HOME   »   メダカなど  »  主客転倒
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 昨日,幸せ感のあまり手をつけることができなかった仕事を処理するために朝から学校へ…(-。-;)
 いきなりトップギアに入るわけもなく,アイドリングはメダカちゃんたちのエサやりからスタートしました。サッサと本題にかかってしまえば早く終わるのですが,気持ちが入らない仕事にはなかなかやる気が起こりません。それもまあ,「人間らしくていいか」と思うことにしています。

 ということで,別棟の3階にある理科室に行って,3つの水槽それぞれにエサを入れてやりました。
 今日は乾燥イトミミズを選びました。何種類かのエサを置いてあるのですが,その日のボクの気分でメニューが変わります。
 この乾燥イトミミズ,乾燥(たぶんフリーズドライ)されたうえに,1辺7,8㎜の立方体に押し固められています…。見ているとなんだかもの悲しくなってしまいます。いつもはこれを小さくほぐしながら水槽に入れるのですが,今日は「塊を入れるとどうなるんだろう?」と思って,ポトリと落としてみました。

 すると,スジエビを入れた水槽では,メインのメダカでなく,スジエビが乾燥イトミミズの塊に飛びついてきて,抱え込んでしまうではありませんか…(-_-#) まさに肉食!そして,「主客転倒」。その有り様はあんまりかわいくありません。
 見ているうちにだんだんと腹が立ってきたので,メダカには別に塊をほぐして入れてやりました。


 
 スジエビの入っていない別の水槽では,水を含んで自然にほぐれたイトミミズをメダカが突っつくようにして食べています。中にそれからこぼれた分が底の方に落ちていっていますから,これがミナミヌマエビのエサになっているのでしょう。さっきのまるで餓鬼地獄絵図のような浅ましい光景を目にした後なので,こっちがやたらとかわいく思えてしまいます。見ていて癒やされるのは,やっぱりミナミヌマエビの仲間です。ちっちゃいし。

 それから,タマゴから孵ったばかりのちっちゃな子メダカが数匹泳いでいました。
 「あ〜,こっちにスジエビ入れなくてよかった〜」とホッとしました。入れていたら食われているにちがいありませんから…。

 とりあえずの儀式が終わってしまったので,仕方なく職員室に戻ってようやく仕事にかかりました。
 やり始めてみると,なかなか快調に進んで,3つの文書が完成しました。
 「とりあえず,今日はここまでで許してやるか!」ということで帰ってきました。今の職場に変わってきて,平日はあまり遅くまで残らないようにしているからこういうことになるのですが,人がいない方が仕事がはかどるのでいいです。でも,仕事の山が減った気がしないのは達成感がなくてイヤです。 
スポンサーサイト
NEXT Entry
《虹と光》ディートリヒさんの実験
NEW Topics
藍の花咲く
校区を歩く
綿の実がはじけました
やっぱり藍色が…
ろうかの磨きあげ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930