HOME   »   ボクの授業準備と教材づくり  »  《ふりこと振動》2時間目
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 《ふりこと振動》2時間目。
 きのう,〔問題1〕の説明までしたのだけれど,今日は理科室に大きな脚立を持ち込んで,ふりこを天井から吊して,10往復数えて「ストップ」をかけるという「ストップ・メソッド」の説明も含めて,もう一度問題の中身を確認しました。
 「おもりの勢いと動く距離が相殺される」という意見があれば,それでも「動く距離が長い」,「勢いがない」という意見が出ました。今回は討論にはなりませんでしたが,すでに○○ゼミなどで内容を知っている子どももいる割には予想が割れました。
 この実験結果を見ての〔問題2〕は,「相殺説」がほぼ全員という感じになりました。
 いつものように飄々と,授業は流れていっています。

 夜,〈木綿と歴史〉を読んでいて,綿の購入費用,糸紡ぎ手間代,織り手間代よりも染め代が多くかかるということが書かれていました。前にサークルでやったはずなのですが,細かい中身はすっかり忘却の彼方です…(^_^;)
これもまた,気になる話となりました。
スポンサーサイト
NEXT Entry
やっぱり…(-。-;)
NEW Topics
顕微鏡再び
顕微鏡…
初プール
徳楽授定例会2018年06月
あれとこれ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

岡本賢司(オカケン)

Author:岡本賢司(オカケン)
徳島で小学校の教員をしています。
仮説実験授業研究会会員。
徳島楽しい授業の会。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930