HOME   »   メダカなど  »  もつべきものは…
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 昨日の記事について,Facebookで神奈川のAさんにコメントで教えてもらったので,今日はカバーガラスをかけずに見てみました。当たり前ですが,これだとつぶれずに見ることができます。「カバーガラスをかけるもの」という固定観念にとらわれて何度も失敗していたのですが,「なくてもいい」世界を知ると「ああ,そのとおりだなあ」という感じです。
 今日,Aさんからの新たなコメントでもう一つ教えてもらったので,今度はこれを試してみようと思います。

 一晩おいたペットボトルをのぞくと,なんだかボルボックスが増えているような気がします。が,まばらであることはまちがいないので,顕微鏡にセットしても視界から外れると,「あれ?どこに行った?」ということになってしまうので,今日の5年生の授業では見てもらうことができませんでした。今度濃縮して再チャレンジです。
 結局,今日のところは,ペットボトルに入ったままの水を机ごとに持って回って,ボルボックスとケンミジンコを見てもらいました。これはこれで,子どもたちの視聴率はとっても高かったです。

 まん丸のボルボックスがたくさん,淡い緑色の水玉模様みたいに水に漂っている様子が,なんだか飄々としていて,ボクのお気に入りとなってしまいました。しばらく眺めていると,ふと宮沢賢治の童話の世界が頭に浮かんできました…。

 授業の合間に,廊下のペットボトル水槽をのぞいてみると,何やらあやしい動きをする生物が…。
 どうやらボウフラのようです。スポイトで吸って,親メダカの水槽に入れ,エサになってもらいました。

miniIMG_1960.jpg

 そして,家に帰ると,黄色い封筒。

miniIMG_1966.jpg

 もちろん,淡路島のOサマからでした。
 わくわくしながら封を切って,現在いただいた資料を読み進めている最中。
 理科の成績も出したので,つかの間の休息といったひとときです。
 Oサマ,ありがとう。

 こうしていろんな人たちのおかげでたのしい授業ができたり,心をほっとさせることができたりしています。
 ついついイライラしてしまうことが多いボクにとっては,本当にありがたいことです。
 もつべきものは「研究仲間」です。
スポンサーサイト
NEXT Entry
Volvoxに首ったけ
NEW Topics
勢いで一気に…
徳島楽しい授業の会2017年06月
《燃焼》が終わりました
成功!
資料の整理…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930