FC2ブログ
HOME   »  2020年03月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2019年度最終日。

 教室の片付けは,とりあえず合格点をつけられる程度には仕上がった。
 まだ,隣の部屋の授業セットは動かせていないけど…。

 明日転入してくる職員用にパソコンのIDとパスワードの設定をする。
 そのあと,男子職員トイレのそうじ。

 そして,今日でうちが最後になる校長さんと教頭さんを見送る。
 この2年間,管理職には恵まれたな。

 さてさて,新しい年度はどうなるだろうか…。
スポンサーサイト





 調子にのって携帯ガスコンロも新調してしまいました。

 これまでは,二十数年前に買った「キャンピングガス」のコンロを使っていましたが,最近はキャンピングガスのボンベ自体が取り扱われていません。

 ボクが買った頃は青いボンベの「キャンピングガス」の製品ばかりだったのになぁ…。
 ボクが買ってからしばらくすると,新しいメーカーの製品が店頭に並び出しました。
 その後,経営状態の悪化で「買収された」という話を聞いて,あの青いボンベを見ることがなくなりました。

 インターネット上で探せばまだあるようなので,それを手に入れながら残り短くなってきた教員生活をやりすごそうかとも思ったのですが,最近は家庭用のカセットボンベを使える機種が増えていることを知りました。
 そこで,安定の「イワタニ」の製品を見つけたので,思わずクリックしてしまったわけです。

 着火装置もついているし,使い勝手もよさそうだから,まあいいか…。


 この前から,《オリンピックと平和》がやたらと気になりだして,以前につくったスライドやら掲示物やらに手を加えて過ごしてきた。

 黒板に貼る年表も,通常のものではなくて,紀元前1000年頃から3000年分が示せるもの。
 これは授業するときに,ほぼ必需品。

 もう一つは近代オリンピックの開催(予定)都市を札にしたもの。
 これは別になくても…というものだけれど,三十回余りの分を並べてみるとそれはそれでいいかなと思って。

 それをプリントアウトして,ラミネートをかけた。

 もちろん,新学期が始まったら授業するつもりで。
 何年生だろうと関係ない。
 ボクが伝えなければ,子どもたちはおそらく一生ふれることのない授業だ。

 修了式の日に子どもたちからもらった手紙をじっくりと読んで,ボクがこの仕事をしている意義について,改めて考えた。今の学校で,ボクだから出来ること,ボクにしかできないことがある。そのことの重みを噛みしめる春休み中の一日。

 生活の中では,ボクじゃなくてもいい仕事にかかる時間の方がずっと多かったりするのだけれど…。
 世の中,理不尽なことが多いものだ。


 今日は若者二人は欠席…。
 ということで,コーヒー片手にひとり読み。

 昔,毎週金曜日にサークルをしていたときも,たびたび会場でひとり本を読んでいたことがあったな。
 それはそれで,貴重な時間になる。

 中世の「黒死病」は,概要はなんとなくわかったようなわからないような感じだけど,ピリオドを打つことにした。
 なんといっても中世だ。長期の数量データなんて出てきやしない。ということでグラフも描けそうにないので「ここらが潮時かな…」と思って。

 また,本来の筋道に戻ることにしましょう。

 今夜は軽めに終わります。


 昨日のアルミ製のミニテーブルに続いて,耐熱手袋も届きました。

 別にキャンプに行くわけではありません…(笑)


 先日注文したアルミ製ミニテーブルが届きました。
 折りたたみ式でコンパクトになります。

 買ったものの使う機会がない…なんてこともあるかもしれませんが,それはそれで仕方がありません。

 手袋はまだです(笑)


 和哉くんが講座をしてくれている間に,先月の《結晶》で間に合わなかった「ハイポ」を融解させて,再結晶するというのをうれしそうにやっていました。
 高知のMさんは素手でやっていましたが,アルコールランプの芯を出し過ぎたせいか「熱い!」

 それで,軍手をはめてやっていたのですが,さっきまでとはちがう熱さが…。
 最近,目の焦点が合いにくくなっているのですが,そのせいか,軍手の右手中指部分の先が焦げていました(笑)

