HOME   »  
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加


 今日も朝からメダカの様子と,卵の観察から一日が始まりました。
 昨日は何やらバタバタしていてこの作業ができなかったのですが,1日おいてみると,体の形がなんとなくできていて,心臓がピクピク動いていました。夕方には,肉眼でも2つの目が黒く見えるようになっていました。
 顕微鏡の倍率は,50倍でした。

 IMG_0660.jpg

 2日ほど前から,ずいぶんと作業が停止したままの光を当てる・当てないの発芽実験を再開しました。
 今回は,落花生とトウモロコシです。タネを播いた残りです。
 これから,いくつかやっていこうと思っています。

IMG_0670.jpg

 ゴッチさんに依頼されて,来週古巣の校内研修に行くことになりました。
 同和教育主事時代のこと,地域学習のことなどを話す予定です。手元に残っていた資料をかき集めて,印刷製本をしました。なんとかなりそうです。
2018.06.15


 昨日の夕方にはそれぞれの卵に2つの黒い目玉が目立つようになっていましたが,今朝は顕微鏡でもそれがはっきりと見えました。

IMG_0672.jpg

 ヒドラは何となく増えていて,しかも水面すらもガラスの壁と同じようにして逆さまにぶらさがるようにしているものが相当数います。ゆらゆら漂うように揺れている触覚の様子を眺めていると,なんとも心癒やされます。ライティングなど工夫してみると,おもしろいかもしれません。
 教室の片隅の瓶が並んでいるこの一画だけ,水族館のようになってきました。


 この前,徳島城公園の池で採取したプランクトンたちを入れたビーカーを,朝確認していると,ビーカーの壁に何やらイソギンチャクみたいなものが幾つもついています。

 「なんじゃこれは?」と一瞬思ったのですが,「あ,これがヒドラか…」と思い至りました。
 以前に『たのしい授業』に総合読本としてとりあげられていた文章を読んだことがあるので,ヒドラという名前と,なんとはなしの形は頭のなかにあったのです。
 実物を見たのは今回が初めてです。なんだか不思議な感じで,これまたおもしろいです。しばらく様子を見てみることにします。


 一番初めに子どもが持ってきてくれたミジンコを入れておいたガラス瓶の中で藻が大きく成長しています。
 水の中に小さな部分が紛れていたのでしょうが,きれいな六角形の組み合わせで,まるで網のようです。

 子どもたちに見せて回ると,「うわぁ」「きれいな六角形や」という声…。
 本当に,自然の造形美という言葉がぴったりです。

 何の気なしに見ているだけでは気がつかないことかもしれませんが,意識してものを見る目ができてくると,アンテナの感度が敏感になるようです。おもしろい。

 この藻の種類もまた調べてみようと思います。


 今日は顕微鏡を通して撮影してみました。
 やっぱりこっちの方が良く見えます。

 倍率は記録し損ねました(笑)
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

岡本賢司(オカケン)

Author:岡本賢司(オカケン)
徳島で小学校の教員をしています。
仮説実験授業研究会会員。
徳島楽しい授業の会。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930