HOME   »   仮説実験授業・たのしい授業  »  『授業書とのつきあい方3集 日本歴史入門』から
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
mini20130916ガリ本_2

林さんの「あとがき」から
「教師は人を元気にするのが仕事です。自分の仕事が人に明るさをもたすことほどうれしいことはありません。《日本歴史入門》の授業書には,〈時代の変わり目を明るくたくましく生きる人々の姿〉が描かれています。社会を,時代を支えているのは人々の日々の生産活動です。ぼくの仮説実験授業の1時間1時間が子どもたちの明るさや元気さを少しでも支えることにつながればいいなあ,そんなことを思いながら,新年の授業を始めたいと思っています。」

 このことが伝えられたらいいなあ。
スポンサーサイト
NEXT Entry
歴史の見方考え方 (いたずら博士の科学教室 3)
NEW Topics
顕微鏡再び
顕微鏡…
初プール
徳楽授定例会2018年06月
あれとこれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

岡本賢司(オカケン)

Author:岡本賢司(オカケン)
徳島で小学校の教員をしています。
仮説実験授業研究会会員。
徳島楽しい授業の会。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930