 夜になると,軽く水ぶくれができていました。
 来年は火を扱うことも大惣なので,バーベキュー用の耐熱手袋と,ついでにアルミ製のミニテーブルをポチってしまいました。


 サークルの途中で,若者たちがうれしそうにチョコレートの包みを蛍光灯にかざしています。
 《自由電子がみえたなら》に出てくる「蒸着」の話です。

 チョコレートは,とあるメーカーのアーモンドチョコ。
 今回は,抹茶入りも取りそろえていました。

IMG_2679.jpeg

 この授業をするときに使えそうです(笑)


 今年度最後の徳楽授定例会でした。
 今回は8人の参加。

 和哉くんが《生物と種》を進めてくれました。
 (月末に予定されていた尼崎の入門講座が中止になったのは残念です)

IMG_2677.jpeg

 最後に,「生命の歴史」がスコーンと見通せる壮大な授業書です。
 高学年もったら,またやりたいな。


 先ほどの年表とグラフを合わせる件,さっそく『Illustrator』上でやってみました。
 せっかく日本の年表も入れてあるので,《日本歴史入門》のグラフを入れてみました。

 すると『歴史の見方考え方』の終わりの方に板倉先生が,「日本は昔から大国だったのだ」と書かれていたのが「ああ,そうか」と思えます。
 さて,明日からこれにあれこれ書き込みをしていきます。


 今日,公簿がほぼ仕上がりました。

 で,やっぱり気持ちは《オリンピックと平和》で,授業用のスライドを修正中です。
 昨日,授業書にある年表を『Illustrator』で作りました。

 夕方,帰宅してから,ヨーロッパの人口グラフを見ながら,ふと「この横軸を昨日作った年表と合わせたら,授業書を通して一貫した時間軸で提示できて,わかりやすいのでは…」と思いたちました。

 さっそく,スライド上でサイズを合わせてみると,このスライド上で具合がいいだけでなく,今ボクが調べているヨーロッパ史の年表を整理していく上でも役に立ちそうだということに気づきました。

 しばらく,これにどんどん書き込んでいったら,見えてくるものがあるでしょうか…。
 長期休業日でもないのに,授業もしない学校に行くのは苦痛です。
 かといって,仕事はいくらでもあるので,あんまり休むわけにもいきません。

 今日も,はじめのうちは公簿処理をしていたのですが,途中で「オリンピックモード」にスイッチが入ってしまい,《オリンピックと平和》のために以前作った掲示物の修正をし始めたら,すっかりそれに没頭してしまいました。



 ボクは,別に「東京オリンピック」に興味はありません。
 でも,古代オリンピックが生まれてきた背景や歴史的経過などにはすごく心惹かれます。
 もう一度勉強しようと思います。

 「どっちに転んでもシメタ」で,研究や勉強する機会にしないとやってられません。

 誰かの思いつきによって,学校現場がドタバタ状態の大迷惑をしてきたことはもう触れない。
 先週は《ものとその重さ》で,今週は《結晶》ということで,淡路島へ。

 今日はちょっと早めに家を出て,会場を通り過ぎた道の駅で海鮮丼をいただいてからの参加。



 いい天気だ…。

IMG_2651.jpeg

 いつもの場所で会がスタート。

 IMG_2652.jpeg

 ビー玉よりこっちがいいな。

IMG_2664.jpeg

 主催者のひとり,Mさんの名人芸。

 今週も,満足の2日間でした。


 突然,今年度の授業を打ち切られた。
 「理不尽」という言葉しか頭に浮かんでこない。
 あれもこれも,やりたいことが幾つもあったのに,すべては無しになってしまった。

 それでも,愛知のTさんを講師に授業書の講座。
 1日目の終わりに,主催者のOさんが持ってきた薬品を使ってみる。
  1回やってもらったけど,「ん? こんなんじゃない!」という感じの結果。
  飽和水溶液を作って,ひと晩おいたら,「おぉ〜,これこれ!」

IMG_2647.jpeg

 次,やる機会があったら,これでやろう。
 〔問題7〕とお話がここにある必然性も,ボクの中で氷解したし,こんなときだけど,いやこんなときだからこそ学ぶ甲斐があったなと思える。
 捨てきな仲間たちに感謝。
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031