HOME   »   仮説実験授業・たのしい授業  »  徳島楽しい授業の会2013年09月定例会
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 サークル定例会。
 参加者は小野さん,香川から市原さん,岡本の3人。

 はじめに,「教育課程」に持っていった資料と,香川のTさんが退職されたことにかかわってボク自身が仮説実験授業にかかわってからのことをふり返った資料を報告。あまり外には出せない内容だけれど,近い人たちには伝えておくべきことも含めて資料にさせてもらった。ボクたちのサークルも,18年が過ぎたんだなあとちょっと感慨深い。

 続いて,市原さんから夏に参加したさまざまな会について話を聞かせてもらった。

miniIMG_9958.jpg
 これは,四国大学でのわくわく科学教室で,「1億倍にすると…」の場面で使ったもの。こういうのを作っておくといいなあ。

mini安藤さん考案
 これは,高知のAさんが考案したというおもちゃ。コイル状に巻いたアルミニウムの針金を伸ばして,短く切ったストローを配色を工夫して並べる。ストローがはずれないように針金の両端を折り返したら,ストローを落として遊ぶ。単純だけど,しばらく眺めて楽しめそう。

 予定していた《はじめての世界史》は,次回に持ち越し。
 運動会が終わったら,ボクもそろそろ授業書をスタートしよう。

スポンサーサイト
NEXT Entry
《1と0》を学ぶ会
NEW Topics
《30倍の世界》準備
ポータブル(?)バッテリー
月と太陽
「資料」製本
「揺蕩(たゆた)えども沈まず」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031