HOME   »   ボクの授業とものづくり  »  今日も《沖縄》
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 5時間目は社会。
 進行中の《沖縄》の授業です。
 年度末の慌ただしさの渦中で,ついつい子どもたちに要求することが増えてしまっているなあと我が身をふり返って反省させられる毎日…(^_^;)
 それでも,授業書を進めている時間だけはなんだか穏やかにいられるのが不思議です。
 子どもたちも,なんだか柔らかく授業を受けてくれて,手の挙がり具合もちがうような気がします。

 午前中の20分休みには,職員室に女の子たちが「先生,大変!」と飛び込んできて,慌てて教室に戻ったボクに「しょうもないことで揉めるな!」と怒鳴り声をあげさせた子どもたち。4時間目の音楽では「ルパン三世」の合奏を「もっといっぱいの人たちに聞かせたい」と思えるぐらいバッチリと決めてくれました。
 昼休みは,ボクはひとりで体育館に入り,卒業式のイス並べに向けてのマーキング作業。他人が絡むと思考が散ってイライラしてしまうので,こういうときは誰にもさわらせないし,周りの人たちもそっとしておいてくれるのがありがたいです。

 そのあとの5時間目はなんだか和気あいあいでうれしいひとときでした。
 本当に何気なく授業書を読んで,子どもたちの予想を聞いて,考えを発表してもらう。意見があれば言ってもらうし,なければそのまま予想変更を聞いて,お話を読む。なんでもない,ほんとうにありきたりの出来事なのだけれど,そのなかで子どもたちが聞かせてくれる考えや表情がとってもいいなあと思えます。ふつうにこういう時間をもてることは,ほんとうに幸せなことだなあとふと感じました。
 怒鳴ったことも,イライラすることも,うれしいことも,よかったことも,生活の中で起こったいろんなことやそれについてまわる感情が,その間はどこかにいってしまっています。不思議なのだけれど,それが教室で授業をしているときの話なのだから,授業書ってすごいです。
 そのままの空気でずっといられたら,きっとボクの教室はすごいことになっているのでしょうが,残念ながら日常のボクはそんなにステキではいられません。授業書をする時間がボクにはとっても大切な時間なのだということを,改めて感じた1時間でした。
スポンサーサイト
NEXT Entry
コンピュータが戻ってきた
NEW Topics
勢いで一気に…
徳島楽しい授業の会2017年06月
《燃焼》が終わりました
成功!
資料の整理…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930