FC2ブログ
HOME   »  2020年05月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 外国語の授業。
 どちらかというと苦手です。

 それなりにはやってるつもりですが,もちろんそんなにうまく出来ているはずはありません。
 教科書とデジタル教科書があるので,それでかろうじてという感じでしょうか…(笑)

 今夜は,これまでの何年かで作ってきた単語絵カードをプリントアウトして,ラミネートしました。
 けっこう作ってきたもんだな…と我ながら感心しています。
スポンサーサイト





 今日は休日出勤。

 急ぐものではないけれど,直前になってばたばたするのはイヤなので,通知表のファイルを各担任さんがデータ入力すれば使えるようにしてきました。
 各学級の子どもの名前と1年生以外の生年月日を別ファイルからコピー&ペースト。
 一部不具合のあった関数も修正。
 あとは所見欄のサイズを合わせればOKという状態です。

 ついでに,通知表入力マニュアルのプレゼンも改訂しました。

 それだけでおなかいっぱいになってしまったので,終了して帰ってきました。


 今夜は,アルゴン,ネオン,ヘリウム,イオウの色塗り。
 窒素,炭素は,前に塗ったものを使うことにします。
 土曜日。
 散髪行きたいな〜。
 眼科も行っとかないとな〜。
 というのが頭の中にありながら,日が過ぎて来ました。

 ボクの頭の中では散髪が優先だったのですが,今朝行きつけの散髪屋に行くと,すでに先客が複数。
 「こりゃダメだ…」とあきらめて,「それなら,眼科に行っとこうか」と予定変更しました。

 行った先の眼科もいっぱいでしたが,最初の予告よりも早く診察が回ってきました。
 ここで測ると,両眼ともそれなりの数字が出て,Dr.によると「10%ずつぐらい視力の低下は見られるけれども,今のめがねを変える必要はありません」。ただ,「右目と左目の像を調節するために,両眼で見ているときと,右目だけ,左目だけと脳がスイッチしているので,目が疲れやすい状態になっているようだ」との見立てです。
 じつは,この前自分で,目の見え具合を考えているときにハタと思い浮かんだことと一致したので,すんなりと納得することが出来ました。「ボクの脳って,すごいなあ!」なんて,心の中で自画自賛しながら…(笑)
 左目の内斜視は,「現状手術するほどの状況ではない」とのことで,これまたうまくつきあっていくしかないようです。

 ということで,疲れ目用の点眼薬をもらって終了しました。

IMG_2907.jpeg

 その帰りに散髪屋に寄ったら,グッドタイミングで待ち時間無しで入れました。

 そのまた帰りにガソリンスタンドに寄って,今日のミッションはクリアしました\(^O^)/


 《もしも原子がみえたなら》も佳境。
 ふつうの空気の分子が勢ぞろいしました。

 Macがきちんとつながるようになって,ディスプレイにあったサイズでシミュレーションが映っています(笑)

 次回,体に悪い分子です。

IMG_2906.jpeg

 去年買った風船用ヘリウムを充填。
 パンパンに入れたのに,なぜか中途半端にしか浮かない風船。

 子どもたちはこれを見て,大笑い…(-。-;)


 これまたネットで注文した,ミニディスプレイポートをHDMIに変換するアダプタが届きました。

 さっそくつないでみたのですが,やっぱりダメ…。

 もしや…
と思って,大型ディスプレイに刺さっている方のHDMIケーブルを挿し直すと何事もなかったかのように映りました。

 ハハハ…(^_^;)
 ありがちな話ですが,とりあえず問題は解決しました。

 今回買ったアダプタは教室用にして,これまで使っていた方は自宅の仕事部屋のディスプレイ用にします。
 


 この前登場した,水分子の風呂入り中の目玉おやじさん。
 休んでいた子が,まわりの席の子たちに「あれは何?」と尋ねて,まわりの子たちはそれを説明していました。
 それもなかなかほほえましく,おもろい光景でした。

 今日はその辺りのおさらいをしてから先へ進みます。
 シミュレーションを見て,すぐに「紫の!」と叫んだ子は,ボクがアルゴンの模型を黒板に貼ると「おっきぃ!」と言葉をつぎました。

 そのあと,ネオン,ヘリウムを紹介。
 ボクが「声変わりガス」を吸って,笑ってもらうのはいつもどおり。
 「風船用のヘリウムガス」と,「声がわり用のヘリウムガス」のちがいを説明したところでチャイムがなりました。

