FC2ブログ
HOME   »   雑感・日々の出来事  »  作業はかどる
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今日は午前中出勤で,職員室でモニターに向かってキーボード打ちに集中しました。
 この前再開した『村誌』の作業が,ノートに視写した分は打ち込み完了です。打ち込み自体はあと少しになりました。
 難題は,手書き難読文字の解読です…(笑) この夏に仕上げてしまいたいのだけれど,仕上がるかな〜(^_^;)

 それから,「西暦と和暦の対照一覧年表」も一気に打ち込みが進みました。
 旧暦と新暦を合わせていくと,細かいところでやはりズレが出てきます。
 まあ,その辺は「いい加減がよい加減…」ということで…。
 だって,自分用の年表ですから。
 これまで,日本史関係の文献を開いていて,年号が出てきてもイメージをうまく描くことができなかったのですが,これを使うと少しはできるようになるかな…と期待しています。さて,効果のほどはいかに…。

 午後は,久しぶりに参加して話を聞きたいと思った県人教推進部の研修会のために文化の森へ。
 今回は奥田均さん(近畿大学)の「〈部落差別解消推進法〉を学ぶ」と題した講演がありました。
 とても分かりやすい話で,これからボクがやっていくことについてあれこれ考えることができました。

 講演の前に県立図書館に寄って,『名西郡史』と『阿波藍経済史研究』の2冊を借りました。
 朝,『村誌』の打ち込み作業中に,「もしかしたら,この文章の大部分はこれより古い『郡史』等に掲載されているかもしれない」ということがふと頭に浮かんだからです。
 まだ開いて確認していませんが,ボクの勘が当たっていたらうれしいです。作業が一気に進むことになるからです。

 『阿波藍〜』の方は,ずーっとスッキリしないままになっている,「藍の染料がなぜ莫大な富を生み出したのか」を理解するためのヒントになるかなあと思って借りましたが,前にも読みかけて挫折したものです。
 でも,これが分かると《世界史入門》に出てくる「大衆消費財」の話もスッキリするのではないかと思っています。
 言葉のうえでは分かったような気がしているけれど,どこか腑に落ちないという感覚をスッキリさせたいです。

 帰宅したら,香川の滝さんから,石原さんの出版記念講演会の案内が届いていました。
 この日は,午後美馬の方に出張。そのあと高松に走るのは現状厳しいかな…。どうしようかと思案中です。
スポンサーサイト



NEXT Entry
ハッカの花
NEW Topics
今宵はひとりで…
とりあえずの500個
朝から水分子…(^_^;)
秘技 水素五連切り(笑)
精鋭二十騎
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031