FC2ブログ
HOME   »  2018年05月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今,教室では以前にコンピュータに打ち込んだ新居信正さんの算数書「小数のかけ算」を進めてきて,計算練習に入っています。算数書の計算問題を打ち込むことができなかったので,計算は友渕さん(和歌山・日高水道仮説サークル)の『計算書 加減乗除のすべて』を使っています。

 今回,授業を進めながらこのプランのよさにハタと気づかされた瞬間がありました。

 それで,昨夜から「小数のわり算」をコンピュータに入力し始めました。
 「かけわり図」,「タイル図」,「筆算」等がたくさん入ってくるので,ワープロソフト,特に『ワード』では作業しきれません。以前に『ワード』で打ち込みかけたのですが,和文の部分だけ打ち込んで作業が止まってしまっています。
 そこで,手間はかかるのですが,『イラストレーター』で入力をし始めました。
 本当にちょっとずつですが,挫折せずに作業を続けていけたらいいかなと思っています。
 
スポンサーサイト



 理科は,教科書の植物単元とメダカ単元を並行して進めています。
 何年か前につくった,メダカの発生のプレゼンを子どもたちに見てもらおうと思っていたのですが,開こうとしても開きません。
 Macの『KEYNOTE』というアプリでは,ときどきこういうことが起こります。
 それに使った画像等はファインダーで見ることができるし,あまり複雑なつくりにはしていないので,画像ファイルをどんどん貼っていけばそれほど手間をかけずにつくり直すことができるのだけれど,面倒くさいことに違いはありません。

 それから新居さんの『小数のわり算』も入力しようかという気になってしまいました。できるかな〜。

 ま,がんばります。

 あ,きのうの小野さん,オギノさんの訪問はそれなりの感想をいただいて,ホッとしているところです。
 今日は,3時間目と4時間目に小野さんとオギノさんが教室に来てくれました。

 授業は2時間とも《生類憐みの令》。
 お迎えする前は,オギノさんに絵本を読んでもらおうかとか,授業を振ろうかとか,あれこれ考えていましたが,結局2時間とも自分でやってしまいました。あんまり人にお願いできない正確なので…(笑)

 やっぱり子どもたちは,いつもよりテンションがあがります。あがりすぎてはいないのだけれど,それがまた微妙なところもあっておもしろいです。2人のもつやわらかい空気がそうさせるのでしょうね。時折,こういう非日常の空気を外から吹き込んでもらうのはいいですね。
 今朝はゆっくりめに起きて,瓦掘り現場の裏庭の草花を撮影しました。

 アサガオの子葉と本葉。


 トマトの花。
IMG_3452.jpg

 たぶんイネ科の野草。 
IMG_3472.jpg

 タンポポ。
 チョウとアブが寄っています。
IMG_3494.jpg
IMG_3520.jpg


 イヌノフグリ。
IMG_3504.jpg

 これもたぶん,キク科の野草。 
IMG_3516.jpg

 よく見る花です。カモミール? あんまり花の名前って知りません。これもキク科でしょう。(どうもノースボールっていう花らしいです。5/28追記)
IMG_3535.jpg

 これは,スミレの仲間でしょうか? タチツボスミレ?(これもどうも違うようです。5/28追記)
IMG_3536.jpg

 これはバラです。 
IMG_3539.jpg

 今日のところは,こんな感じです。

 そのあと,自転車で学校へ。
 風が気持ちよかったです。
 まずは,明日締め切りの各種書類を仕上げて提出。
 そのあと,金曜日にセットしたメダカ用の水そうに,エアポンプを入れました。

IMG_0549.jpg

 底に土を入れたので,まだ少し水が濁っていますが,明日の朝には透明度がぐっと増していることでしょう。
 学校を出る前に,アイに水やりをして帰ってきました。

 夕方からは,小野さん,オギノさんと食事です。
 たのしみです。


 気温があがってきて,植物の伸びが大きくなってきています。



 アサガオに本葉が出てきました。

IMG_0544.jpg

 アイは学校より密集して芽が出ています。
 土のちがいでしょうか…。

IMG_0546.jpg

 トマトは,もう花が咲きました。
 昨日,印刷した《生類憐みの令》をさっそくスタートしました。
 初回からなかなかいい感じです。
 録音しておけばよかった〜と,ちょっと後悔しました。
 