 今日も気持ちよく1時間が過ぎていきました。 


 先日ネットショップで注文した大阪サンセイさんから,早くも発泡スチロール球が届きました。

 今週末は,色塗りをがんばります。


 《もしも原子がみえたなら》2時間目はやや暴走気味。
 水分子のところまで入ってしまいました。


IMG_2877.jpeg

 満を持して,授業書2本をスタート。
 《もしも原子がみえたなら》と《オリンピックと平和》。

 どちらも気持ちよく授業させてもらいました。


 週明けから《オリンピックと平和》,《もしも原子がみえたなら》を始めます。

 直前になって慌てなくてもいいように…と思って,臨休中に発泡球の色塗りをしておくつもりだったのですが,あれこれと仕事がてんこ盛り…(-。-;)  本当に次々と湧いてくるんです。
 「子どもがおらんかったら,先生は暇やろ」なんて言っている人たちに見てもらいたいもんです。
 結局,やりたいことにはあんまり手をつけることができませんでした。

 ようやくその作業にとりかかることができる…と思って,一度学校に持ちこんで,そのまま引き払ってきた道具類を出しました。

 初めに,これまでに作った水分子のうち,酸素の部分の塗料が剥がれてしまったものの修正から。
 色を塗って永らく放置しておいたせいか,電熱線カッターで切ったときに,切り口から塗料が裂けたり剥がれたりすることがあります。そういうのは自分用に使うのですが,なかには「これはちょっと…」と思うものがあるのです。

 「水分子はほとんど消耗品と化している」とボクは思っているので,みなさんの補充の役に立てるといいなと思って,水分子を作っています。ずいぶん前は塗料を二度塗りしてお分けしていたのですが,手間がかかる分,作成量が少なくなります。
 それで,ここしばらくは一度塗りで作っていたので,そのせいかもしれません。

 ふだんはあまり使わない面相筆を使って,筆先に塗料をつけて慎重に塗っていきました。
 こういうのはかえって手間になります。
 二度塗りした方が効率的かもしれません。
 「人に分ける分は,カットしてから色を塗ってる」という人もいるので,その方がいいのかな?
 でも,面倒くさいのはイヤです…。

 そのあと,塗料の新しい缶を開けて,球の色塗りにかかります。
 これまた,以前に塗ったものを乾かした後,スーパーのレジ袋に入れて置いておいたものが互いにくっつき合って,塗料が剥がれてしまっているので,二度塗りから…(-。-;)

 それを100個ほど塗ったら,新しい球…
 と思ったのですが,段ボール箱の中に30ミリ球が思っていたほど残っていないことに気づきました。
 結局,先の100個と合わせて,酸素の240個分しか発泡球がなかったので,今日の作業はこれまで。

 せっかくやる気になったのに,残念です。
 普段使っていない2階の部屋の床に,塗り終わった赤い球を並べて乾燥させているところです。

IMG_2875.jpeg

 さっき,いつもお世話になっている「大阪サンセイ」さんのネットショップで発泡球をまとめて注文しました。
 33000円の注文で配送料が無料になります。
 今の形態のショップになってから,届くのが早くなったので,来週の週末は色塗りかな…。


 地元徳島にバンナイズという鞄メーカーがあります。
 これまでにも鞄やコンピュータやスマホのケースなど幾つか製品を手にしてきました。

 先日,このメーカーが「マスクカバーを生産した」というネットニュースを目にして,ネット注文しました。
 それが,今日,予定より2週間あまり早く届きました。
 かのマスクとはずいぶんちがいます…(^_^;)

 デニム地なので,これからの暑い時期の着用は厳しいかな…と思いますが,これから先も使う機会はいっぱいあるでしょう。
 サージカルマスクに重ねたり,内側のポケットにマスク用の交換フィルターを入れて使います。
 緊急時には,ティッシュペーパーやキッチンペーパーを入れて応急的に使うこともできます。
 石井町では,今日から学校再開。
 今日,明日の2日間は午前のみ。
 来週からフルタイムの授業が始まります。

 久しぶりに子どもたちの元気な顔を見ることができてうれしかったです。
 そのうえに,しばらく来ることができていなかった子が朝から教室に入ることができて,もう涙が出そうでした。

