HOME   »   仮説実験授業・たのしい授業  »  全国大会最終日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 大会も3日目で最終日となりました。

 「アンコール」分科会にするか,「仮説検証授業」分科会にするか迷ったのですが,後者を選んで参加しました。
 これがまた,とてもよかったです。
 全般的に数学嫌いだったボクの中でも,とりわけ「証明」はハッキリと嫌いなランキングに入るところです。

 それが,今回兵庫のDさんの《図形と角度》の報告を聞いて,「これ絶対にやりたい!」と思い,岡山のYさんの《円と角度》の報告を聞いて中学生の姿に涙するということになりました。
 まさか数学教育の報告を聞いて感動し,鼻の奥がツンとして涙を流しそうになるなんて思いもしませんでしたが,数学本来の姿ってそうだったんだろうなぁと思いながら,Yさんの授業を受けた生徒さんたちの姿と古代ギリシャの数学者たちの姿を重ねてしまいました。子どもたちがうらやましくて,それをじかに見ているYさんもうらやましくて,「中学生の時代にこんな数学を受けてみたかったなあ」と数学ギライのオッサンは思うのでした。

 そのあと,大急ぎで楽市場を片付けて,ホールの全体会へ。

 朝,FacebookへのコメントでAさんの教え子Yさんから「3人でそろって写真を撮ってくださいね」というコメントをもらっていたので,大会終了後写真を撮ることにしていました。Aさんは実行委員なのでその姿はすぐに見つけられたのだけれど,Oさんの姿がなかなか見つけられません…。うろきょろと探していると,前の方から声をかけていただきました。

miniIMG_0052.jpg

 東京大会一番の記念となりました。

 そのあと,大会での出来事や思ったことを整理しておきたかったので,そのまま羽田空港に向かいました。
 電車・モノレールで参加者のみなさんとご一緒させていただきながら,改めてあれこれと考えを深めることができました。
 空港に着いたら急いで土産を買い,荷物を預けて,空いている席に座ってPCを開きます。
 2日目までは,夜のうちにホテルで記録をしていたので,今日の分科会と全体的なことを打ち込みました。
 そうこうしているうちに,3時間ほどがあっという間に経ってしまいました。で,無事に徳島に戻ってきました。
 仮説実験授業の研究会に参加すると,ノーミソが激しく使われるのでものすごく疲れます。きっと2,3日ダメージが抜けないことでしょう。

 明日から戻ってくる日常についていけるのか…とちょっと不安です。
スポンサーサイト
NEXT Entry
新しいレンズ
NEW Topics
サークル準備
昨日の続き
遅ればせながら…
藍畑と桑畑
いよいよグラフに
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031