HOME   »   ボクの授業とものづくり  »  補教でキミ子方式
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今日は,隣のクラスの主任さんが出張で不在。
 午後は自分のクラスは授業してくれる人がいるので,隣のクラスの補教に入りました。
 2時間もらって図工をすることにして,絵の具セットを準備してもらいました。


thIMG1559.jpg
thIMG1558.jpg

 1時間目は「色づくり」。
 「色の三原色」の話をして,パレットや絵の具等の置き方,色のつくり方を説明したあとは,次々と自分がつくった色を画用紙の上にのせていきます。しばらくすると,要領を得た子どもたちが黙々と作業を進めていくようになります。このときの子どもたちの顔がすごくいい。チョコチョコとアドバイスを入れながら,子どもたちの顔を見て歩き回るのが気持ちいいです。
 休み時間はきっちり休んでもらって,2時間目のはじめの10分ほども続けてもらいました。
 そのあとは,「モヤシ」。
 子どもたちは,「エェ〜?! なんでモヤシなんですか?」なんて声を挙げましたが,説明をして描き始めると,また黙々…の時間です。

thIMG1562.jpg

 感想を書いてもらう時間がなかったのが残念でしたが,まあ,いい時間を過ごしてもらえたのではないかと思っています。

〈追記〉
 翌日,担任の先生から,「3/4の子どもが日記に図工のことを書いていた」という話を聞かせてもらいました。「モヤシが新鮮だった」,「すごくたのしかった」などの子どもたちの声も…。うれしいです。
スポンサーサイト
NEXT Entry
MacBook Air
NEW Topics
やっぱりこっちかな
なんで?
今日は県立図書館へ

勢いで一気に…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

岡本賢司(オカケン)

Author:岡本賢司(オカケン)
徳島で小学校の教員をしています。
仮説実験授業研究会会員。
徳島楽しい授業の会。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031