 予定していた,「スタートから授業書」はいきなり頓挫してしまいました。
 でも,うれしいスタートになりました。


 理科室の整理がほぼ完了しました。
 この作業で出た廃棄物,段ボール等の始末をするのに,いわゆる「すずらんテープ」を使いました。

 返し忘れたりするので,できるだけ小さくなった(残り少ない)ものを持って行くようにしているのですが,今回段ボールを束ねているうちにテープの終わりに立ち会うことになりました。
 いや〜,初めてですすずらんテープが芯だけになった姿…(笑)

 ものすごく堅くて,しっかりした芯でした。


 洗った集気びん(だいたい右半分)と広口びん(だいたい左半分)。
 こんなに使うはずがない…(笑)

 他のものも同様の状況で,理科室背面の棚を大量のガラス製品が占領していました。
 それらを必要な分に減らして,あとはケースに入れて,準備室に「予備」として片付けました。

 ガラス製品だけではありません。
 突出していたのは,試験管立てです。

 作業の合間に数えてみたら,長いの短いの,木製,プラスチック製とりまぜて,合計49!
 子どもに1つずつ配っても余ってしまいます…(-。-;)

 これも,棚に出すのは必要分にして,あとは段ボールに詰めて,目立つように「試験管立て」と太く大きな字で書いて,準備室の棚の上に入れました。けっこう大きな箱2つ分。これがまたピッタリサイズなんです(笑)

 明日,理科室の表示をしたら,大きな作業はお仕舞いかな…。

 あとは,細々したものを整理して,使いやすく調整していきます。
 午前中は,自主登校の子どもたちとすごしたり,書類を仕上げたり…。
 午後は理科準備室と理科室の整理作業の続き。

 準備室の方は,床をすっかりきれいにして,残りのこまごましたものの整理をするだけというところまできました。

 次に理科室に移って,ガラス製品を棚から全部出してみました。
 すると,なぜだか大小の広口びんと集気びんが混ざって,大量に出てきました。
 こんなにいらんだろうというぐらい…。
 おまけに,石灰水を入れたらしくて白く汚れたまま…。

 しかも,広口びんまで…(^_^;)
 どういうこと?

 こんなのは,その都度酸で洗えば済むことなんですが,たまってしまうととっても面倒くさいです。
 ということで,数十本のびんを,サンポールを薄めた液で1本1本洗うハメになりました。

 とりあえず,全部洗い終わったので,明日棚の並べ替えができそうです。

 あ,同じように石灰で白くなった試験管があったんだった…(-。-;)
 十年,二十年分の大そうじです…。 


 裏地になる布をもらったので,昨日作れなかった最後の1種類をマスクにしました。

 カミさん曰く,「ようけ作って売るんかと思った…」
 ハハハ。

 また,新しい生地が手に入れば,新作づくりにとりかかるかもしれません。


 今日も学校に行って,理科準備室の整理。
 まずは,残り半分の表示から。

 あとは,細々したものを整理することと,ろうかに放り出した廃棄するもろもろのものたちを処分すると,とりあえず使えるようになるかな…。

IMG_2860.jpeg

 続いて,ガラス製品の洗い物…(-_-#)
 使った人が責任もって片付けるのは基本ですが,この有り様。
 次の終礼では,ちょっと厳しめに「要請」することにします(笑)

 理科室の方はまだこれからって感じです。
 ぼちぼちいきます。


 届いた手ぬぐいで,マスク3種を縫いました。

 裏地にする布が足りなくて,もう1種類はまた次回ということに…。

 ボク的には,珈琲豆の「豆絞り」が気に入ってます…(笑)


 今日も休日出勤。
 やり始めた理科室・理科準備室の整理が授業再開に間に合うかどうか怪しい状況なので,少しでも進めておこうと思って…。
 この前作った表示を棚とケースに貼りました。

 せめて,使ったものを元の場所に戻してくれたらいいな…と思いながらの作業です。
 今日のところは準備室の半分。

 じつは理科室にも,使いっぱなしで放置されたものがあって,食塩やらミョウバンやらの結晶がきれいにできているものが…(笑)

IMG_2847.jpeg

 洗い物は明日に残し,鉄製スタンドを整理して,今日のところは終了。

 そのあと,職員室で《オリンピックと平和》,《もしも原子がみえたなら》の印刷をしました。
 臨休の間,みなさん事務的な仕事は処理できているのか,ボク一人なのでなんだかゆとりを感じながらの作業でした。