 藍畑の藍が成長してきました。
 小さなタデ特有の子葉から,本葉が出てきました。

 芽の出方が畑一面でなく,まばらに偏っているので,もう少し成長したら移植が必要みたいです。

 《花と実》が終わったので,明日から《生類憐みの令》をスタートすることにしました。
 放課後,授業書を印刷しました。
 ということで,《花と実》が終わってしまいました。
 104ページの大部になります。今回も,第五部の『ジャガイモの花と実』は紹介するだけにしました。

 授業書をホチキスでとじて,感想を書いてもらいました。

 さて,次は何を始めましょうか…。


 朝,クラスの女の子が,「先生,マツのたね持ってきました」と言いながら,袋をくれました。
 5年前に松ぼっくりを拾っているときに,バラバラと落ちてきたものだそうです…(笑)

 これまでも,いくつかの花やたねを持ってきてくれたのですが,今回ももちろん,この前の《花と実》の授業でマツの話が出てきたからにちがいありません。実は,ボク自身も羽のついたマツのたねを見るのは初めてのことでした。食用の「松の実」はもちろん見たことも食べたこともありますが,羽はついていません。

 《花と実》もあと少しになりました。
IMG_0531.jpg

 朝から自転車に乗って,学校へ。
 藍の畑に水をやって,先週当番だったことを忘れてしまっていたトイレ掃除をしてきました。

 あとからタネを播いたところからも藍が芽を出してきました。



 同じ日に播いたワタも発芽していました。

 IMG_0532.jpg

 家に帰ってひと休みしたあと,今週も古瓦の発掘作業(笑)。
 地面から30㎝ほどの土を掘り返しては,瓦を掘り起こしてトンカチで小さく割って,まく…のくり返しです。
 昨日の午後もこの作業をしていたのですが,長時間しゃがんでの作業をしているためか,今日は両ふくらはぎが筋肉痛です…。
 毎週末に少しずつ作業をしていくつもりです。
 
 今日は徳楽授サークルの定例会でした。
 今月は6人の参加でした。

 《ばねと力》の第2部から第3部のはじめを体験しました。
 岩波映画の『力のおよぼしあい』を見たところで,今回は終了。

 そのあとは,いつものように参加者の近況報告。それぞれの今がおもしろいです。



 今回は,三木浩さんが実験道具やさまざまなグッズを持ってきてくれました。
 ボクは,画像の1999年のサイエンスシアターのパンフレットを束で分けていただきました。裏が画像のように分子模型図のすごろくになっています。今年《もしも原子がみえたなら》をやったときに子どもたちにあげようと思います。


 朝,裏庭を確認すると,アサガオが発芽して,子葉が出てきていました。
 西洋アサガオということで,葉の形も少しちがいます。

 この週末は,支柱のセット作業が待っています。


 自宅の庭に播いた藍のタネが芽吹きました。
 学校のよりも広い範囲で芽が出ています。

 もしかしたら,こっちの方がうまく育つのかもしれません。


 今週末のサークルの準備。
 ずいぶん前にスーパーボールを接着剤でつけて作った「物質のばねモデル」。
 教室のスピーカーの下に敷いているレンガとほぼ同じ大きさです。

