FC2ブログ
HOME   »   調べ物・研究  »  『阿波誌』
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 江戸時代中期に記された『阿波志』という文献があります。
 「国立国会図書館デジタルコレクション」にも掲載されています。徳島県立博物館の長谷川さんが,テキスト版を公開されています。更に,Amazonでは,Kindle版で108円。Mac版はあまり使い勝手がよくないようなので,ボクはKindleは使っていませんが…。

 これが,『名西郡誌』にも『藍畑村誌』にも「引用」として挙げられているので,『藍畑村誌』の記載に関係している部分を拾い出そうと考えたのですが,全文漢字なのでボクにはハードルが高すぎます。

 実は,この本の内容を昭和の初めに「和訳」して活字印刷した『阿波誌』(佐野之憲・編,笠井藍水・訳,歴史図書社)という本が出版されています。これなら,なんとなく読めそうです(笑)
 それで,今日は朝から県立図書館に行ってこの『阿波誌』を借りてきました。これに掲載されている「名西郡」の部分を読むためです。
 家に帰ってさっそく開いてみたのですが,今引っかかっている「小川八十左(右)衛門」の記述に当たる部分が見当たりません。『藍畑村誌』にはこの部分が結構な紙面を割いています。「志摩利右衛門」に関しては,『名西郡誌』の記述を基にしているようなのですが…。どこかに元になる文章があるはずだと思うのですが,ボクの見当違いなのかな…。
スポンサーサイト



NEXT Entry
《木彫コースター》
NEW Topics
今宵はひとりで…
とりあえずの500個
朝から水分子…(^_^;)
秘技 水素五連切り(笑)
精鋭二十騎
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031