FC2ブログ
HOME   »   仮説実験授業・たのしい授業  »  『学力低下の真相』
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
学力低下の真相

 プレ大会の最後の講演は,東京の中一夫さんの「学力低下なんてこわくない」。その中さんの研究をまとめたのが『学力低下の真相』(板倉研究室)。以前に資料をまとめられた『学力低下なんかこわくない』(自費出版)よりもコンパクト。まだパラパラとめくった程度だが,直接講演を聞くことができてよかった。
 ボクは「〈学力低下〉キャンペーンに関わる報道」には意図的な誤魔化しがあって,国際学力テストにおける日本の子どもの学力は決して低くないことは知っていたけれど,本当の問題である「意欲の問題」や,大人の学力の問題,かつて学力世界一になった世代の自殺がとても多いこと・・・などはちゃんと読んでいなかった。
 中さんといえば,以前に「青少年の凶悪犯罪が増えている」という報道や政治宣伝がウソであることをデータを元に明らかにされたけれど,今回のこの研究も,とても意義深いものだと思う。

 食事のときやナイターで講師や参加者から出てきた,皇室典範変更論議と日本国憲法の問題や,小泉首相の靖国神社参拝問題とサンフランシスコ平和条約の問題,〈日本の戦争の歴史〉の話は,ボクの問題意識をさらに拡げてくれたし,授業書〈世界史入門〉の構想は,社会好きなボクの好奇心をそそった。ゆったりとしながら,それでいて刺激的な会だった。
スポンサーサイト



NEXT Entry
《三態変化》第2部
NEW Topics
ダウン,そしてちょっとだけお勉強
面倒くさい…
散髪からの仕事
《オリンピックと平和》終わりました
ニュースと『たの授』
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031