HOME   »   便利なツール  »  不具合の原因
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 年末にMacの電源が頻繁に落ちるようになったので,あれこれネットで検索したあげく,サポートセンターに問い合わせをする事態に陥りました。その後頻度は少なくなったのですが,0にはなりませんでした。
 ところが,あることをきっかけにこの不調がまったく現れなくなり,原因がわかったのです。

 12月になって,講座に参加してくれる人に配る資料を作るのに,以前書いたレポートを整理しようと思い立ちました。昔の文書を読み込むためには『一太郎』が必要です。そこで,「パソコンを2台使い分けるよりもMacでWindowsを走らせた方が便利だ」と判断して,削除していたアプリを入れ直したのです。それは不調が起こるよりもだいぶ前のことだったので気にしていなかったのですが,SSDの容量の問題で削除したところ,不具合がピタリとなくなったのです。
 その後は,また以前のように絶好調のMacにもどったとさ…。めでたしめでたし…,か?

 昨夜の打ち上げのときに,香川の宮西さんから「Macの調子,どうなの?」と尋ねられて,そのことを思い出したので,参考のためにアップしておきます。
スポンサーサイト
NEXT Entry
資料書き
NEW Topics
勢いで一気に…
徳島楽しい授業の会2017年06月
《燃焼》が終わりました
成功!
資料の整理…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930