FC2ブログ
HOME   »  2019年07月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 今日は出勤。
 久しぶりに自転車での通勤です。
 ヘルメットをかぶり,手袋もしていい感じです。
 思わず,勤務先を通り越してポタリングで彷徨いたい誘惑に駆られてしまいました。
 昨日入れた空気もちょうどいい具合です。
 ほんとに,早起きして朝の涼しいうちにひとっ走りできたらいいなあなんて,思うばっかりで実行することはきっとないのでしょうが,できたらいいなあ…。

 まずは,コンピュータにまつわる事務仕事から。
 そのあとは,県の水泳検定会の練習におつき合い。
 終了後は,「十進数と大きな数」のデータに最終の修正を加えてプリントアウトしてみました。

 それから,《浮力と密度》に使う道具をいくつか教材屋さんに注文しました。
 サークルまでに届くかどうかは不明ですが…(笑)

 午後は年休消化で帰ってきましたが,結局自宅で「こんにちは!÷算」の入力作業をしています。
 昔は「家庭研修」というのが認められていたんですけどね…。
 時代の流れとはいえ,「研究する権利」はボクたち教員にとって生命線だと思うのですが…。
 「研修の義務」は職場でもよく言われますが,〈押しつけられる研修〉よりも〈主体的に行う研究の自由〉の方がはるかに大きな意味をもつということは,研究していない人たちには理解できないことみたいです。

 そういうことを抜きにして言われている「働き方改革」なんて,結局は「働かせ方改革」でしかないのだと思わざるをえません。あれこれ騒いでも,きっと根本的なことは何も変わらないままに終わることでしょう。
 自分の働き方は自分で決めるものだとボクは考えているし,それが教育の質をあげることにつながらなければ,あまり意味はないと思っています。

 ま,どこでいても研究は進められるということです…。
スポンサーサイト





 今日は,終日出張でした。
 コンピュータをいじってきましたが,必然性にはやはり疑問が残ります。

 現状にそぐわない上からの改革は,これまでにも失敗をくり返してきたはずなのですが…。
 ここでも,歴史に学ぶ意味が問われます。

 夕方,自転車の空気入れが届きました。
 さっそく愛車のタイヤに充填。

 明日は自転車で出勤です。


 今日は,午前中出勤。
 午後は年休をとって,自宅に籠もって授業プランの復刻作業を進めました。

 途中で豆を挽いて珈琲を入れ,ひと息つきました。
 今日のお供は,安宅屋の羊羹です。
 最近は,あんこ系かチョコレート系が多いですかね。

 けっこういいペースで作業が進んでいます。


 今年は,裏庭の世話を全くしないまま,ここまで来てしまいました。
 なんだかもう,そういう気になれなかったんですね。

 今日,やっと気になっていたところの草を抜いて,土を耕しました。
 土の中から,アリのタマゴかサナギらしきものが出てきました。
 「あ〜,ゴメンねぇ…(^_^;)」って感じです。
 慌ててこの白いものを奥の方に運んでいるアリたちがなんとも可愛らしく感じられました。

 去年落ちたアサガオの種が発芽して,伸びてきていますが,あまり元気ではありません。
 けっこう繁茂していたニホンハッカも1株だけになっています。
 うまく育ってくれるといいのですが…。

 予報通り,雨が降り始めました。


 今日は,朝から体がだるくって,一日自宅に引き籠もっていました。

 それでも,夕方にはゴソゴソと動き出して,先日入力作業を始めた後藤田明孝さんの授業プランのうち,最初の「分離量と連続量」が打ち上がりました。
今は,そのあとの「均等分布と一あたり量」の部分の図式を入れる作業を進めています。

IMG_2257.jpeg

 この作業を進めるのに役立っているのが,以前に水中生物の写真撮影に使おうと思って買った「どっちもクリップ」(YAZAWA)です。元の本や冊子をクリップ部にはさんでパソコンの画面の隣の見やすいところに配置しています。これがとても具合良く働いてくれています。

IMG_2256.jpeg


 懇談も3日目となりました。
 今日も,合間にコンピュータの作業に勤しみました。

 今日は,ちょっと手の込んだ図を作りました。
 小さな部品を組み合わせて,カップやビンの形を整えます。
 面倒くさい作業ですが,1つひとつできあがってスペースが埋まっていくのは,なかなかたのしいです。
 「分離量と連続量」の部分は9割方仕上がりました。


IMG_2253.jpeg


 ヘチマの中の大きく育ったものは,40㎝越えとなりました。
 雄花ばかりで,実ができるのか?と心配していましたが,あちこちに実が下がっています。
 ちょっと安心しました。


 今日も個人懇談。
 その合間に,やっぱりパソコン作業を進めました。

 『一太郎』文書の「分離量と連続量」に,タイル図やテープ図を『花子』で作成して重ねていきます。
 タイトルには「挿入」という言葉をつかいましたが,実際には「重ねる」という表現の方が適切な感じがします。
 このあたりの連携が簡単にできるのが,『一太郎』と『花子』の便利なところです。

