FC2ブログ
HOME   »   雑感・日々の出来事  »  ついでに校区探検
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 校区には,ずいぶん前に市民運動をもり上がらせた「第十の堰」があります。
 今は吉野川を横切る形になっていますが,そもそも本流は,この堰に沿う形で北東の方向に(現在の「旧吉野川,今切川方向」)に流れていたそうです。

 戦国期にはこの第十にも「城」が置かれていたとか…(今は吉野川の流れのなからしい)。
 そういうことも関係してか,この地域には八幡神社があります。
 校区にはもう一つ,高畑地区にも「城」があったそうですが,やはり八幡神社があります。

 徳島・鴨島間に鉄道が通るまでは,川を使った舟運が大きな役割を果たしていました。
 兵庫・大坂と撫養(鳴門)等が海運でつながれたあとは,勝瑞,そして第十を通って吉野川上流と行き来をしていたのでしょう。
 吉野川が現在のような流れになってからも,徳島城下と吉野川上流,北岸とをつなぐ一つのポイントになっていたのではないかと思われます。
 そのために,第十には川湊があったということが,『石井町史』に書かれていました。
 これもまた,どのあたりだったのかということはよく分かりませんが,当時使われていた灯籠が,この八幡神社の境内に移されているということで,以前から一度見ておこうと思っていたのです。


 今日は,日中,子どもたちの家を回って,文書類を配りました(なんと,例のマスクまで!(-。-;))。
 「せっかく天気がいいのだから」と,自転車に乗って東西5㎞弱ある校区を回ってきました。
 昼を挟んで,実質2時間半ほどかな。

 第十が最終だったので,配達を終えた帰り道にちょっと道を反れて八幡神社の灯籠を見てきました。

IMG_2816.jpeg

 6年生の担任になったので,校区の歴史をまとめ直しています。
 これも資料の一つに使えるかな。
スポンサーサイト



NEXT Entry
藍…かな?
NEW Topics
とりあえずの500個
朝から水分子…(^_^;)
秘技 水素五連切り(笑)
精鋭二十騎
アルコールから水
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031