 昨年度,〈ばねと力》をしたときに,ある子どもが力を入れて押しすぎてボロボロになってしまいました。
 今日,再び接着剤でバラバラになった部品をつけ直しました。

 ボク自身はけっこう気に入っているので,壊されても壊されても修理して使うつもりです。
 昨日の瓦敷きの続きをしようと思っていたのに,朝から雨。

 仕方がないので,学校に行っておとなしく仕事をすることにしました。
 昨日とりかかった人権教育の年間計画を完成させたあとは,以前に入力していた故新居信正さんの「小数の乗法」のプランを授業用に印刷しました。
 ただし,このプラン,入力作業が中断したままなので,後半の練習問題がすっぽり抜け落ちています。
 それで,和歌山の友渕さんの『型分け計算練習帳』から「小数のかけ算」の部分を印刷しました。
 そのあと,朝のドリル学習用に,計算プリントの印刷をして今日の作業は終了しました。

 午前中,学校に行って仕事をしてきました。
 情報モラル教育の年間計画と,締め切りが迫っている担任学年の人権教育年間計画をいじってきました。
2時間ほどで大枠がまとまったので,あとは調整と確認だけになりました。
まだ他にもやらなければならないことはいっぱいあるのですが,今日はここまで。

 そのあと,藍の畑の残りを耕し,タネを新たに全面に播きました。
 それから,別の場所にワタのタネを播きました。
 うまく芽が出て成長してくれるといいのですが…。

 そのあと,ホームセンターに行って幾つかの買い物をしました。

IMG_0518.jpg

 この前,自宅の裏庭に植えたトマトの苗の隣に,オクラ,シシトウ,ナスの苗を植えました。
 それから緑のカーテンになる予定のところに,アサガオのタネも…。



 この前播いた藍のタネが発芽していました。画像では緑の葉が小さすぎて見えないのですが,ちゃんとタデ科特有の丸い葉っぱが出ています。
 その隣を耕して,落花生とワタのタネを播きました。これはボクの道楽です(笑)

 そのあとは日暮れ近くまで草刈り作業。
 今日は道路際の草をとったのですが,ふと思いついて,その部分に地面からたくさん掘り出される欠け瓦を並べてみました。

IMG_0517.jpg

 我が家の裏庭から欠け瓦がたくさん出てくるのは,別に遺跡跡とかいうことではなくて,私が生まれる前に火事で家を焼失したためだと聞いています。
 実は,地面からわんさと出てくるこの欠け瓦の処理に困って,庭の隅に積み重ねるしかなかったのですが,なかなかいいアイデアかもしれません…。いずれは,奥の方に砂利を入れてしまいたいです。
 《日本の都道府県》が終わり,授業書をまとめてホチキスでとじ,感想を書いてもらいました。

 この感想がまた,なかなかいい感じです。文章をしっかりと書いてくれる子どもが多く,感心しました。
 これで,社会はしばらく教科書授業になりますが,またがんばろうと思える時間になりました。
 授業の結果としての子どもたちの感想でモチベーションを高めることができるってありがたいことです。


 出勤して藍の畑をのぞくと,何やら緑のものが出てきています。
 どうやらタデの類らしい丸い葉っぱ。

 ようやく藍が発芽したみたいです。
 この雨を待ち焦がれるように一気に芽がふいてきました。
 うまく育ってもらいたいものです。
 連休明けの一日。
 授業ができるのはいいのだけれど,なんだかやたらと疲れました。
 朝,カミさんと娘を駅まで送って,ちょっとだけ仕事に…。

 気持ちが焦っていた年間計画類は,月曜締めきりの分だけチェックして,まだ時間があるものはさわらずにおいてきました。

 時間がかかったのは,外国語のデジタル教材のインストール。
スムーズにいかなかったり,異常に時間がかかったりするのは何故なのでしょう…。
マシンによっては何の引っかかりもなくインストールできるのですが…。
この作業にこの春からどれだけムダな時間を奪われているでしょうか。
面倒くさいです。

 そのあとは,食材の買い込みです。
 今回は料理する意欲がないので,できあいの総菜を中心にしました。
もしかしたらこの方が経済的かもしれないのですが,味が濃いんです…。
この1週間はこれでなんとか乗り切って,来週末はまたがんばることにします。

