HOME   »   雑感・日々の出来事  »  インフルエンザの波が…
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 休み明けの一日目。
 朝から職員室の電話がひっきりなしに鳴り続けていました。
 インフルエンザの波が押し寄せてきたようです。

 うちのクラスはポツポツですが,多くの子どもがかかった学年は学級閉鎖ということになります。
 高学年の子どもたちは来週末に県の管楽発表会があります。これまでにずっと練習を頑張ってきた子どもたちの大きな舞台。無事に出場できるように,これ以上広がらないことを願うばかりです。

 今日は,《木版画》も彫りに入りました。この時間も,サクサクサク…と彫刻刀が版木を彫る音だけが響いていました。早い子どもは次回に彫り終わりそうです。隣のクラスもいい感じで彫り進んでいるようです。

 それと,今日になって突然に,またまた新たな仕事が舞い込んできました。学校が受けているNIEの指定研究に関して,2月にある協議会で報告をしなければならないそうです。全国大会の公開授業もしたし,その後の徳島観光パンフレットづくりもあちこちでとりあげられたこともあって,ボクの学年でカタをつけるしかありません。「もう勘弁してほしいなあ…」と思うのですが,そうもいかないようです。文書で報告したものをベースに発表資料を作り,今夜はプレゼンづくりの作業にかかりました。しんどい仕事はさっさと終わらせるに限ります。
スポンサーサイト
NEXT Entry
げんなり
NEW Topics
《30倍の世界》準備
ポータブル(?)バッテリー
月と太陽
「資料」製本
「揺蕩(たゆた)えども沈まず」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031