HOME   »   雑感・日々の出来事  »  やっぱりいい
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 愛知の竹田さんが発行されているメールマガジンが届きました。
 12月のサークルで書きたてを発表してくれた和哉君の資料が掲載されていました。正月明けの冬の大会で発表したものだそうです。
 最初に聞かせてもらったときも「いいなあ」と感じましたが,やっぱりいろんな人がそう感じるんだなと思って,さらにうれしくなりました。
 こういう若い人が近くにいてくれて,とっても心強いです。
 もしかしたら,仮説実験授業に出会わなければ教員にはなっていなかったかもしれない人たちが,仮説実験授業に出会ったことで学校で授業をするようになる。そのことが少しずつ学校を変えていく力になるのではないかという気がしています。20年先がなんだかとってもたのしみです。そう簡単には死ねないですね。
スポンサーサイト
NEXT Entry
なんで?
NEW Topics
リニューアル
メダカ孵化
古巣へ
顕微鏡再び
顕微鏡…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

岡本賢司(オカケン)

Author:岡本賢司(オカケン)
徳島で小学校の教員をしています。
仮説実験授業研究会会員。
徳島楽しい授業の会。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930