 明日の日中も,この作業の続きを進めることになります。


 今日から3日間は個人懇談。
 といっても,本来の予定では4日間なのだけれど,最終日に県の「教育課程研究集会」とやらが入り,出張に出なければならないので3日になってしまいました。「夏休みの始めには全県的に小学校では〈懇談〉が予定されている」ぐらいのことは,こういう研修会を設定する立場の人は知っておくべきことだと思うのですが…。それよりも優先すべき都合というものがあるのでしょうかね? なんだか不思議です。

 個人懇談の合間に,昨日打ち込んだ授業プランを教室用のWindows機の『一太郎」で開いてみました。
 Web上で確認したとおり,ちゃんと「UDデジタル教科書体」が使えました。
 「ほんとだ!」って,なんだかちょっと新鮮な気分です
 そうそう,「UD」というのは,「Universal Design」の略なのだそうです。これまでにも,他の書体で「UD」とついたものがあることは知っていたのですが,今回調べてみて初めて知りました。

 最終的には,『一太郎』で仕上げることになりそうです。
 『一太郎」がいいのは,文書のレイアウトがしやすく,『花子』で作成した図形を簡単に文書上に配置できるからです。
ということで,これから図形を一つひとつ作って配置していくことになります。
 懇談中は昼間に少しずつ図形を作って,懇談が終わったらこのPCも自宅に持って帰って作業を進めることになります。

 こうした作業が全部Macで完結できればいいのですが…。現状では難しいのが残念です。


 松崎重広さんの授業プラン「十進数と大きな数」に続いて(実はこれもまだ完成してはいないのですが…),後藤田明孝さんの『多位数の除法』(算数わかる教え方学び方⑪,国土社,1984年)の授業プランの部分を授業にかけられるようにコンピュータに入力しようと思っています。

 できればこの夏休み中にまとめたいと思っているので,早速作業に取りかかりました。
 といっても,「多位数の除法」だけでなく,その前段に掲載されている「復習をかねた「お話」特集」に書かれている内容も気になります。この部分には,「(1)分離量と連続量に関係したもの」,「(2)均等分布と図式に関係したもの」,「(3)わり算の意味に関係したもの」,「(4)わり算の筆算」とあって,(3)と(4)の部分は後藤田さん自身が「こんにちは÷算」という授業プランにまとめられています。といっても,「こんにちは÷算」も,ボクの手元にはザラ紙に印刷されたモノがあるだけなので,これらも含めてコンピュータ入力しようと目論んでいます。

 実は,今日は「こんにちは÷算」の部分を打ち込み始めたのですが,そのなかに「分離量と連続量」のことが出てきて,元の部分に戻って作業を始めないと,ボク自身がよく理解できないまま作業を進めていくことになってしまいそうなので,「分離量と連続量」から仕切り直したところです。

 今日発見した「UDデジタル教科書体」の感じもつかみたいので,『Word for Mac』を使って,テキストの部分だけをとにかくどんどん打ち込んでいます。

 このことによって,「÷多位数」だけでなく,その土台となっている部分から学び直しをさせてもらっているなあと感じます。水道方式再入門です。


 ちょっと前に話を聞いて,気になっていたフォント「UDデジタル教科書体」。
 「モリサワ」のホームページで見ると,月300円(年3600円)で使えるということです。
 「これなら使ってみようかな」と思ったのですが,Macに入れてある『Word』ならこれが使えることが判明。
 「いつの間に?」と思うのですが,バージョンアップしているうちに入っていたみたいです。
 残念ながら,使えるのはMicrosoftのアプリだけで,いつも使っている『Pages』や『Illustrator』では使えません。

 Windows10にはすでに標準搭載されているそうなのですが…。
 ん? ということは,ボクが職員室で使っている校務用PCなら使えるということですね。
 Macに乗せているWindowsも8.1から10に代えれば,『一太郎』や『花子』でも使えるということか…。
 「外国語活動」で使うカードやプリントも,これまでは奈良県立教育研究所のホームページからダウンロードしたフォントを使わせてもらっていたのだけれど,この「UDデジタル教科書体」で解決してしまうのかな? 
 もう少しよく調べてみることにしましょうか。

 んー,この夏に入力したいと思っている算数の授業プランの幾つかのフォントも,できることなら少しでも見やすいものにしたいなあ…。
 『Word』で作ればいいのか…。でも,『Word』は単純な文章入力は軽くていいのだけれど,罫線とレイアウトの扱いにくさが致命的…。だから結局,細かなレイアウト操作が必要な文書は『一太郎』を使うことになってしまいます。
 悩ましい話だけど,どうしようかなあ…(笑)


 朝,いつもの休みよりちょっとだけ早起きしたので,参議院議員選挙の投票に行って,そのまま学校へ。

 今年は,自宅で作業したいことがたくさんあるので,職員室机上のディスプレイや外付けキーボード,マウスなどを引き払ってきました。おかげで職員室の机の上がとてもスッキリとしました…(笑)

