HOME   »   仮説実験授業・たのしい授業  »  わくわく用分子模型色塗り完了
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今年のわくわく科学教室用の色塗り。
 市販されている発泡スチロールの球に爪楊枝を突き刺し,水性ペンキを刷毛で塗った後,発泡スチロールの箱などに並べて刺して乾燥させる。よく,発泡スチロールから球を削りだすことまで「手製ですか?」と声をかけてくれる人がいるが,そうではない…(^_^;)
 ボクは,この作業があまり苦にならないので毎年引き受けているのだけれど,今回は作業が一気に進まず,だらだらと長引いてしまった(^_^;)
 年々,集中力と体力が衰えてきていることを感じる。

 硫黄に使う黄色と炭素の黒は,二度塗りが必要で,今日,硫黄の二度塗りが終わって,3クラス分2400個分の
色塗りが完了した(^_^)b

 黄色・橙色・桃色の塗料は,A社の製品を使っているが(近くのホームセンターで手に入るので),やっぱり乾燥させてもベタつきが残る。次回からは,他の色と同様K社の製品を使うことにする。(詳細は「小樽分子模型の会」のホームページをご覧ください)。

mini写真
スポンサーサイト
NEXT Entry
水泳練習
NEW Topics
《30倍の世界》準備
ポータブル(?)バッテリー
月と太陽
「資料」製本
「揺蕩(たゆた)えども沈まず」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031