FC2ブログ
HOME   »   ボクの授業準備と教材づくり  »  年表づくり
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 ネットで注文した「片面マットのラミネートフィルム」が届きました。
 光を反射しないので,掲示物にラミネートをして黒板に貼っても見やすいのです。

 久しぶりの分子模型づくりは作業が止まってしまっていますが,同時進行で,黒板に貼る《日本歴史入門》用の年表を作り足すことにしました。
 この年表は,故松崎重広さん(愛知)が作られていたものをコンピュータで作成したものですが,どうやら他に作っている人はいないみたいで,ときどき問い合わせをいただくことがあります。

 1年を1.5㎜で2000年。多くの教室の前面黒板が約3.6m(2間)の幅なので,60㎝少々余ることになります。
 短冊状になっているものを順番に並べて貼ります。
 カラーコピーしたものにラミネート加工してあるので,それなりに長持ちします。
 裏にゴム磁石をつけてもらって,教室前の黒板に掲示します。
 ボクは6年生を担任したときは,1年間貼りっぱなしにしています。

 3月の尼崎の入門講座で《日本歴史入門》をすることになっている和哉君から頼まれていることもあって,作る気になりました。
スポンサーサイト



NEXT Entry
3学期スタート
NEW Topics
今宵はひとりで…
とりあえずの500個
朝から水分子…(^_^;)
秘技 水素五連切り(笑)
精鋭二十騎
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031