HOME   »   仮説実験授業・たのしい授業  »  サークル準備と《宇宙への道》
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 午前中,学校に行って《宇宙への道》打ち込みの最終確認をしながら,採用試験対策で同僚の小論文を読みました。
 昨夜の学習会にも来ていて,最初に書いたものを読んでボクが感じたことを伝えて,それをふまえて改めて書いたものです。

 やっぱり文章は,「書く→推敲する」という作業を経なければ読めるものになっていきません。こればかりは,本人が時間とエネルギーをかけてやるしかないのです。
 試験対策だから多少のノウハウはあるにしても,やはり書き重ねていくことで自分自身で言葉を研いでいくしかないんだなぁ。もちろん,その前提には「自分はこんな教員になりたい」「教員としてこんなことをしたい」という思いがあってのものですが…。もちろん,その思いにしても,はじめは漠然としたものでしかありません。それが,書く作業を通してだんだんと鮮明になってくるのがおもしろいです。
 ボクたちは,かなり早い時期からこの「書く」作業にかかることをすすめています。残念ながら,その意図が伝わらず,二次の試験直前になってバタバタ…というのがふつうになってしまうのですが…。

 昼までこれにつき合って,夕方からまた《宇宙への道》の作業をし,とりあえず仕上がったところです。

miniIMG_0109.jpg

 まだ「ここはどうだろう?」と思うところもあるので,まわりの人たちに相談してみようと思っています。

 そのあと,明日のサークルの準備にかかりました。
 自分が書いた資料の準備と,《対数グラフ》に今回から参加する人がいるので,これまでのグラフを印刷して配ることにしたので,改めてグラフを3枚描き直しました。



 手間がかかって面倒くさいのですが,やはり描いてみるとおもしろいです。
 「藍」の生産量もうまくグラフ化できるといいです。

 それから,「光と発芽」の問題を考えるために,ハトのエサを買ってきました。
 「こんなにいらんのに…(-。-;)」と思うぐらい大きな袋に入っているものしかなくて,買うのに躊躇してしまったのですが,それしかないので仕方なく買ってきました。
 少し気温が高すぎるのが気にはなりますが,サークルのあと(前?)に実験にかかろうと思います。そのあと,少しずつ農作物を中心にタネを手に入れながら試していこうかなと画策中です。
 さてさて,どうなりますかね。
 明日のサークルで予想を聞いてみることにします。 
スポンサーサイト
NEXT Entry
徳楽授定例会2015年08月
NEW Topics
昨日の続き
遅ればせながら…
藍畑と桑畑
いよいよグラフに
閉館間際まで…
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031