IMG_2850.jpeg



 この前,「きびしい授業」手ぬぐいを材料にしたマスクをつくったのですが,一部にジョークとして受けとめてくれない向きがあるので,ちがう路線を模索してみました。

 市販のマスクが底をついていたころ,2日も同じマスクを使っていると,髭の濃い,しかもアゴ髭伸ばし中のボクの場合,顔にあたる面の繊維がよれてきて,髭にかかる感触がなんとも不快でした。
 ところが,手ぬぐいを材料にしたマスクをしはじめると,肌触りがやわらかで多少の湿り気を帯びつつも気持ちよく使えることがわかり,できればこっちをしておきたい…という気持ちが強くなりました。

 それで,材料になる手ぬぐいをインターネットで検索し,気に入ったデザインのものを注文していたのが,今日届いたわけです。

 それぞれのデザインで1つずつマスクを作って(裏地は別のデザイン),残りの大きな部分は文字通り「手ぬぐい」として使おうかと思っています。
 手洗いの回数が増えて,普通サイズのハンカチでは小さいですからね。

 来週後半,子どもたちが戻ってきてくれます。
 授業の準備を始めます。
 午前中,脳ドックを受診してきました。
 視力低下と動脈硬化境界値は要注意とのことですが,とりあえずはセーフとのことでした。

 午後出勤をしてみると,「なんだかな〜」と思ってしまうメールがプリントアウトされて机上に置かれていました。
 なんとも残念です。

 《オリンピックと平和》の印刷原稿は無事に完成しました。
 この週末に授業書を印刷して準備します。

 帰宅すると,もう一つ残念な出来事が…。
 学校や授業について,改めて考えさせられました。
 やりたいことはいっぱいあるのに,毎日毎日やらなければならないこともいっぱい。
 当然のことだけれど,1日にできる仕事量には限りがある…。

 ということで,やりたいことよりもやらなければならないことを優先せざるを得ない毎日。

 それでも,今日は大きな文書を2つクリアできた。

 これで大きな山も下り坂かな…。
 やりたいこと(一番大事なこと)にやっとかかれる…かな?
 これまでも,長期休みにはアゴ髭を伸ばしてきました。
 通常は,肌の弱いボクの場合,2日に1回のシェービングなのですが,これがものぐさな人間にはまことに面倒くさい作業です。
 それで,風呂のついでに際剃りだけチャチャッとやれば済む,アゴ髭伸ばしの術で手抜き生活をしてきたわけです。

 休校が続いている今回も伸ばしているのですが,毛先が伸びてきて,そろそろ切りそろえなければなぁ…と思い始めたところ。
 今日,電気シェーバーの際剃り刃で軽くなでてやればいいということを発見しました。
 すでに利用している人はしているのでしょうが…(笑)

 それに,髭なんか伸ばしている人はそう多くいないでしょうから,あまり役に立つ情報ではありませんね。
 ハハハ…。

 それでも,以前はハサミでチョキチョキやってかなり面倒くさい作業だったので,「これなら楽チン」とひとりで悦に入っているところです。

 このまま休校が続けば,髭トリマーも必要か…なんて考えていたのでムダな買い物をせずにすんだのもよかったです。


 日中は学校へ。
 まずは,昨日の続きで準備室の整理に取りかかりました。
 でも,なんだか進んだような進まないような,微妙な感じ…。

 停滞感が強くなったところで切りあげて,気分を切り替えました。
 職員室で,週明けに出す課題を準備して袋詰めをします。

 ちょっと疲れてるみたいなので,明日は休みにします(笑)

 帰宅してからは,マスク作りの続きをしました。
 昨日つけて仕事をしたら具合がよかったので…。

 作り方に慣れたせいか,手際もよくなったみたいで,今日は3枚できました(^_^)b
 このまえの「きびしい授業」手ぬぐいに加えて,以前に組合の委員長にカンパしたときにもらった農村舞台の手ぬぐい。
 同じデザインばかりだとおもしろくないので,布の組み合わせを変えて3種類。

 これでしばらくいけそうです。
 今日の仕事がある程度メドが立ったので,懸案だった理科準備室をもう少し使い勝手のよいものにするために,整理を始めました。
 とにかく,うちの準備室,すき間にものを詰めこむだけ詰めて,何がどこにあるのかよく分かりません。
 これはボクだけではなくて,他の人たちも同じように感じていたようです。