IMG_0509.jpg

 夜,板倉聖宣さんの『科学と仮説』(季節社)を開きました。
 今進めている《花と実》の授業書ができる前にその構想について書かれた論文「「花と実」の仮説実験授業 ーーその授業書の構想ーー」を読もうと思ったのです。
 科学教育についての板倉さんの考え方,「子ども中心主義」の具体的なあり方について改めて線を引きながら読み返しました。「そもそも」の話をもう一度学び直したいと思います。
 今日は一日グロッキーでした…(笑)


 昼前にホームセンターへ。
 この前下見をした物をいくつか購入してきました。

 夏に向けて,西日がとってもよく当たるダイニングの窓の外に緑のカーテンを設置することにしました。
ゴーヤ,キュウリ,パッションフルーツの苗を植えました。
 プランターがもう一つあるので,そっちはアサガオぐらい植えようかな…。

IMG_0503.jpg

 その向こうにはミニトマトの苗を植えました。
 生野菜を口にするために,トマトとキュウリです。

IMG_0504.jpgIMG_0505.jpg

 食事を自分で作るようになって,生ゴミを庭の隅に埋めるようにしました。
 そこからジャガイモとカボチャが芽を出して成長してきています。
 こういうのもなんだかおもしろいです。

IMG_0506.jpg

 その向こうには藍のタネを播いてみました。
 もうかなり時季外れなので,芽が出るかどうかはわかりませんが…。
 発芽して育ってくれればおもしろいなあ。

 今度は,落花生とワタのタネを播く予定です。
 今日は,土いじりの一日でした。

IMG_0501.jpg

 風が強かったのですが,昨日の雨がやんでいい天気なので朝から自転車散歩。
 4月に買った自転車の調子もすごくいい感じです。背面からの追い風に乗ると,どんどん進んでいきます。これだけスピードが出ると,ヘルメットと手袋の着用も考えなければなりません…。

 今朝は30分余り,しばらく止まっていた校区探検で,まだ回れていなかった神社とお寺をめぐってきました。

 洪水とのたたかいの連続だったこの地域には,上のような土台の高い地蔵がいくつかあって,洪水時の水位の高さを示していると言われます。

IMG_0484.jpgIMG_0495.jpg

 地域の神社や寺も,水にかかわる神を祭るものが多かったり,昔の洪水で流されて元の位置から移動したという伝承が多く残ります。

 夏休みには,また地域の歴史の整理にかかろうと思います。
 今年は,川の歴史をたどってみようとも考えています。
 去年一年あれこれと調べてみて,第十堰がなぜあの角度なのかということがやっとわかってきました。吉野川自体の流路が今とはかなりちがっていたんですね。
 次は,校区を少しはずれますが,もう少し東にある昔時の堤防とその近くの神社を見てこようと思います。




 今日は,先日の参観授業の代休でした。

 連休後半ということで,カミさんと娘が帰ってきたので車で迎えに行きました。
 今回の土産は,かりんと饅頭と有名なものらしい珈琲豆。

 さっそく挽いて飲んでみたら,癖がなくとても飲みやすい味でした。
 きっと「万人受けする」というのはこういうことなのでしょう。
 でも,ボクには何か物足りない感じがします。やっぱり飲み慣れたのが好きだな。


 《花と実》でパイナップルの問題に進みました。
 ここで,いつもの脱線です。子どもたちに,「みんなが食べているパイナップルってどんな風になってるか考えて,絵にしてみてよ」と話をしました。子どもたちが描いたものをボクが整理して黒板に書き出してみました。
 毎回,土の中に埋もれて葉が出ているもの,木にぶら下がっているもの,スイカやカボチャのようにツルになっているもの,茎の上についているものなどが出てきますが,今回は「サツマイモのように土の中にたくさん埋もれているもの」と「水耕栽培で水の中にあるもの」というのが出てきておもしろかったです。

 次回は,本来の内容に戻って,パイナップルの花について考えます。


 Tポイントがたまったので,Yahoo!ショッピングでデジタル温度計を手に入れました。
 これでコーヒー,日本茶がさらにおいしく入れられるようになるでしょうか…。
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031