HOME   »   ボクの授業とものづくり  »  セルロースの模型
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
mini燃焼板書

 《燃焼》も第2部に突入。
 セルロースを連結して黒板に掲示してみたら,やっぱりいい感じ。
 今年は専科なので,次の時間の準備だけに休み時間を使えるというのも大きいのだけれど,「これなら,黒板の残り半分つなげるだけの分を作ってしまおうかな…」という意欲も生まれてきそう(今はとても無理だけど…)。こうして何度も授業していると,「バラバラになりながら酸素分子がくっついて二酸化炭素と水が空気中に飛んでいく」様子がおぼろげに頭に浮かんでくるような気がする。
 子どもたちがそんなイメージをもてるようになってくれるといいなあと思いながら授業する毎日。
スポンサーサイト
NEXT Entry
花のある理科室
NEW Topics
徳島楽しい授業の会2017年10月定例会
トラックボール
《宇宙への道》終わり
《30倍の世界》準備
ポータブル(?)バッテリー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031