 そのまま帰宅して,春に仕事部屋に入った娘のお下がりの机に持ち帰った機器の数々を設置してみました。
 職場が変わって,職員室の机のサイズが小さくなったために使えなくなってしまい,仕事部屋の隅に置かれたままのディスプレイアームが復活させられるかと期待したのですが,残念ながら「またの機会に…」ということになってしまい,また棚にしまわれることになりました。使えたら,けっこう便利に使えていいんですけどね…。仕方がありません。

 電源タップやら,USBハブやらを加えて,もう少し整理したいところですが,とりあえずはこれで作業に取りかかることが出来ます。
 昨日は終業式。
 1学期が早くも終わってしまいました。

 なんともくすぶり感満載の学期末。
 2学期挽回せねば…って感じです。

 そんなこんなで気だるい土曜日をだらだらと過ごしています。

a href="https://blog-imgs-113.fc2.com/m/y/o/myozai/IMG_2243.jpeg" target="_blank">

 「携帯料金を安くできるから」と,1年前にうちにきたほぼ8インチのタブレット。
 昨年度中は,カミさんが大阪に持っていっていたのだけれど,まったく使われず…。

 年度替わりでまたボクの手元に戻ってきて,録画したテレビ番組のチェック用に使っていました。
 せっかくだからもうちょっと便利に使えるといいかなと思います。
 PDFファイルやKindleの閲覧に使うといいかな…とか,小さいから持ち歩きにもいいかもしれない…なんて思って,32GBのマイクロSDカードを増設し,ケースも購入してしまいました。

 
 サークルで利用してきたメーリングリストが12月始めに廃止になるので,その代わりになる方法を考えていました。
 メンバーの人数から考えると「LINE」で十分なのかもしれませんが,利用していない人もいるので,やはりメールが基本的な媒体となります。

 あれこれ調べてみると,Googleの「Googleグループ」というのを使うと,メーリングリストとして利用できるようなので,その設定をして試してみました。とりあえずテスト送信には成功したみたいです。
「みたいです」というのは,送信元のボクのところにメールが届かないからです。
何人かのメンバーにメールが届いているかどうか確認してみたら届いているということなので,大丈夫かなとは思いますが…。
 しばらく使ってみないと何ともいえませんが,うまく機能してくれるといいなあ。


 《浮力と密度》に必要なので,昨夜Amazonで注文した黒檀の製品が届きました。
 「オーディオ機器の下に敷いて音質改善」するための製品だそうです。
 一辺34㎜の立方体。

 レビューでは,サイズのバラつきが大きいようなことが書かれていたのですが,ケース越しに見る分にはそんな感じはまったくありません。

 それにしても,届くのが早くて驚きです。


 日中のサークルで「及川平治が気になりだした」という話をしたら,小野さんから「国会図書館のデジタルコレクションに何冊かあがっているよ」と教えていただきました。

 夜,さっそくアクセスしてみました。
 『分団式各科動的教育法』をPDFファイルでダウンロードしてみました。
 見開き2ページのコピーで三百数十ページをプリントアウトしたら,またまた大変なことになってしまいました…(^_^;)

 他のファイルは両面印刷かな…。


 第二土曜日でしたが,徳楽授サークルの定例会でした。
 採用試験直前ということで,受審する若い人たちはお休み。それでも,6人の参加がありました。

 今日は,《電池と回路》第4部。
 初めて受けるという人もいて,意見が分かれて討論も展開されました(笑)

IMG_2229.jpeg

 途中の実験も手伝ってもらいながら,いつもより「授業書体験の部」は短めに終わりました。
 その後の情報交換も,あちこちに話題が花開いて,豊かな時間を過ごさせてもらいました。

 来月も変則で,10日(土)の開催です。
 授業書は《浮力と密度》を予定しています。


 天気のいい日には自転車通勤を始めようと思って,ヘルメットと手ぶくろを買いました。

 少し運動しなくては…。


 ちょっと気になることがあって,及川平治について調べようと思い,「GoogleScalar」から関連しそうな論文をプリントアウト(もちろん両面)したら,こんなことになってしまいました…。

 学期末のあれこれがあるのだけれど,こんなときなのに(だから),いろんな「気になること」が湧きあがってくるのは世の常…(笑)

 最終的には,及川の著作に当たるしかないのでしょうが,徳島県立図書館のホームページで検索をかけても,「及川平治」も『分団式動的教育法』もヒットしません…(-。-;)
 古書検索をかけるとそれなりのお値段がします…。どうしよかなぁ…と思案中の土曜日です。


 今日は雨の月曜日。
 3時間目には地教委の学校訪問がありました。
 元々3時間目は理科だったので,迷うことなく《電池と回路》の授業をしました。
 
 若い頃とちがって,何の気をつかうこともなく自分がやりたい授業をいつもどおりに…。
 「見たければどうぞ」って感じです。

 子どもたちはちょっとだけ余所行きだったかもしれませんが,そう大きく変わることなく,ふだんどおりの姿で授業をしていました。

 家に帰ったら,自由にふるまっているご褒美か(何の?),オギノさんと仮説社からの届きもの。
 今月もありがとうございます。
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031