 これまでの3年間,毎年「夏休みにやろう…」という気持ちはもつのですが,夏休みも相当いそがしいのが毎度のこと…。ということで,これまで実現せずにきてしまいました。

 我慢しきれずに(他の仕事をしたくなかっただけ…という話もありますが(笑)),とうとう手をつけてしまいました。
とにかく,今現在使うことのないものを,扉のついた棚に移します(もちろん,ボク自身が使うものは別です)。
それから,ガラス製品を理科室の方に移すことにしました。これで,けっこうなスペースが空きます。

 扉のついた棚を開けてみると,使われていないガラス製品がまとまって出てきました…(-。-;)
 包装から見て,相当昔に買ったもののようです。こういう引き継ぎがまったく行われずに長年放置されているのがうちらしいなあと思います。
 それ以外にも,なんだかよく分からない器具があったり,むかしの電話機が出てきたり,それはそれでおもしろかったりしますが,やっぱりため息の一つもつきたくなります。

 スペースがずいぶん空いたので,ある程度ブロックを決めてものの配置を決め,一目で見て分かる表示をすればいいかな。もう少し時間はかかりそうですが…。

 今日の掘り出し物です。

IMG_2843.jpeg

 本体がないのが残念。
 天秤の分銅でしょう。
 どう見てもこれで7瓩(㎏)はありません。

IMG_2844.jpeg

 新しい浣腸器が半ダース。
 《三態変化》がいっぱいできます(^_^)b
 


 水漏れしだしたコーヒーポット。
 本体と注ぎ口の接合部のロウ付けが劣化した様子だったので,材料を買ってきました。

 ガストーチは,授業で使っているカセットコンロにつけるものでも大丈夫だという情報だったので,今日は学校に行ったついでに忘れずに持って帰ってきました。

 「フラックス」という,ハンダでいえば松ヤニにあたる物を塗ってトーチで加熱し,そこに銀ロウをもっていくと熱で融けて,接合部に広がるというもの。
 事前に接合部を真ちゅうブラシなどで磨いてきれいにしておくこと,トーチで十分に加熱しておくことなどの注意事項を一応守ってチャレンジしてみました。

 結果は,上の画像のように…。
 中学生のころ,技術家庭の授業で初めて半田づけをしたときのことを思い出しました。
 あのときは,ハンダが団子のようになったことを覚えています(笑)

 今回もなんだかそれに近いなあ…。
 まあ,シロウトがプロのように簡単に仕上げてしまうのもなんだか申し訳ない話ですから,これでよしとしておきましょう。
 水を入れてしばらく置いておきましたが,どうやら水漏れは抑えることができた様子です。

 1回やっておけば,これから同じことが何度か起こっても,修理することができるかな…。
 回を重ねるごとにうまくなるかもしれません。

 今日使った材料と道具たちです。

IMG_2840.jpeg

 前に買った耐熱グローブも,匂いを除けばいい感じです。 


 時間ができてしまったので,知る人ぞ知る「きびしい授業」手ぬぐいを使って,マスクを縫ってみました。

 手縫いですが,まあまあええ感じでしあがりました。

 この手ぬぐいをくれた犬塚清和さんが亡くなって,もう少しで1年が来るんだな…。


 「今日はちょっと学校に行って仕事を進めようかな…」と思って,出発。

 土から姿を現した藍はとりあえず順調に育っている様子。
 まわりに出てきた野草を引っこ抜いて水やりをしました。

 ふと囲いのレンガに目をやると,小さな赤い虫が動いています。
 毎年この時期,草を抜いていると目にするやつです。
 上の画像には3匹写っています。

 アリの仲間かな…なんて思っていたのですが,家に帰って調べてみたら,ダニの仲間らしいです。

 校舎に入って仕事をしようと,教室棟に行くと入口の鍵が回らず,開けることが出来ません。
 「今日はやめとけってことか」と判断して,これからの作業用に大量に持って行った荷物だけ秘密の場所に詰めこんでおきました(某大学三階の話ではありません(笑))。

 きっと,次行ったときは,何の問題もなく開いてしまうんでしょうね…。
 


 朝起きて,豆を挽き,珈琲を煎れる。

 昨日,部屋の模様替えをして,窓ぎわにもっていったデスクに向かって書を開く。
 小窓から見える緑,流れ込む風,それにのってきた土の匂い。
 畑を耕すトラクターのエンジン音,鳥のさえずりも聞こえてくる。

 田舎の休日らしいなあ…。

 開いている『阿波藍経済史研究』(天野雅敏,吉川弘文館,1986)に,片対数グラフがいくつか掲載されているのを見つけた。
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031