HOME   »   ボクの授業とものづくり  »  藍染めで和風ペン立て
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 学校で,5・6年生が蒅(すくも)から藍の染料を建てて,藍染めをしています。
 この染料の世話がなかなか大変で,手間がかかります。その世話の合間に,数枚の障子紙を染めてみました。
 あまり液の調子がよくないので,最盛期のような深く濃い藍色ではないのですが,染める回数を増やしてそれなりの色まで濃くしてみました。

 今回は,染めた障子紙を黒田康夫さん(京都)の『和風ペン立て』(仮説社)に使ってみたらどうだろうかと思って試してみたのです。
 その結果,画像の通りなかなかいい感じです。

 今年はどうやら藍の液が限界を迎えつつあるので無理なのですが,また来年,機会があれば挑戦できればいいかなと思っています。
スポンサーサイト
NEXT Entry
組合の学習会
NEW Topics
やっぱりこっちかな
なんで?
今日は県立図書館へ

勢いで一気に…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

岡本賢司(オカケン)

Author:岡本賢司(オカケン)
徳島で小学校の教員をしています。
仮説実験授業研究会会員。
徳島楽しい授業の会。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031