FC2ブログ
HOME   »   ボクの授業準備と教材づくり  »  ちょっとだけ昨日の続き
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 昨日カットした氷の部品の余りで最小単位のものを組み立ててみました。
 昨日,無理して作業を続けなかったので,モチベーションが落ちていません…(笑)
 しかも,この前最初に組み立てたものよりきれいに仕上がっています(^_^)b
 乾燥しすぎたためか,切り口からペンキが剥がれてくることがなければ最高の仕上がりでした…。残念。

 氷の大きな塊もいいのですが,この最小単位が六角形をしているというのを見せたいときがあります。
 雪の結晶が六角形が基本になっていることや,固体になるときに体積が大きくなることを話すのに,このサイズのものがあるといいなあと,この前《もしも原子がみえたなら》で話をしているときにふと思うことがありました。
 4年生の理科で,水が凍ったときに体積が大きくなることを学習しているのですが,そのわけがこの模型を見せると一発で分かります。ところが,その話をしながら大きな模型だけを見せると,「このすき間」と言われてもすき間がいっぱいあってどれを見ればよいのかが分からない子どもがいるのです。でも,このサイズの模型だと,すき間は1つしかありませんから,やっぱりあるといいなあと思ったのです。大小をうまく使い分けるといいみたいです。

IMG_1741.jpeg

 それから炭化水素の類をいくつか。
 一番左がこの前作ったメタン。そこから右へ,エタン,ブタン,プロパン。今日のものは,炭素だけ組んで,まだ水素をつけていません。これに,炭素が10個つながったデカン(灯油に含まれる分子)で1セットにするといいかなと思って。
 でも,そうすると,アルコールも気になります。
 それで,エタノールも作ってみました。

IMG_1742.jpeg

 今ある炭素は,前にセルロースを作りかけて大きな面でカットしてしまっているので,メタノールができません。

 授業で使おうとすると,メタノールが幾つかまとまりであるといいかなと思うし,やっぱりセルロースも気になります。
そうすると,第1部の金属分子もやっぱり気になってしまうわけで,考え出すときりがなくなってしまいます…(笑)
 あれもこれもと,欲張りすぎなんでしょうね。

 さあ,明日からやっと仕事に行くことができます。
スポンサーサイト



NEXT Entry
復帰祝い?
NEW Topics
今宵はひとりで…
とりあえずの500個
朝から水分子…(^_^;)
秘技 水素五連切り(笑)
精鋭二十騎
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031