい!」と二つ返事でした。

 《木版画》も《木彫コースター》も京都のKさん作成のプランです。
 ボク自身が講座を受けて,実際に作品を作ってみて,「これはぜひ授業したい」と思ったものです。

 そういえば,昨日の参観授業の後,クラスのS君のお母さんが教室にやってきました。
 なんでもS君が「《木版画》の作品を見て欲しい」と言っていたのだとか。
 昨日は,刷り終わった子どもの作品を黒板に貼りだしていたのですが,残念ながら今朝はがしてしまっていました。
 自分の図工の作品を,「見て!」と言ってくれるってうれしいことです。きっと多くの子どもが,持って帰った作品を飾ってくれるにちがいありません。

 今日は,あちこちに買い物に行って,《木彫コースター》の授業ができるように道具をとりそろえました。
 これまでは,自分が木彫コースターづくりを趣味的にするための道具でしたが,その数を増やして,クラスの子どもたちに授業できるようにするわけです。まだ完全ではありませんが,とりあえずスタートできるようになりました。

IMG_0921.jpg

 もちろん,授業プランの印刷も怠りなく…。
 午前中は,今年度最後の土曜授業で参観日。

 午後は徳島市で開かれた集会に参加しました。
 うちの組合の書記局がネット右翼の一団に襲撃されて6年。
 今日はその裁判勝利の報告集会でした。

 県内外から支援くださっているたくさんの人びとの参加がありました。

 「つながることの大切さ」を再確認する時間となりました。
 そして,ボクにできることは,やっぱり現場で〈他人の痛みに共感することができて,おかしいことを「おかしい」と言える子ども〉を育てていくことだということも…。


 京都のKさんのプラン《木版画》も,いよいよ刷りの作業に入りました。
 原画を選ぶ段階から,子どもたちはやる気満々で作業を進めています。
 刷りあがったら,自分の彫った作品はどんなに仕上がるんだろうか…と思ってワクワクしていたらしいです。

 まだ彫っている子どももいるのですが,順々に進めていかないと混雑して大変なことになってしまうので,彫れた子どもから先に刷り始めてもらいました。
 板にインクのついたローラーを転がすときの慎重な顔が何ともいえません。紙を置いてバレンでこすり,剥がしたときのホッとした顔もまたいいです。
 今日,2時間授業して,2/3ぐらいの子どもが刷り上げました。

IMG_0920.jpg

 放課後,職員室で,以前に作った量と単位の関係を1枚の紙にまとめたものに少し手を加えて印刷しました。



 算数「量の単位」で,分かりにくい体積・液量の関係を,1㎥の枠とアクリル製の升を並べながら,実際に水を入れたりして確認していきました。
 実物を目にするのとしないのとでは,子どもたちのイメージのもちようがずいぶんちがうように思うので,自宅の倉庫からアクリル升セットを持っていきました。

 授業のあと,廊下に並べてみました。


 6年生算数では,「量と単位」の単元が進んでいます。
 画像は,亡くなったG先生からお預かりしている教具類の一つ。
 2dm(デシメートル)の表示があります。

 cL(センチリットル)表示のペットボトルはどこにいったかな…。
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。