HOME   »   ボクの授業とものづくり  »  ゼネコンにもいろいろ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 《ゼネコンで遊ぼう》を進めながら,何か実験結果がスッキリしないなぁ…と感じた。
 豆電球は暗いし,電球が着くときと回路が切れているときのハンドルの重さのちがいもよくわからない。
 今日は回路をショートさせた時のハンドルの重さのちがいを実験したけれど,これも微妙(−_−;)
 前にやったときはそんなことはなかったので,理科室にあった別のタイプのゼネコンと交換して実験してみたらスッキリ。

 放課後,メーカーのカタログを見てみると,ゼネコンには高出力タイプのものと低出力のものがあることがわかった。今回うまくいかなかったものは,低出力タイプのものだったみたい。

《ゼネコンで遊ぼう》の授業には,高出力タイプが必要。
スポンサーサイト
NEXT Entry
彫り始めた
NEW Topics
徳島楽しい授業の会2017年10月定例会
トラックボール
《宇宙への道》終わり
《30倍の世界》準備
ポータブル(?)バッテリー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930