HOME   »   タネ  »  発芽実験その5
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 スペースが空いたので,3つ分セットしました。

 まずはレンゲソウ。
 ボクは小さいころ,「レンゲ」と呼んでいたのですが,wikipediaでは「レンゲは蓮の花」を指すらしいです。
 これは「ゲンゲ」の項にありました。「レンゲソウ(蓮華草),レンゲとも呼ぶ」だそうです。
 マメ科ゲンゲ属。

 マメ科のタネらしく,マメの形をしてますね。

 そして,アブラナ(ナノハナ)
miniIMG_2312.jpg
 昨日試したカブのタネとよく似ています。
 混ぜたらボクには見分けがつかないと思います。

 さらに,コマツナ。
 これは,ホウレンソウと一緒にやろうと思っていたのに忘れてしまっていました。
miniIMG_2315.jpg
 これもアブラナ属で,アブラナ,カブと似ていますが,こうしてマクロ撮影すると,胚乳の部分にくっきりと筋があるという特ちょうがわかります。

 アブラナの仲間はこれまでも発芽が早かったので,アブラナとコマツナは明日にでも芽が出るのではないかという予想。
そして,たぶん,光が当たる当たらないにかかわりなく発芽すると思います。
 レンゲもマメ科なので,どちらも発芽という予想です。これもきっと,発芽は早いでしょうね。

 さて,どうなるでしょうか。
スポンサーサイト
NEXT Entry
行き場のない子房柄
NEW Topics
サークル準備
昨日の続き
遅ればせながら…
藍畑と桑畑
いよいよグラフに
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031