HOME   »   便利なツール  »  差し込み印刷
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今年もわくわく科学教室に参加してくれる子どもたちの名札の作成を作りました。
 今回は,『Word』の差し込み印刷機能を利用して作成するつもりで作業にかかりました。

 昨夜,長時間かけてあれこれと試したのですが,どうも思うように作ることができません。
 仕方がないので,教室で授業用に使っているWindowsパソコンの『一太郎』を使って,今までと同じようにやってみると,300人あまりのラベル印刷が1時間ほどで終わってしまいました。昨夜の四苦八苦は一体何だったのでしょうか…(^_^;)

 『一太郎』では,1枚の元になるデータを作成して,それに差し込み印刷の設定をすると,他のレイアウトはそのままにすべてのデータが入った印刷をすることができます。
 『Word』もそうすることができるのかもしれませんが,画像を貼り付けたり,フォントの設定がスッとはできません。ボクがやった手順では,差し込み印刷でデータを流し込んだ後に,全てのラベルに設定をし直さなければなりませんでした。これは手間がかかります。
 単にボクが『一太郎』の操作に慣れていて,『Word』の操作に慣れていなかっただけのことかもしれませんが,ボクがイメージした名札を作るためには『一太郎』の方が圧倒的に簡単に作ることができました(フォントやレイアウトをいじる必要のない通常の宛名ラベルレベルのものなら,『Word』でもそう手間をかけずにつくることができます)。
 Macに完全移行したいのだけれど,こういうこともあります。たいがいのことはMacで十分にできるのですがワイヤレスタブレットや書画カメラにも同様のことがあって,教室に安いWindowsパソコンを置いています。


* その後,小野さんから「ラベルメーカーのダウンロードソフトを
 使っているよ」と教えてもらったので,ネット検索してみると,Ma
 cでも使えるものがあることがわかりました。
  次回は,それを使って試してみようかと考えています。
スポンサーサイト
NEXT Entry
今年も…
NEW Topics
勢いで一気に…
徳島楽しい授業の会2017年06月
《燃焼》が終わりました
成功!
資料の整理…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930